スポンサーリンク

【後編】青川峡キャンピングパーク|プールと川で水遊びの巻


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー()です。

西日本でも有名なキャンプ場、青川峡キャンピングパーク。2泊目のレポです。市営の屋外プールで遊び、キャンプ場内の川で遊び、まさに夏休みキャンプ!では後編いってみよー。

前編をまだ読んでない方は、まずはこちらからどうぞ↓

【前編】青川峡キャンピングパーク|西日本で有名なキャンプ場についに来た!
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー(@chottocamp)です。 ...

1泊目の朝

朝です。おはようございます。

暑いです。やっぱり日差しでテント内が暑くなり、早朝に起きて・・・しまわない。ダンナさんは6時に起きても、私は7時半まで寝て、起こされる始末。できればもう少し寝かせてほしい。

Amazonプライムデーで買った、安いホットサンドメーカー。ちなみにセールでなくても安い↓

ダンナさんが焼いてくれました。

ちょい焦げたけどおいしい。とろっとチーズとハムね。ちなみにサラダはカットサラダを盛りつけてドレッシングかけただけ、具がごろっと入ったスープもレトルトです。

ささっと片付けたら、プールに出発です。真夏のキャンプ場は、とてもじゃないけど過ごせない。日中は近くの観光地で遊ぶのがおすすめ。クーラー効いた車内も気持ちいいし。

最初、ナガシマスパーランドのジャンボ海水プールに行く予定でしたが、なんか遊園地の混んでいるプールに行く気が起きず・・・しかも全員で1万円ちょいかかります。せっかくお金払ったら1日遊びたいけどそれも疲れるし、場内で川遊びもしたい。

なにより、旅行1日目、志摩オートキャンプ場を直前キャンセルして、ちょうど7,000円キャンセル料がかかっているのもあるし・・・

私「屋外の市営プールでよくない?」

ダンナさん「それがいいと思う」

というわけで、急遽近くの市営プールを検索。青川峡キャンピングパークから車で1時間ほどのところにある、久居中央スポーツ公園内プールへ。
スポンサーリンク



久居中央スポーツ公園内プール

というわけでやってきました、久居中央スポーツ公園。

住所:三重県津市戸木町5252
開設期間:令和元年7月13日(土)~8月31日(土)
時間:9~17時
料金:中学生以下:420円、高校生以上:840円(市内居住者は半額)
プールの種類:
流水プール(長さ123メートル、水深0.9メートル)
50メートルプール(水深1.1メートルから1.3メートル)
幼児プール(水深0.3メートル・0.5メートル)

家族全員で2,000円くらいで済みました。夏休みの平日、そんなに混雑もしておらず、気持ちよく遊べましたよ~。正直、幼児と小学生低学年くらいにはこれくらいが親も疲れずちょうどいいボリューム。

出典:津市観光協会

プール内撮影できないので、観光協会から写真お借りました。長男がウォータースライダーに初挑戦!全然並ばずに済んだし、なによりスピードがすごくゆっくりだったので、スライダーデビューにぴったりでした。

更衣室は古く、まぁ着替えるだけって感じではあります。シャワーも水しか出ませんでしたが、夏のレジャーお安く済んで家計を預かる身としてはありがたい。

お昼過ぎまで遊んで、その後は近くのスシローへ。
スポンサーリンク



ランチ&買い出し

キャンプ中のランチは回転寿司率が高い。ちょいちょい、家族がすきなものをすきな量食べられるのがいいのよね~。

そしてコスモス島崎店というスーパーへ。

広くて見やすいスーパーでした。

キャンプ場に戻る1時間で、子供たちはぐっすりお昼寝。夏は特に疲れるから、なんとしてでも子供のお昼寝タイムは確保しなければ。

途中、青川峡近くのダイソーで、洗濯グッズを購入して戻りました。

青川峡キャンピングパークで川遊び

キャンプ場に戻ってきました~。少し休んだら、すぐに川へ!

いい川です。ただ、下流はけっこう深く、流れも早いので注意。滝つぼあたりは水深も浅く、流れも少ないところがあるのでおすすめ。

水鉄砲対決してました。川の水は冷たいね。

大人もショートパンツ&サンダルになって、じゃぼじゃぼ入りました。気持ちええ。場内でがっつりきれいな川で遊べるってほんといい。

お洗濯

連泊していたので、ここでこの旅2回目の洗濯タイム。ダイソーでこんなハンガーとピンチを買ってきました。

左の300円の8連ランドリーハンガーは、ちょっとかさばるけどすごく使いやすかったです。いい感じで乾きました。乾燥機なしですむと、縮まないし節約にもなってよし。

かなり所帯くさくなって失礼。でも夏キャンはみんなどこでもこんな感じよね?

そうそう、キャンプ場に戻ってきたら、前日はコールマンだらけだったまわりが撤収してて、代わりにおしゃれなテントが並んでました。絵になるなぁ。

夕食まではダイソーで買ったパーティーゲームで遊びました。これ、楽しいよ↓

子供ってスクラッチすきでしょ?じゃんけんして、負けた人が削って、出た指示に従うゲーム。幼児でもできるような内容で、地味に盛り上がりました。100円で何枚もシート入ってるし、毎回キャンプでやってもいいかも。

私は売店で地ビールをゲット。うまし。瓶だとおいしく感じるのはなんだろう。口当たりなのかな?
スポンサーリンク



夕食

この日は17時半に大浴場に行ったら、ガラガラでした~。さっぱりしてから夕食に。

コーン、トマト、アスパラ、じゃがいも、ベーコン、バターを入れて、アルミホイルで包んでホイル焼きにしました。

今夜は白米を食べたい。ミニ炊飯器で炊きましょ。

関連記事:ミニ炊飯器でキャンプの炊飯がめちゃくちゃ楽。

キャンプでミニライスクッカー(炊飯器)を使ったら、超便利で手放せない件。【PR】
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 キャンプで...

つまみは、お漬物とか。

そうそう、スーパーで関東では見かけないもの買ってみました。「つけてみそ かけてみそ」

愛知では有名な調味料なのかな?味も数種類あって、あまり濃い味だと子供が食べないかと思い、マイルドにしてみました。

豚しゃぶにかけてみそ。うまし。

あとはこれー、松坂牛!

A5等級なんておいしそうじゃないの。

で、すごく柔らかかったけど、個人的にはもう少し脂がほしかった~。部位によるんでしょうね。

ホイル焼きもおいしくできたよ。甘くなるんだよね。

頂き物のいいイクラがあったので、ネギトロと合わせて海鮮丼。ぜいたく!!

そしてこの三重キャンプ旅、最後の夜が終わりました。

三重県最後の朝食

長かった三重県の旅、あっという間に最終日です。まずは朝食。

撤収日なので、さくっと調理なしでいきたかったので、昨日買っておいた惣菜パン。

地元で採れたというこのミニトマト、皮が薄くて甘くて超おいしかった。

真夏の朝食は、どうやら子供たちにはきびしいらしく・・・せめてなにか食べてほしいということで、ゼリーとジュースも用意しました。

1時間ほどで、さくっと撤収完了。バイバイ、青川峡。
スポンサーリンク



浜名湖SAでランチ

神奈川の自宅まで4時間~4時間半の旅。中間地点の浜名湖あたりのプール(また!)に寄ることにしました。とりあえず浜名湖SAでランチ。

私、がっつり味噌カツ丼。ぺろり。

ダンナさん、浜松餃子。ひとつもらったけどおいしかった。

亀崎ファミリーランドプール

浜名湖のすぐ近くにある、亀崎ファミリーランドプール。非常に昭和感漂う、懐かしい感じのプール。

住所:浜松市西区雄踏町宇布見9984-1
開設期間:令和元年7月12日(金)~9月1日(日)
時間:午前9:30~午後5:00
料金:一般300円、小中高生150円
プールの種類:
流水プール
25メートルプール
児童プール
スライダープール

特筆すべきは、大人300円、小学生以上150円(未就学無料)という驚きの安さ!!家族4人で750円ですよ、奥さん。こちらも場内写真は、公式サイトよりお借りします。

流れるプールに、25mプール、スライダーも大小あり幼児でもできちゃいます。

更衣室がやはり老朽化していて、ロッカーあるだけみたいな感じですが、このコスパはすごい。そしてプールはほんとにスライダー充実してて、大満足。

ただ、夏休みの午後2時。水温がお風呂のように暑くてふらふら。夏の屋外プールはキケンですね・・・午前中に行くべし。

ちなみにこの夏は、各地のキャンプ場の近くにあるプールに寄っています。ほぼ毎週。というのも、小2の長男が泳げなかったから。スイミングにも通いたくないってことで、なんとか自力で泳げるようになってほしいと。

毎週通ったおかげで、最初は顔に水が付くだけで「タオル~!」と言っていたのがうそのように、潜るのだいすき、けのびで5m、バタ足もできるように上達しました。子供の成長を見るのは楽しかったです。

プールの前に広がる浜名湖。もう旅も終わりです。
スポンサーリンク



三重県4泊旅、これにて終了

というわけで、長かった三重県4泊旅(ビジネスホテルも入れれば5泊)もみんな健康でこれにて終了。

真夏の標高が低いキャンプ場は初めてでしたが、なんとかなるもんだなぁと。ポイントとしては、

・扇風機必須(据え置き型、ポータブルファン)

・場内に水遊び場必須

・日中は暑いので、キャンプ場外へ遊びに行く

・疲れやすいので、子供のお昼寝タイムを設ける

このあたりなのかな。それにしても知らない土地、知らない道路は旅気分があって本当に楽しかったです。長いと思っていましたが、あっという間でした。冬はどこに行こうかな。あなたのホームキャンプ場にも遠征するかもしれません~。

関連記事:三重キャンプ1日目。

【初日】夏休み4泊三重キャンプ旅|台風と伊勢神宮と新鮮魚介を買い出し
こんにちは。毎週キャンプに出撃しているママキャンパー&公認ワークマン女子のサリー(@chottocamp)です。 ...

関連記事:キャンプ場に充電式扇風機がなかなか使える

キャンプ用に充電式扇風機をAmazonで買ってみた。意外といいわ、これ。。。!
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 夏のキャンプ。楽しそうな響きですが、標高が...

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

サリーの生声が聴けます!8回目「夏キャンプを涼しく過ごすアイデア」を更新しました。

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
rakuten motion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする