スポンサーリンク

【前編】THE FARM(ザファーム)で誕生日グランピング!ここはほんとに千葉なの?


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー()です。

千葉県香取市にあるグランピング施設「THE FARM」にお泊りさせて頂きました!以前ハピキャンの日帰り取材で一度行ったことあるんですが、ここ家族で泊まりに来たい!というわけでなんと今回実現いたしました。

普段キャンプだけで、グランピングしないよという方も、これを読めば記念日に絶対泊まりたくなるはず!では詳しいレポをどうぞ。

※今回の記事は、PR記事となります。

THE FARMとは?

↑4月のハピキャン取材時に撮影

THE FARM(ザファーム)は、千葉県香取市にあるグランピング施設です。

・常設テント(ノルディスクのおしゃれテント)
・コテージ
・テント持ち込みサイト

この3つの宿泊施設があります。テレビ番組でもよく取り上げられ、土日の予約は予約開始日にほぼ埋まってしまうほどの人気。農園リゾートという名の通り、場内には広大な畑があり、宿泊客は無料で野菜収穫体験もできます。

今回、ブログとハピキャンの両方にPR記事を執筆することになり、常設テントにお泊りさせていただくことになりました。

THE FARMの基本情報

まずは基本情報いってみましょう。
2019年6月現在の情報です。変更等あるかもしれませんので、詳細は公式サイトをご確認ください。

電話番号::0478-79-0666

住所:千葉県香取市西田部1309-29

アクセス:東関東道・大栄ICより15~20分

開設期間:常設テント(3~12月)、コテージ・持ち込みテントサイト(通年)

標高:不明(低め)

チェックイン/アウト:宿泊施設により異なる

トイレ:男女別。洋式、ウォシュレットあり。

水道:常設テントやコテージは、サイト毎にシンクあり。

お風呂:場内にかりんの湯(宿泊客は無料)

サイト料金:季節や曜日により異なる。参考までに、常設テント(2名で合計26,600円から。食材、野菜収穫体験、入浴料込み)持ち込みテントサイト(8,000円から。食材、野菜収穫体験、入浴料込み)

スポンサーリンク



THE FARMに到着

今回は金曜日から1泊で予約しました。なにしろ土曜日の予約はいっぱいですから・・・というわけで、長男が小学校終わりから千葉の成田空港方面目指して出発。

渋滞もあり、到着したのはすでに17時半を回ったくらいでした(通常は17時までにチェックインのようで、遅れる場合は電話連絡が必要とのこと)。

「わ~!!ここすご~い!」

と走り回る息子たち。

たまたま次男の誕生日が近いこともあって、「お誕生日には、ベッドのあるテントに泊まるよ~」と話していたので、次男は何日も前からこの日を楽しみにしていました。私はハピキャンの取材で一度来ていますが、それでもこのリゾート感にわくわく。

受付でチェックイン。荷物を運ぶアウトドアワゴンも、各社揃っていてキャンパーとしてはにんまり(キャプテンスタッグ・DOD・コールマン・ロゴス・フィールドア)。

外に置いてある薪すらもおしゃれに見えます。

受付棟には傘も。宿泊客が自由に使えます。翌日が雨予報だったので我が家は持参していましたが、急な雨などにも対応できてうれしい心遣い。

受付も広くておしゃれ。

ライチが入ったノンアルコールカクテル。ウェルカムドリンクがあるとは、もうこれはホテル対応。グランピングの迫力を感じる・・・しかもこれすごくさっぱりしておいしかった!

チェックイン手続きをしている間、長男はハイジのような長いブランコへ。これ、すごく楽しかったようです。

さ、荷物を運んで、テントに移動しましょう。
スポンサーリンク



「ヴィラ」の施設紹介

鍵を受け取り、今回宿泊するテントへ。テントだけでも7種類あり、テントやテラスの大きさで料金も異なってきます。

今回宿泊したのは、「ヴィラ」です。

ノルディスクのヴァナヘイム24の巨大でおしゃれなテントに、2階建てのテラス付き!すてきすぎる~!

テントの鍵ってどんなのかな?と思ったら南京錠でした。ちなみにルームキーは、飲み物を買ったりする時に部屋につけられるので、現金を持ち歩かなくても大丈夫です。

中に入ると、まず目に飛び込んでくるのは大きなダブルベッド2台!すごい~!!

おしゃれです。おしゃれすぎます。ちなみにベッドにかかっているのは、ペンドルトンのタオルブランケットですね。

北欧風なチェアとテーブル。

電気ポット・コーヒー紅茶類・食器・歯ブラシ・バスタオル・電気毛布。なんでもホテルのように揃っています。

ティッシュ・スリッパ・鏡。余裕があるので、持ち込んだ荷物を置けるのもうれしい。

なつかしの金鳥の蚊取り線香。

ガソリンランタンのように見えますが、どちらもLEDランタン。左のランタン、我が家も持ってます!これ今新品在庫なくて、プレミア価格になっちゃってます。

そして、冷暖房も完備。すごい・・・グランピングすごいよ。

マットとロゴスの寝袋もあります。寝袋でキャンプ気分を味わいたい方はぜひ。我が家はこんな機会めったにないから、気持ちいいベッドで寝ましたが。

細かいことですが、テントの入口に玄関あるのすばらしい。普通なら外に置くけど、雨とか夜露で濡れちゃうことも。特にテントを挟んで靴の脱ぎ履きするのは子供には大変なので、テント内玄関すごく助かりました。

外も見てみましょ。

ハンモックがあると、リゾート感増します。そういえば、最近キャンプに持っていってなかったなぁ。

1階のテラス。バーベキューコンロ付きです。食材や焚き火台などの持ち込みはできないそう。あ、テーブルの上のカゴは私物です。

テーブルには、キャンドルランタン、蚊遣り、軍手、チャッカマン、うちわ、虫除けなど。本当に至れり付くせり。

専用のシンクもあります。今回、洗剤とスポンジをいちおう持ってきたんですが・・・

なんと使った食器は、この白いボックスに入れればいいだけとのこと。洗い物しなくていいの!?グランピングよ、ありがとう・・・

そして、木の階段を昇り2階テラスへ。

もうもうすてきすぎ~!いや~これカップルとか最高じゃない?ここでプロポーズされたら、うんって絶対言っちゃうロケーション。
スポンサーリンク



子供の遊び場も充実

暗くなる前に場内を散策。ここは遊具のある遊び場があるんです。

ブランコ、スライダー、大型遊具。キャンプ場内にこんな遊び場があるって、親としては本当に助かります。

スライダーで何度も何度も遊んでいました。これは楽しいよね。

遊び場横にもトイレがあるので安心。急にトイレ行きたい~!っていいますからね、子供は。ダンナさんに子供をまかせ、私はひとりで場内をうろうろ撮影。

THE FARMの施設

あ、180mとめちゃくちゃ長いジップスライダーです。この日はもう受付を終了しており、翌日は雨だったので体験できず。前回取材の時挑戦しましたが、すごく楽しかったので、ダンナさんにぜひやってもらいたかったなぁ。

前回スタッフさんが滑っていくのを激写したので、載せておきます笑。

こちらはバーベキュー場。翌日は雨予報で野菜収穫体験ができないかわりに、ここでピクルス作りがあったそうです。私は前回の取材で体験して、子供たちはあまり興味なさそうだったので今回はスルーしました。

ここで採れた野菜を使ってのピクルス作り、楽しいしおいしかったです。

もう暗くなってきましたが、畑をまわりましょう。

暗い・・・前回の取材時の写真も↓

晴れてるとまた全然雰囲気違いますね。

ズッキーニって、こんなふうにできるのね~。

ミニトマトの看板がありましたが、かなり大きい笑。

畑の奥に、ミニ牧場ができてました。どんどん進化してます、THE FARM。

ヤギのいちろうくんは隠れていました。

ポニーは寄ってきてくれました。かわいい。野菜と触れ合え、さらに動物も。これはほんと子供の教育によさそう。

ていうか、ほんと子どもたちに収穫体験させたかった!!前回すごく楽しかったんです。

たかが野菜収穫とあなどることなかれ。土からごろっと掘り出すのは、一種のエンターテイメント。採って楽しい、食べておいしい。次回は晴れを狙って、持ち込みテントサイト狙いだな。
スポンサーリンク



持ち込みテントサイト

せっかくなので、持ち込みテントサイトの紹介も。

右側に車が停まっていますが、ここが駐車場。完全に横づけはできませんが、サイトからはそこまで遠くありません。

1サイト120㎡あるので、相当広いです。畑の光景が広がるのって、あまりないロケーションかと。

こちらは持ち込みテントサイトの炊事場。グランピングとやや格差を感じますが笑、お湯も出るし使いやすそうです。

サイト料金は平日8,000円から。トップシーズンの夏休みは15,800円!8,000円の時期を狙いたいですね~。サイト料金には、野菜収穫体験、温泉入浴料も含まれています。

コテージ

通年営業しているコテージ。テント宿泊が苦手なら、コテージもありですね。こちらは1階建てのワンルームタイプ。

↓完全に、どこかの大金持ちの別荘という雰囲気のコテージグランデ。

常設テント宿泊用のトイレ

そうそう、宿泊者用のトイレは受付棟にあります。

当然のごとくきれい。ホテル並のきれいさ。

洗面所。かりんの湯という温泉施設もありますが、トイレ内にはシャワーも併設されています。

もちろんパウダールームもあります。
スポンサーリンク



夕暮れのTHE FARM

さて、子供たちはどこに行ったかな?

井戸で水を出して遊んでました。こんな体験もなかなかできません。夏は中央の人工川で、水遊びもできちゃいそう。

このくらいの時間帯、すごくきれいでした。

ダンナさんと、

「ここ千葉ってこと忘れるね~」

「ね~、海外のリゾートの雰囲気!」

と何度も話してました。テントサイトから、日本らしい光景が見えないようになってるんです。たしかディズニーもそんな設計だったはず。

後編は、夕食からスタートです。こちらをクリック

最後にお願いです。本日からこのブログに関するアンケートを設置しました。このブログをよりよくするために、「どんなテーマがすき?」「こんな記事を書いてほしい」などの項目の3~5分程度のアンケートです。25日まで1週間の間ですので、ぜひご協力お願いいたします↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

サリーの生声が聴けます!5回目「雨でもキャンプ行く?」

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
rakuten motion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする