スポンサーリンク

【前編】夏のレポ|うるぎ星の森オートキャンプ場で、コテージ泊!テントサイト、施設情報もあるよ


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー()です。

2019年の8月に、長野県にある「うるぎ星の森オートキャンプ場」に行ってきたレポです。ここは南信州広域公園内にあるため、とにかく広く、自然もいっぱい、遊具もいっぱい。キッチントイレ付の豪華コテージも1万円台で泊まれたのでかなりコスパ大。テントサイトもすばらしかったです。では詳しくどうぞ。

前置き・昨今の状況について

すみません、キャンプレポに入る前にひとつだけ。今の世の中の状況を考えて、「よし、このキャンプ場よさそう!さっそく今週末予約しよう!」ということを促進するための記事ではありません。

3月中旬までは、マスコミでもキャンプ場が人気とニュースになるほどでしたが、今は状況が大きく変わりました。個人的な意見として、今はキャンプ自体自粛すべきだと私は感じています(首都圏在住です)。

この自粛ムードの中、私になにができるかといったら、過去のキャンプレポをアップして「家にいてもキャンプに行った気分になる」ことをお伝えすることかなと。あとはキャンプギアの紹介や、ワークマンのウェア紹介などをしばらくメインにやっていこうと思っています。

今回はキャンプ場施設についても詳しく紹介しますが、コロナが収束してから、みんなが晴れ晴れとキャンプできる日になった時に参考になればと思い、記載しています。
スポンサーリンク



愛知県から、長野へ移動

さてさて、レポに行きましょう!

話はさかのぼって2019年8月。「おぎやはぎのハピキャン」のイベントが愛知県の奥三河でありまして、そちらに参加後、長野のうるぎ星の森オートキャンプ場へ向かいました。

イベントではたけだバーベキューさんによるBBQの実演も。横にいるのは芸人のタケトさん。ふたりのかけあいもおもしろく、お手製のジビエや焼きそば、すごくおいしかった!

イベントレポについては、去年執筆したハピキャンの記事をご覧ください→こちら

さてさて、愛知から長野へ移動する間、スーパーに寄りたいものの、びっくりするほどお店がありません(´;ω;`)ウッ…

Googleマップで検索しましたが、出てくるのは地元の商店系ばかり。コンビニすらない状況でした。で、調べてとりあえず行ってみたのが「スーパー蔵」。

なんと数日後に閉店します、とのお知らせが!ほとんど棚ががら~んとしていている事態。ただお惣菜はお安くゲットできました。

そして近くにある「JAみなみ信州新野店」で、足りないものを購入。小さいお店ですが、なんとかなりました。

個人的には買い出しはキャンプ場付近ではなく、他で購入してくるのがおすすめです。
スポンサーリンク



うるぎ星の森オートキャンプ場に到着

ようやく到着。すでに夕方です。広域公園内にあるので、公園ゾーンから奥にあるキャンプ場エリアに行くまで車でけっこう移動しました。

受付でチェックインします。売店もあります。

キャンプギア、食品系、お菓子類に、こどもの外遊びグッズまで。

ビールや地元のワインなども充実のラインナップです。

レンタサイクルの貸し出しも。テントやタープ、ランタン、ストーブなど、レンタル品も大充実。この時は薪ストーブのレンタルも展示されていました。

受付横にはこんな本が読めるスペースも。ゆるキャン△発見!

しっかりとした広葉樹の薪は600円。安いほうですね~。

うるぎ星の森オートキャンプ場のコテージ

普段はテント泊が多いですが、今回は到着が遅い予定だったのでコテージを予約していました。なんて立派なコテージ!

基本的にはいつもトイレも何もないバンガローが多いので、ちょっとどきどき。

リビングにはすてきな風合いの木のテーブルセット。

1階にはちょっとした和室コーナーもあります。幼児連れにはありがたい。

階段を昇ると9畳の和室スペース。ふとんもたくさんあります。

キッチンには冷蔵庫、電子レンジ、ガス、調理器具、食器類となんでもござれ。

炊飯器やホットプレート、電気ポットまで。持ち込むものはなにもいらない・・・

バリアフリーの広くてきれいなトイレ付。

バルコニーには、これまた木のテーブルセット。バーベキューコンロも。

これ、首都圏のキャンプ場だと軽く3~5万のスペックですが、なんとレギュラーシーズン11,800円、ハイトップシーズン13,800円。この設備でこの値段はめちゃくちゃお得!

コテージのまわりの雰囲気もとてもよいです。緑いっぱい。

2家族でシェアできる、大型のコテージもあります。
スポンサーリンク



うるぎ星の森オートキャンプ場のテントサイト

こちらのテントサイトも、ほどよく手が入ってるけど自然生かした作りで、雰囲気すごくよかったです。電源付きの区画サイトA・B。

区画間は植栽で仕切られています。サイトはだいたい10×12mあるそうで。かなり広め。

↓こちらは広場サイト(フリー)に近い区画サイトE。

↓こちらの広場サイト、駐車場に車を停めて横付けはできないけど、近くを選べば楽だし、かなり広々とした解放感を楽しめそう。

いいなぁ、フリーサイト。

全体を見ても、とにかく緑が多く、それでいて設備が整っていて最高。長野らしい景色が味わえます。ああ、また行きたくなってきたよ・・・

うるぎ星の森オートキャンプ場のトイレ、炊事場

炊事場トイレは場内に何か所かあり、不便に感じないはず。

トイレの洗面所。

トイレもぴかぴか。洋式、暖房便座。

炊事場も場所によってはお湯が出るシンクも。

シャワールームもちらり。あらきれいだし、環境にやさしいパックスナチュロンのシャンプー類も付いてました。

ちなみに、夜中はゲートが閉まるシステムなので、防犯面も安心です。

後編に続きます(∩´∀`)∩ ↓

【後編】うるぎ星の森オートキャンプ場でコテージ泊。公園も遊具たくさん!
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー(@chottocamp)です。 ...

★サリーのブランド作りアンケート実施中!

私のブランド作り進行中!ブランド名は「choca」に決定しました。現在はロゴアンケート実施中です。4択制なので、ひとつお好みのものをお選びください。ぜひぜひご協力お願いいたします

↓下の画像をクリックしてくださいませ。匿名で投票できます。


こちらの回答を元に、ロゴが決まりましたらまた報告しますね(^^)

それではまた♪

関連記事:自分のブランドを作ることになりました

自分のブランドを作ることになりました~!
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 この度、な...

おすすめ記事:子供をあきさせない!キャンプでの遊び方

子供を飽きさせない!ファミリーキャンプでの我が家の遊び方を紹介するよ~!
どうもどうもこんにちは。ファイヤーグリルの足は知恵の輪か!と未だに四苦八苦なハマさんです。一部の人にしか刺さりませんね(笑)今回...

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

ボイシー(ネットラジオ)更新しました!

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
rakuten motion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする