スポンサーリンク

【着てみた】ワークマンコットンポンチョで焚き火しようよ~!綿カブリヤッケもいいけど、これもおすすめ。



こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリー()です。

ワークマン「コットンポンチョ」を着てみました!ワークマンで焚き火の火の粉に強いといえば綿かぶりヤッケ(アノラックパーカー)が有名ですが、実はポンチョもあるんです。難燃性の綿素材なので、キャンプで活躍すること間違いなしです!では詳しくどうぞ。

※ワークマンに商品提供を受けてのレビューです。

ワークマン コットンポンチョ

さっそくコットンポンチョ、見ていきましょう。カラーは3色。ブラック・カーキ・コヨーテ×ベージュです。まずはカーキから。

たっぷりと布地を使ったポンチョ。生地はアノラックパーカーと同じくらいの厚さでしょうか。そこまで分厚いわけではありません。

首元はジップで開け閉めができます。こういうデザインだから仕方ないですが、よいしょっとかぶらなければいけないので、着脱はちょっとしづらいです。

胸あたりの切り替え部分に、控えめにフィールドコアのタグが縫い込まれています。あまり目立ちません。でも気になる人ははさみで切れる感じw。

袖の下は、ボタンでぱちっと留められるようになっています。

とにかく大容量のポケットが付いています。両方ともファスナーが付いているので、スマホとか入れても安心。

左右のポケット口から、真ん中の大きなポケットはつながっています。ドラえもんのポケット並に大きいです(いや、あれば4次元だったか・・・)

お次はコヨーテ×ベージュ。こちらは切り替え部分で2色使いになっています。すごいいい色!かわいい!

濃いめのベージュと、薄いブラウンのような絶妙なカラー。

いちお、後ろ姿も↓


スポンサーリンク



コットンポンチョの商品仕様

こちらがタグです。型番S023、正式名称も「コットンポンチョ」です。

サイズはフリーサイズのみ。ポンチョですもんね。胸囲は84~110cm、身長160~185cmとなっていますが、それなりに融通がきくかと。

素材は綿100%。綿アノラックパーカーには書いていなかった「難燃加工」の文字が!綿は化学繊維よりも断然燃えにくいんですが、「難燃」と書いている以上、より燃えにくい素材なのでしょう。とはいえ火にかざしてみるのは危険ですのでお気をつけを。

価格は税込2,900円。これ、個人的にすこ~し高いかなぁと感じています。同じくキャンパーに人気の綿アノラックパーカーが1,900円で、私が企画したフルジップコットンパーカーが2,500円ですから。

コットンポンチョが2,900円になってしまったのはあくまで私の予想ですが、

・難燃性の素材を使った

・フリーサイズ、しかもポンチョということで、他の服よりも布地が多い

こんな理由じゃないかな~と。まぁとはいえ、他のアウトドアメーカーさんに比べるとそれでも激安なんですけどね(;’∀’)


スポンサーリンク



サリー、着てみました

実際にこの2パターンで着てみました。

・自宅で薄着に着用

・キャンプ場でもこもこアウターの上に着用

自宅で薄着の上に着用

あらあら、ポンチョって今まであまり着たことなかったけど、

かわいいじゃないの~(*´Д`)

身長163cmで、ちょうど膝小僧くらいでしょうか。

広げてみると、とてもたっぷりとしています。

生地に防寒性はないので(多少は暖かいと思いますが)、12月の冬にセーターの上にこれを着るだけでは寒いです。が、春秋なんかはこれをアウターにしてもいいかも。

コヨーテ×ベージュも着てみました。ポンチョは生地が大きいので、個人的には明るく見えるこちらのカラーの方が好み♪

切り替えの配色もおしゃれ。キャンプだけでなく、普通に着たいなぁ。

キャンプでアウターの上に着用

先日、冬キャンプの時に着てみました。下着&ロンT&フリース&防寒アウターの上に着用しています。

さすがにシルエットはもこもこでおしゃれとはいえないけど、焚き火の火の粉よけ、臭い防止のためという実用性でいうと◎。ポンチョだけあって、腕回りが自由なのでもこもこアウターを着ていても動きやすいです。

ちなみに重ねていたワークマンの防寒アウターはこちら↓

【着てみた】ワークマンDIALIGHTディアライト防水防寒ブルゾン
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリー(@chottocamp)です。 ...

かなりもこもこですねぇ~。そうそう、綿アノラックパーカーと比べて、かなりフードが大きい印象でした。しっかり前まで覆われる感じ。

綿アノラックパーカーと比べてすごいのが、しっかりと下半身まで隠してくれること。どうしても今まではズボンは隠れなかったのですが、このポンチョならかなり下まで火の粉から守ってくれます。

足元もちゃっかりと、ワークマンの防寒ブーツ ケベックで寒さ対策。

関連記事:ケベックは最強コスパの防寒ブーツ

ワークマンの防寒ブーツ「ケベック」は、冬キャンプに最高!1900円とコスパ大
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 ワークマン...

2,900円と、アノラックパーカーに比べて高くはなりますが、意外と火の粉ってズボンにもばちばち飛んでくるので、全身覆えることを考えるとポイントかなり高い!

ただポンチョならではで、袖がひらひらするので、肩掛けバッグを持ったり、料理したり、食器洗いで袖をまくるといったシーンではちょっと使いにくいこともあるのかなと。これはこの商品だけではなく、ポンチョ全般に言えることですが。


スポンサーリンク



店舗で買える?ネットで買える?

このコットンポンチョ、全国のワークマン、ワークマンプラスの店舗で既に販売しています。

ネット購入はと言えば、本日(12月26日)時点では、公式オンラインショップ、楽天店ともにカタログすらない状況です。こまめにみていると、そのうち入荷するかもしれませんよ~。

↓↓↓
ワークマン公式オンラインショップ

↓ワークマン楽天市場店はこちら

関連記事:ワークマン共同開発第2弾!「コットンキャンパー」作っちゃいました

ワークマン開発商品第2弾!キャンプに最適な「コットンキャンパー」を開発しました!
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリー(@chottocamp)です。 ...

そのほか、ワークマンの記事一覧はこちらのリンクからどうぞ↓

ワークマンの記事一覧

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

サリーの生声が聴けます!

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローお願いします。

スポンサーリンク
rakuten motion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする