スポンサーリンク

超大容量ポータブル電源「Jackery(ジャクリ)700Wh」をレビュー【PR】


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー()です。

以前レビューしたポータブル電源、Jackery(ジャクリ)ですが、なんと700Whという大容量タイプが発売されました。これから冬キャンプに向けて、電気毛布、ホットカーペットを使えるのか試してみました。

注1)商品提供を受けてのレビューになります。が、できるだけ公平に書いてるつもりなのでぜひ参考にしてください!

注2)当初私の情報不足で「日本で一番容量が大きい電源」と書いてしまいましたが、他メーカーにより大容量のものがありました。申し訳ございません。

ポータブル電源、何に使えるの?

実は以前、Jackery(ジャクリ)のポータブル電源400という、今回紹介するより少し容量が小さいタイプはレビューさせて頂いてるんです。

関連記事:ジャクリのポータブル電源400レビュー

【レビュー】Jackery(ジャクリ)の大容量ポータブル電源で、快適キャンプライフ!【PR】
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー(@chottocamp)です...

春夏はそこまで電化製品多く使わないので(せいぜい扇風機とスマホ充電くらい)、このくらいのサイズがちょうどよかったです。大容量だと重さもサイズも大きくなりますから。

ただこれからやってくる冬。冬キャンプは寒い。

こんな電化製品を使いたくなりますよね~。

・電気毛布

・ホットカーペット

・ミニ炊飯器

そして、ソロキャンプなら先ほどの400というサイズでも賄えますが、ファミリーキャンプとなると、大容量タイプが必要になります。今回紹介する700は、700Whと大容量かつ、なんといっても出力が500WまでOK。

ポータブル電源700なら、先ほど載せた電気製品、すべて使えました(ホットカーペットはすべて使えるわけではありません。記事の後半で詳しく記載しますね)。もちろん、スマホや電子タバコ、ノートパソコン、ゲーム機器など、精密機器も充電できます。強い味方だ~!
スポンサーリンク



Jackeryのポータブル電源700を詳しく見てみよう

はいではさっそく、商品詳しく見ていきましょう。まずは外箱。

Jackeryはアメリカの会社なんですが、日本仕様ボックスなのでしょうか。富士山が描かれているのがなんだかうれしい。

しっかりとした緩衝材に包まれて入っていたのは、こちら。

・ポータブル電源本体

・説明書

・AC充電ケーブル

・シガーソケット充電ケーブル

・ポーチ

以上です。シガーソケット用が付いているのは、いざという災害の時にも役に立ちそう!そしてケーブル類をまとめる専用ポーチもしっかりとした作りです。意外とこういうちょっとしたことがうれしい。

ディスプレイが付いていて、電池容量や出入力の状態を確認できます。

出力はDC端子が1つ、USB端子が3つ、AC端子が2つ。これだけ出力端子が多いのも珍しい。合計で500Wを越えなければ、同時に充電ができるというわけ。

使用方法は簡単で、充電するときは付属のケーブルをつないで家庭用コンセントに刺すだけ。充電や電化製品を使うときは、「DC、USB、AC」と書かれているボタンを押してから、それぞれの端子に差し込むだけ。まったく難しくありません。

電気毛布は使えるか?

ではここからはこのポータブル電源700で、実際に電化製品を使ってみました。まずは冬キャンプにありがたい、電気毛布。

問題なく稼働。電気毛布の消費電力は30~50Wと省電力なのです。

電気毛布シングル2枚を横に敷けば、家族四人で温まれます。電気毛布があれば、高級なダウンシュラフでなくても、化繊シュラフでも真冬キャンプができます(厚着をして、-6度くらいで去年はキャンプを楽しめました。顔は寒いので帽子必須。)

700Whあれば、電気毛布2枚を中温で使用しても、朝になっても30%程度は残量があるはず。その30%でスマホ充電やデジカメ充電もできちゃいます。

ホットカーペットはどうか?

電気毛布は消費電力が小さいので、そこまでパワーがないポータブル電源でも使えるんですが、これがホットカーペットとなると話は別。たとえば3畳のホットカーペットでは、メーカーにもよりますが720Wも使うことになります。

出力が500Wまでだから、使えないかな・・・と思いましたが、ホットカーペットって半分だけ温める機能があります。これなら消費電力も半分になるのでは?と実験!

中温で、右半分だけ温めてみました。スイッチオンすると、ふぉぉぉ~ん!と静かなファンの音がして、300~400W出力していることが液晶ディスプレイからわかりました。(300~400Wになったり、5Wくらいになったりを繰り返していました。)

いやいや、一時的に暖かくなっても、何時間続くかだよねと思いじっと観察。結果、残量50%になるまで4時間温まりました。つまり、まるまる容量を使えば8時間温めることが可能。これなら電源サイトがないキャンプ場でも、冬キャンができます!

ただし今回は室内での検証でしたので、外気温が寒い状況だとより短くなる可能性はあります。無理にホットカーペットを使うよりも、下からの冷気は銀マットやクッションでガードして、ホットカーペットを膝にかけて使う方が電力の節約になるのでおすすめかもしれません。

※お手持ちのホットカーペットにより、稼働するかどうか、また稼働時間は差が出るかと思います。必ずこの結果にはならないことをご了承ください。
スポンサーリンク



ミニ炊飯器

家庭用の大型炊飯器は、消費電力をオーバーしてしまいますが、1.5合炊きくらいのミニ炊飯器なら使うことができます。

いまだにキャンプで、鍋で炊飯するのが苦手で、焦がしてしまうんです。電気炊飯器あるとめちゃくちゃ楽です。しかもミニサイズなので、持ち運びも楽だし、めっちゃおすすめですよ~。

関連記事:ミニ炊飯器がキャンプでめちゃくちゃ便利!

キャンプでミニライスクッカー(炊飯器)を使ったら、超便利で手放せない件。【PR】
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 キャンプで...

2泊キャンプで使ってみた

家で試すだけでは・・・ってことで、先日2泊キャンプに行ってきたので使ってみました。この日は寒くなかったので、使った電化製品はこちら。

・スマホ(4~5回くらい充電)

・LEDランタン2個(USB充電型)

・Nintendo Switch

・電子タバコ

・タブレット

なんだかんだで電化製品ってすごい多いですね。しかも2泊となると、どうしても充電が必須。でもこれらの機器ぜ~んぶ充電できました。大容量だから、これだけ使ってもまだ容量66%も残っていました。この安心感すごい。

とにかく端子が多いから、たくさんの電子機器を同時に充電できるのかすごく助かりました!

災害の備えにも

先日の台風被害、各地で大変でしたね・・・私もその日ちょうど名古屋でテレビロケがありまして、在来線の電車が動いてなかったためタクシーで新幹線駅まで行ったりと大変でした。

千葉は本当に被害がひどく、数日間停電になりましたね。地震に台風、大雨と災害大国の日本。キャンプで使うことはもちろんですが、災害の備えになると思えば、いい買い物なのではないかと思います。

また、別売りで太陽光で充電できるソーラーパネルも発売されています。より災害にも強い充電方法ができるというのはありがたいですね~。

楽天セール中で、今なら20%オフ!

さてこのjackeryのポータブル電源700ですが、なんとただ今楽天セール中で安くなってます!!(10/11(金)、明け方1時59分まで)

いくら安いかというと、20%オフです!ええと、、、16,000円くらいお値引きになる計算ですね。これはチャンスですよ~。商品画面から20%オフクーポン獲得してから、ご購入手続きすると割引になります。詳しい商品説明も載ってるので、ぜひぜひ~。

価格が高いものなので、お得なセールを狙うのがおすすめです。超大容量ポータブル電源で、快適冬キャンプを楽しんじゃいましょう♪

関連記事:Jackeryのポータブル電源400で快適キャンプライフ

【レビュー】Jackery(ジャクリ)の大容量ポータブル電源で、快適キャンプライフ!【PR】
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー(@chottocamp)です...

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

サリーの生声が聴けます!

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローお願いします。

スポンサーリンク
rakuten motion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする