スポンサーリンク

【なにこの形⁉】OutdoorBase(アウトドアベース)のタープ「スカイペンターハビタープ」【PR】


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー()です。

この形なんなの、タープなの!?と珍しい形状をしたタープをご紹介。日本初上陸の台湾のメーカーOutdoorBase(アウトドアベース)から発売された「スカイペンターハビタープ」を徹底レビューします!

※OutdoorBaseより商品提供を受けての記事です。

OutdoorBaseは台湾のアウトドアメーカー

OutdoorBaseは台湾のアウトドアメーカー。テントにタープ、テーブルや寝袋まで取り扱いがあります。今回、日本初上陸ということで、PRをお願いされまして、この不思議な形のタープを頂いたというわけです。

ちなみに前回はスカイペンターのテントをご紹介しました↓

https://chottocamp.com/2019/12/29/skypaintertent/
スポンサーリンク



スカイペンターハビタープの特徴

まずはじっくりとハビタープの全景をご覧ください。

タープというと、ヘキサタープやスクリーンタープが一般的ですが、この形状はほんとに珍しいですよね。トンネル型タープというんでしょうか。

ざっくりと特徴を挙げますと、この4点です。

・トンネル型でユニークな形

・高さが260cm、横幅580cmと広い

・遮光性があり、夏でも涼しい

・耐水圧10,000mmで、大雨でも安心

では特徴をひとつずつ詳しく見ていきましょう~!

トンネル型でユニークな形

まずはあまり見たことないこの不思議な形!サイトの前を通る人が「えっ・・・なにこれ?」と思わず二度見されたこともあるほど。

開口部がトンネルのように大きく開けています。

前後にはキャノピーポールしかないため、写真のようにテントと連結するのも簡単です。ヘキサタープだと、ちょっと延長するためのロープがないと難しいんですが、ハビタープなら普通にテントを近くに設営するだけだから簡単。

両側は下の方までぐぐっと覆われているので、真夏の日光が入り込みにくいです。夏にヘキサタープだと、けっこう太陽の向きで日陰の位置が変わっちゃって、日陰が少なくて暑い!ってこともあるけど、ハビタープなら大丈夫。

雨の日も、風で雨の吹込みが防げるので、ヘキサタープよりも雨の日向きです。

高さが260cm、横幅580cmと広い

そしてこのハビタープ、めちゃくちゃでかいです。設営中のこの写真をご覧あれ。

身長170cmのダンナさんでも小さく見えるほど。高さは260cmもあります。

横幅も580cmと広いので、1家族では有り余るほどのスペース。2家族でも荷物を置いてゆったり過ごせます。グルキャン向きのタープとも言えます。

ただかなり大きいため、それなりに大きいサイトでないと設営は難しいかもしれません。

遮光性があり、夏でも涼しい

OutdoorBase独自の技術、Polar night(ポーラーナイト)で、遮光性が高いです。SPF50+で、真夏の強い紫外線を98%以上カットするとのこと。

普通のポリエステルのタープだと、夏は日陰でも暑いので、我が家はポリコットンのタープを愛用していますが、ハビタープの遮光性はそれ以上なので、真夏が楽しみです(だいぶ先ですね~)。

ただ「遮光性が高い=昼間でもタープ下が暗い」ということでもあります。夕方など暗くなってくる時間には、ランタンを点けないと暗さが気になるかもしれません。

タープの天井下には、ランタンを引っかけられるフックが付いています。軽めのLEDランタンを吊り下げられますよ~。こういうちょっとした機能がうれしい。

耐水圧10,000mmで、大雨でも安心

タープ生地は耐水圧10,000mm。大雨が降っても安心です。今日本で販売されているタープはだいたい耐水圧2,000mmくらいが標準なので、これはかなり期待できそう。

台湾のメーカーになりますが、Amazonから連絡することで修理などの対応にも日本の修理会社を通じてアフターサービスを受けられるとのことです!

スポンサーリンク



スカイペンター ハビタープの設営方法

設営方法を見ていきましょう。まずは内容物の確認から。

・タープ生地

・アルミポール1本

これとは別に、自分で用意しなくてはいけないものは、以下の通りです。

・ポール4本(210cmがメーカー推奨)

・ロープ6本

・ペグ12本

今回はOutdoorBaseさんのご厚意で、ロープが付属されていました。実際はロープは自分で用意する必要があるのでご注意を。

設営方法はこの通り↓

まずは地面にタープ生地を広げます。

付属のアルミポールを連結させて、タープの中央に差し込んでいきます。

タープ生地のピンをポールの端に差し込み、ペグダウンします。

ひとりがポールを支えておいて、もう一人が四か所にペグダウンすると、自立します。

最後にタープポールの端に三角金具を通し、ロープをペグダウンすれば完成。

初心者さんにはもしかしたら、ヘキサタープよりも設営がイメージしやすいため、立てやすいかもしれません。

実際に使ってみた感想

さて、キャンプで実際に使ってみた印象です。まず広くて高いため、居住空間がめちゃくちゃ広いです。1家族ではスペースがあまりすぎるほど!我が家はグルキャンをよくするので、これはありがたいです。

ヘキサタープと違い、ポールやロープが少ないため、歩く導線の邪魔になりません。夜などもロープに引っかかって転ぶこともかなり少なくなりそう。気を付けてても毎回やっちゃうんですよね・・・

あとはテントとの連結が本当に簡単。いわゆる「小川張りキット」がなくても連結できるので、特に雨の日に重宝しそうです。雨に濡れずにテントに出入りできるのってうれしいですよね~。

あとは遮光性がやっぱりすごい。タープ下は真っ暗です。夏は紫外線カットだけでなく、温度上昇も抑えられそう。半面、昼間でも暗く感じることも。初夏~真夏にかけて活躍するタープでしょうね。

生地に特殊コーティングがしてあるため、完全に乾燥してから収納することが大切だそう。濡れていると生地が加水分解を起こし、そうなると修理の対象外となるそうです。カビの防止のためにも、しっかりと乾燥させましょう!

スポンサーリンク



ハビタープはどこで買えるの?

さて、この日本初上陸のスカイペンター ハビタープですが、現在はAmazonのみ販売されています。(2020年1月発売です)

実店舗のあるアウトドアショップで展示されたら「このタープ、どこのブランド!?」ってものすごいインパクトがありそうですね~。
スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回はOutdoorBaseのスカイペンター ハビタープをご紹介しました。ちょっと人と違う個性的なタープがほしい、真夏の暑さに強いタープがほしい、大きいサイズのタープが欲しい人には超おすすめです!

おすすめ記事:冬キャンプを暖かく過ごすためのアイテム一覧

氷点下冬キャンプで暖かく過ごすためにやったこと・持ち物・衣類を徹底紹介
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー(@chottocamp)...

おすすめ記事:ワークマンの焚き火ポンチョを着てみた!

【着てみた】ワークマンコットンポンチョで焚き火しようよ~!綿カブリヤッケもいいけど、これもおすすめ。
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリー(@chottocamp)です。 ...

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

サリーの生声が聴けます!

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローお願いします。

スポンサーリンク
rakuten motion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする