スポンサーリンク

1台で家族4人広々使えるエアベッド!OutdoorBaseのハッピーアワーエアベッドを試してみた【PR】


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー()です。

今回は超巨大なエアベッドのご紹介です。どのくらい大きいかというと、家族4人が1台のエアベッドで寝られてしまうほど。日本初上陸の台湾のメーカーOutdoorBase(アウトドアベース)から発売された「ハッピーアワーエアベッド」をレビューします

※OutdoorBaseより商品提供を受けての記事です。

OutdoorBaseは台湾のアウトドアメーカー

OutdoorBaseは台湾のアウトドアメーカー。テントにタープ、テーブルや寝袋まで取り扱いがあります。今回、日本初上陸ということで、PRをお願いされました。今回は日本では見たことがない、超巨大なエアベッドをご提供いただきました。

今までのエアベッドのちょっと気になる所

我が家はキャンプではずっとエアベッドを使ってきました。やっぱり寝心地がいいと、翌朝の疲れ具合が全然違うんですよね。

ただ一般的なエアベッドの気になる点として、

・浮き輪のようにぺにょぺにょする
・ベッドの隙間に、寝ている間に落ちてしまう
・隣の人が動くと、ベッドが沈み込んで気になってしまう

こんなことありませんか?

それが、このOutdoorBaseのエアベッドならまるっと解決してくれるんです・・・!
スポンサーリンク



OutdoorBaseのハッピーアワーエアベッド

しっかりとしたダンボールに包まれて到着。

まずはこのサイズを見てほしいんです。

なんとファミリーサイズのテントにどーんと1台置けるほどの超巨大サイズ。どのくらい大きいかというと、家族4人がゆったりと横に並んで寝られるほどの大きさです。こんなに大きなエアベッドが世の中にあったのね、というほどの衝撃。

ダンナさんに寝てもらいました。大人2人+子供2人だと超余裕です。

こーんな大の字にもなれちゃう!

ダンナさんは170cm。少し余裕がありますが、180cm以上の高身長の方ははみ出ちゃうかも。

生地がすごくしっかりとしています。安い浮き輪のようなエアベッドとはまるで別物。ビニールではなく、布ですね。

まずは膨らませてみましょう。

この表面(寝る表面の角)にある空気孔に、電動ポンプを近づけてスイッチオン。

みるみるうちに膨らんでいきます。3~5分くらいでパンパンに膨らみました。安いエアベッドによっては、ある程度まで電動ポンプで膨らんだものの、パンパンまではいかず、結局口で膨らませないといけないタイプもありますが、このOutdoorBaseのエアベッドは大丈夫。電動ポンプだけでしっかりと膨らみます。

もし電動ポンプがない場合は手動でも大丈夫!台湾で特許取得済みという、独自のエアポンプが内蔵されています。空気孔のまわりを、手・または足でシュポシュポと上下に押し込むと、空気を注入できます。

手動でも大人なら7分ほどで空気を入れられます。電動ポンプだと3~4分です。

そしてすごいのが、隣の人が動いても沈みこまないこと。一本一本独立したエアコラムにより、しっかりと体を支えてくれるのだそうです。我が家はダブルサイズのエアベッドを2台用意して普段寝ていますが、子供が寝がえりをうつと、こちらも揺れてしまい気になってしまうことも。それに慣れているので、沈みこまないというのがなんとも不思議な感覚です・・・!

さらに側面の壁部分がしっかりと高く囲ってあるおかげで、ベッドの端が沈み込みません。端までしっかりと固さを保ってくれます。ベッドの高さは24cmと、まるでお家のベッドのようです。
スポンサーリンク



サイズと重さ

サイズはS、M、L、XLの四種類です。今回試したのは4~5人用のXLサイズです。サイズは295×200×24cm。内部にあるエアコラム数は175個。重さは10kgです。

今までいいところばかりを紹介してきましたが、気になるところがあるとすればこの重量でしょうか。重いので女性が運ぶとなると、持てはしますがちょっと大変です。

エアベッドが結露などで濡れることもあるので、干すとなると持ち上げるのが大変かも。自宅で乾燥させるなら、物干し竿よりも、布団乾燥機などで乾かすと楽かもしれません。

実際に寝てみた感想

先日、キャンプで実際に使用してみました。普段はダブルサイズを2台膨らまさなくてはいけませんが、こちらだと1台のみでいいので、まずは設営が楽です。

寝心地はもうほんとに安いエアベッドとは雲泥の差です。ほんとに空気?と思うような、しっかりとした支えてくれてる感が半端ないです。横で寝がえり打たれてもノープロブレム!もうね、キャンプの楽しみがまたひとつ増えてしまいました。とにかく寝たい・・・日常の睡眠不足をキャンプで解消したくなります。ただでさえ寝坊助なのに、これからはさらに寝てしまいそう。

さらに、子供がごろごろしてくると、気が付いたらベッドとベッドの隙間に落ちていた・・・なんてことはなし。これはほんとにうれしい。

難点といえば、先ほども書いたように重さくらいでしょうか。いつもエアベッドの設営を撤収は私の担当なんですが、重さがあるのでちょっと大変。ただこの寝心地を考えると、そのくらいの手間はいいかなぁと。

あとうれしいのは、専用の収納袋が付いていること!なかなかエアベッド専用袋ってないので、今までは適当な袋に入れてたんですが、ぴったりサイズでしっかりファスナーが閉まるタイプのバッグは便利。
スポンサーリンク



どこで買えるの?

さて、この日本初上陸のOutdoorBaseのハッピーアワーエアベッドですが、Amazonで販売されています。

↓こちらがAmazon商品リンクです。


2020年1月より販売開始となります。

想像しているエアベッドとはまったく違う寝心地のこのベッド。キャンプだけでなく、もしかしたらお家のベッドにしちゃいたいくらいですよ~!ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめ記事:冬キャンプを暖かく過ごすためのアイテム一覧

氷点下冬キャンプで暖かく過ごすためにやったこと・持ち物・衣類を徹底紹介
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー(@chottocamp)...

おすすめ記事:ワークマンの焚き火ポンチョを着てみた!

【着てみた】ワークマンコットンポンチョで焚き火しようよ~!綿カブリヤッケもいいけど、これもおすすめ。
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリー(@chottocamp)です。 ...

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

サリーの生声が聴けます!

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローお願いします。

スポンサーリンク
rakuten motion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする