キャンプレポ

高山市で飛騨牛を味わい水族館アクアトトぎふへ【車中泊旅レポ2】


こんにちは。ママキャンププランナーのサリー()です。キャンプの情報を発信するお仕事をしています。

春休みということで、3泊4日で長野~岐阜~愛知~静岡をめぐる車中泊旅をしてきました。

レポ1では、長野の道の駅に一泊し、翌朝奥飛騨クマ牧場に行くところまででした。

https://chottocamp.com/2022/04/18/kuruma1/ ‎

今回は、高山市の昔の街並みを歩きつつ、飛騨牛を食べ、アクアトトぎふという水族館に行くまでのレポになります。ではどうぞ。

高山市の昔の町並みを見に行く

奥飛騨クマ牧場を出たのがまだ午前10時半頃。ここから高山市を目指し、南下して岐阜の各務原市へ向かいます。

 

高山は小京都とも呼ばれ、「古い町並み」(←本当にこういう名称なのです)が魅力。

市営駐車場に停めて、いざ街歩き!ですが予報通りしとしとと雨が降ってきてしまいました・・・雨の中子連れで街歩き・・・(; ・`д・´)

でもやっぱり町歩きは楽しい♪子供が飽きないように、途中で飛騨牛のにぎりを購入。うまし。

みたらし団子も。100円くらいです。甘ったるいたれではなく、しょっぱくてとろみはありません。普段ヤマザキパン製のみたらしとは感じが違うわ~。

買い食いを楽しみつつ、やってきたのは高山陣屋。江戸時代のお役所のようなもので、ここまできれいに残っている陣屋はここだけだとか。

ほほ~う、昔はこういうところでお仕事してたのね~。

昔のお台所とか、トイレを見て意外と子供たちも楽しかったようです。わからんけど、こういう体験が歴史の興味につながってくれるといいね。

高山陣屋

住所:岐阜県高山市八軒町1丁目5

URL:https://jinya.gifu.jp/

スポンサーリンク



BUTCHERS(ブッチャーズ)で飛騨牛を食べる

 

雨の中を歩くこと10分ほど。飛騨牛ステーキのお店を探してやってきた「BUTCHERS(ブッチャーズ)」。

ネットでいろいろ飛騨牛のお店を探したんだけど、すごく高いお店も多くて・・・そんな中、このブッチャーズさんはほどよい価格&子供は安くて済みそうなハンバーグなどメニューも豊富でさらに口コミも良く、狙って行ってみたわけです。

子供はランチ限定の飛騨ブルグハンバーグステーキセット1,380円。私はというと、誕生日のお祝いをちゃんとやってもらっていなかったので、ここでひとりちょっといいお肉のセット「飛騨牛フィレステーキセット」4,100円をオーダー。

いやぁ~ランチでここまで値が張るのを注文するのはひさびさ。

ババーンと登場!オラ、和牛なんてひさしぶりでわくわくすっぞ!

そして赤ワインも頼んじゃったりして・・・盛りつけもすてきだけど、お肉も甘くておいしくて。セットにはスープ、サラダ、ライス(パン)も付いていて、これは東京神奈川のレストランで食べたらめっちゃ高いんじゃないかと、お得さに気付いた次第。

ハマさんが頼んだ、このステーキ&ハンバーグセットもおいしそうだった!

BUTCHERS(ブッチャーズ)

住所:岐阜県高山市相生町58

URL:http://www.butchers-hida.com/

だがしの「みずま」で飴を買う

さてお腹もいっぱいなので駐車場に戻りますか・・・というところで、駐車場のすぐそばにある「みずま」というお店の駄菓子と書かれた看板が気になり、ふらりと立ち寄りました。

店内は撮影しなかったのですが、野菜の形や食べ物の形をしたかわいらしい飴がなんと1個100円くらいで買えます!息子たちもいそいそと選び、食べてみたら「この飴、めちゃくちゃおいしい・・・!」と。

友人のお土産にハンバーガーの飴と、さるぼぼの金太郎飴を購入。リーズナブルかつかわいいので、高山土産にほんとおすすめです!

みずま

住所:岐阜県高山市上一之町2

URL:なし

スポンサーリンク



水族館「アクア・トトぎふ」へ

 

その後、一気に高山市から南下し、各務原市へ。目的は水族館「アクアトト・ぎふ」です。午前中はクマ牧場を見て、午後は水族館w。

施設内には観覧車やアトラクション、ショッピングモールなどいろいろ栄えている施設のようでしたが、時間の関係で水族館のみ訪問。

淡水魚のみということで、派手なカラフルな魚やイルカなどはいませんが、室内は新しくて自然ぽい雰囲気になっており、なにより入館料も大人1,540円と他の水族館に比べてリーズナブル。

たまたまカワウソの餌やりタイムに遭遇し、水の中で器用に魚を捕る姿を見れました!

オオサンショウウオとか。

なにやら大きい魚にも興味津々。

昔は息子たちは「水族館や動物園はおもしろくない」と言っていたものですが・・・(公園など思いっきり体を動かすことがすきなタイプ)。

最近はいろいろ興味が出てきたのか、じっくりといろんな生き物を観察したり、逆に大人が知らないYouTubeで仕入れた知識を教えてくれるようになりました。いやぁ成長がおもしろいものですねー。

アクアトト・ぎふ

住所:岐阜県各務原市川島笠田町1453

URL:https://aquatotto.com/

スポンサーリンク



今夜のキャンプ地は?

はい、この日の宿泊地ですが・・・実は当日までまったく決めてませんでした!

というのも、天候が予報とちょっと違ったりしたのもあって、めちゃくちゃ迷ったんですよ。

雨なら車中泊はきびしいし(タープがないとトイレに行くときとか、傘の出し入れやらで車内も濡れそう)、かといってキャンプ場にするとなると高山近くの山の方にしかなくて、あまり南下できない・・・

最悪どこもいい所がなかったら、どこか道の駅に車中泊するか!?と思いつつ、気になっていたタープも張れるRVパークに急にキャンセルが出ていて。ここ人気のようで、数日前に電話した時は満サイトでした。かなり雨が強い予報ということもありキャンセルが出たのでしょう。

なんとか今夜の宿泊地も決まり、次の目的地に急いだのでした。こういう行き当たりばったり感もまた楽しいよね~。続く。

続きはこちらです↓

湯の華RVパーク&湯の華キャンプ場を詳細レポ!【岐阜県可児市・車中泊旅3】 こんにちは。ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。キャンプの情報を発信するお仕事をしています。 春休み...

 

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事