キャンプレポ

BUB resort(バブリゾート)宿泊レポ|ファミリーに最高なグランピングが千葉にあった!【PR】


こんにちは。ママキャンププランナーのサリー()です。キャンプの情報を発信するお仕事をしています。

2022年6月に、千葉県長生郡長生村にあるグランピング施設「BUB resort(バブリゾート)」へご招待を受けて行ってきました。

今まで何度かグランピング施設に宿泊したことがあるのですが、なんといってもBUB resortのすごいところは、『アクティビティが無料でスタッフさんのホスピタリティがすばらしい』ことです。

今までの常識を覆すグランピング施設、本当にファミリーに最高です!では詳しくどうぞ~。

BUB resort(バブリゾート)の基本情報

2022年6月現在の情報です。変更もありますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

施設名 BUB resort(バブリゾート)
住所 〒299-4332 千葉県長生郡長生村金田2811
電話番号 0475363219
公式サイト BUB RESORT |大自然の泊まれる千葉グランピングテーマパーク (bub-resort.com)
営業期間 通年
予約方法 電話またはネット予約
アクセス 茂原北IC、もしくは茂原長南IC
サイト コテージ、ドームテント、ベルテント(すべてグランピング)
料金の目安 大人24,500円~、子供14,700円~、赤ちゃん無料
室内施設 冷蔵庫、エアコン、ストーブなど(コテージのみトイレバス付)
チェックイン/アウト 13時~/翌朝10時まで
レンタル品 子供の遊び道具、虫よけグッズ、救急グッズ、傘など
炊事場 なし(自分たちで食器洗いをする必要なし)
トイレ 洋式シャワートイレ(男女別)
シャワー・風呂 予約制の個室シャワールームあり
スーパー・コンビニ ローソン長生八積店
温泉

近隣にはなし

BUB resortの魅力

・コテージ、ベルテント、ドームテントと冷暖房付きの快適な宿泊施設

・アクティビティが無料!!(これがほんとすごい)

・おいしいBBQ

・スタッフさんのホスピタリティがすばらしい




BUB resort(バブリゾート)に到着!

 

6月の土日、千葉県のBUB resort(バブリゾート)にやってきました。アクアラインからもアクセスが良く、あっという間に到着。

中に入ると、まず小学校(現在は廃校)が。こちらはクラフト体験などのアクティビティ施設になっています。

駐車場に車を停めたら、まずはセンターハウスへ。

敷地の中央にあるきれいなセンターハウス。トイレもきれいだし、なによりお水、コーヒーなどがいつでも飲み放題で、しかも冷房も効いてるので滞在中何度も休憩しました。

まずは名前を伝えてチェックイン。

QRコードを読み込んで、BUB resortのLINEアカウントと連携します。LINEからチェックインの情報を入力し、当日のスケジュールを確認したり、シャワールームの予約をしたりと何でもできてしまいます、すごい・・・

13時からチェックインできます。ここはとにかくアクティビティが充実してますので、できるだけ早くにチェックインすることを激しくおすすめします!

13時30分頃から、LINEの使い方や施設情報についてスタッフさんから説明があります。で、こういう説明の時って子供があきちゃったりして大変かと思うのですが・・・

外で子供だけを集めて「こどもチェックイン」の説明が!大人がゆっくりと説明を聞けるようにとの配慮だと思うのですが、最初からびっくりしました。

こどもには、お仕事体験の説明があったそうです。お手伝いをするごとにBUBコインがもらえ、集めるといいことがあるかもとのこと。

説明も終了し、さっそくアクティビティがスタート!




BUB resort(バブリゾート)のアクティビティは種類豊富で無料

ここの魅力はなんといっても「アクティビティが無料」ということ!しかも公式サイトによると「すべてのアクティビティがお子様だけで参加可能」と書いてあるように、スタッフさんがしっかりと子供たちの様子を見ながら遊んでくれます。神・・・!

季節ごとにアクティビティが異なるのですが、今回は以下のようなスケジュールでした。みっちり笑。もちろん自分が参加したいものだけ参加すればOK。

スケジュールを見てみると、遊び系(宝探しや障害物競走)などと同時間に、女の子や大人が楽しめるクラフト体験が設定されています。

性別、年齢問わずに気に入ったアクティビティに、予約必要なくふらっと行けば自然と参加できるようになっています。

我が家はもう小学生ですが、小さいお子さんの場合、お昼寝や機嫌によって急に参加できないこともあったりするので、予約なしで、そして料金がかからないというのは親にとって本当にうれしい限り!

戦国宝探し

最初のアクティビティは戦国宝探し。謎の台車でスタッフさんが移動させてくれるところからワクワクしている子供たち。

スタッフさんからの説明を一生懸命聞いて・・・

敷地内のポイントを探し、なぞを解いたらスタンプゲット。

小2,小5の息子たちは楽しくて、もう私たち大人が追いつけないほど早く場内を探索してました。そりゃ~楽しいよねぇ。

息子たちが猛スピードで謎解きをしていくので、追いかけていくスタッフさんも大変そうでした。ありがとうございます!

ちなみに同時間、他の場所では斧を投げつける「アックススロー」をしていました。

こちらは大人の参加が多かったようです。

レザークラフト体験

 

運動の後はレザークラフト体験へ。スタッフさんが丁寧に教えてくれます。

小5の息子はひとりでできますが、小2の次男は親と一緒に・・・トントントン。

刻印もして、すごくすてきなレザーストラップの完成。これ、本革だし金具もおしゃれだし、買ったら高そうな仕上がり!

BUB忍者道場

 

次は忍者修行でござるよ。まずは忍者服に着替えて、と。こういうコスプレも、テーマパークだと普通に1,000円くらい取られますよね・・・BUB resortならもちろん無料。

縄くぐりやまきびしを避けて進んだり、壁をばれないように進んだりと、忍者さんからいろいろ教わっていました。

トランポリンやブランコも

息子たちが特によく遊んでいたのがトランポリン。こういうのも普通なら有料で5分300円とかしますが、BUBなら飛び放題!

しかも遊んでると、どこからともなくスタッフさんがやってきてくれて、一緒に遊んでくれます(我が家だけでなく、他のご家族の様子を見ててもそうだったので、もうこれはマニュアルとしてトランポリンやっている子がいたら、スタッフは参加!なんでしょうね、すごい・・・)。

大人も飛んでいいとのことなので、ハマさん(夫)もポーーーーンとね(^^)

このブランコも楽しくて、暇があると乗ってました。アクティビティの間の空き時間も、遊具ですべて遊びに変わりますね~。

ボールやフリスビー、バドミントンやぽっくりなども自由に使ってOK。敷地がとにかく広いので、どこでも遊べるのもキャンプ場と違ってうれしい。

夏にはこの敷地を使って水鉄砲大会もされるとか。長男が「やりたかったーーー!」と言ってました。

でもアクティビティの空き時間になると、スタッフさんが水鉄砲を用意して、どこからともなくスタッフさんと戦い遊びになるシーンも。

若いスタッフさんが多くて、お兄さんたちがびしょ濡れになりながら本気で遊んでくれるので、親は離れてみていればいいし、子供たちも本当に楽しそうにしてました。

ふりふり苺アイス体験

 

またまた運動でぐったり疲れたところで、ちょいと休憩できるアイス作り体験に参加。

材料もすべて計量済み。あとはスタッフさんの説明を聞きながら、材料をジップロックに詰めて、氷で囲み、あとはふりふり!

氷に塩を入れると氷点下になる、とちょっと科学実験のようで勉強にもなりました。

ちょっと溶けかけのミルク苺アイスが完成!疲れた暑い体に染みる~♪

障害物競走

 

そして長男が一番楽しみにしていた障害物競走。コロナの影響で、運動会では徒競走とダンスしかしてないから、こういう障害物競走なんてもう何年もやってなかった・・・

2チームに分かれて競います。年齢の低い子や高い子がいるから、うまくスタッフさんが入って手加減してない風に本気に見せてあげるのも腕の見せ所。

生き生きとしてました~。




BUB resort(バブリゾート)の宿泊施設

 

BUB resort(バブリゾート)の宿泊施設は3つ。コテージ、ベルテント、ドームテントです。

こちらはコテージ。他の施設と違い、バストイレ付なのが魅力です。

こちらはベルテント。テントですがエアコン、冷蔵庫付き!横には屋根付きのBBQスペースもあります。

そして我が家が宿泊したドームテント。

このタイプのテントに以前他の施設で宿泊したことがありますが、おしゃれ重視で白いテントの外装のままだと明るくて朝目覚めてしまうことがありました。が、BUB resortのドームテントは、緑のカバーによってしっかり遮光してあることが高ポイントすぎる・・・!

横には屋根付きのBBQスペース。このタープなんかおしゃれ!ただこの日は雨風が強まる予報ということで、センターハウスでのBBQとなりました。

そしてドームテントの室内はというと・・・エアコンが効いてて涼しい~っ!(普通のキャンパーからすると、まずそこ)

中は広くダブルサイズのベッドが2つ。ソファとテーブル。

シェルフと冷蔵庫、そしてエアコンが付いています。この日はかなり暑い日でしたがとても快適に過ごせました~。

あとベッドのマットレスがとても気持ちよく、朝まで一度も起きることなく爆睡できました。

コンセントもあるので、スマホやカメラの充電もできます(充電コード類はお忘れなく)。

ハッピーアワーは飲み放題

 

そして夕方に。17~20時の3時間は、ハッピーアワーでジュース類もアルコール類も飲み放題です!

初めて見たこの生ビール製造機。ちゃんとグラスを傾けてくれて、最後に泡も出てくる。すごい。

スタッフさんが「人類はこの機械を開発するために技術革新してきたんだと思うんです」という言葉に笑ってしまいました。確かに!

普段のキャンプでは缶ビールだから、生はうれしいしおいしい。

他にもワインやスパークリングワイン、酎ハイ、ハイボールもありました。

子供たちもここぞとばかりにジュースを飲んでました。

夕食は本格的なBBQ

 

いよいよ夕食の時間です。通常なら各テント横のBBQスペースで飲食するのですが、この日は雨風が強くなる予報があったので、センターハウス横で食事となりました。

テーブルに食材やBBQコンロがセットされています。

さて、食材の中身は・・・1段目はオードブル!

2段目と3段目はBBQ食材。この厚みのあるお肉、めちゃくちゃおいしそう~♪

牛サーロインステーキ、豚肩ロースステーキ、骨付きソーセージでした。

炭はスタッフさんが着火済みなので、普段BBQに慣れていない方でも簡単です。火加減を気にしつつ焼くだけ。

そうそう、夕食前にハーブソルト作りをしました。岩塩に好きなハーブを調合します。

このオリジナルハーブソルトをお肉にふりふりすると・・・うーんおいしい!

魚介たっぷりのパエリアもいい感じに炊けました。これもすごくおいしかった~。

そして途中、ふっと電気が消えたな・・・と思ったらなんと!

次男の誕生日が近い話をしていたのですが、なんとサプライズでデザートプレゼントが!スタッフさんがバースデーソングを歌ってくれて、家族のチェキを撮影してくれました。

とてもいい記念になります。




焚き火でマシュマロ体験

 

各サイトで焚き火はできないのですが、センターハウス横で大きな焚火台が用意されました。

普段キャンプをしていると焚き火は日常なのですが、大きな焚き火をみんなで囲んで、マシュマロを焼くのはまたちょっと違った楽しさがありますね(^^)

夜の学校で脱出ゲーム

 

夕食後・・・まだまだアクティビティは続きます。廃校を利用した脱出ゲームです。

教室内の謎を制限時間10分で解き、鍵を開けて脱出するというもの。2階と3階があって、2階は子供向け(とはいえなかなか怖い)、3階はホラーチック・・・というか、完全に富士急ハイランドの戦慄迷宮的な怖さがあります!!

まずは2階を子供も入れて家族全員で解いていきますが・・・難しい。小さい子はこの雰囲気で怖がるだろうし、年齢的には小学生以上でしょうか。

装飾も凝りすぎです( ノД`)

2階が終わった時点で息子たちは「もういい・・・怖いからやめる・・・」ということで、一度センターハウスに送り届けました。

そしていよいよ3階。こちらはなんと、ヘルメット着用。ええと、つまり怪我する危険性があるってこと!?

教室内はさらに暗さも怖さも増し・・・しかも「先生」が追いかけてきます(´;ω;`)

これ以上書いちゃうとおもしろくなってしまうので、後はご自分で体験してみてください。これ、宿泊施設のアクティビティレベルではない。遊園地のアトラクションレベルです。BUB resortの本気度を見てしまったな・・・

和菓子作り体験

 

怖さでふらふらになりながらセンターハウスに戻ると、息子たちがスタッフさんと和菓子作り体験にチャレンジしていました。

あれ、なんか全然違うものができちゃったけど・・・これもおいしそうだからいっか!

練りきりの和菓子、ほんのり甘くておいしかった♪

それにしても脱出ゲームが怖すぎたので、こういうまったりとした体験がほんと癒されました。




BUB resort(バブリゾート)のシャワールーム

 

事前にLINEからシャワールームの予約をしていました。時間になったのでいざシャワー棟へ。

バスタオルやアメニティが自由に使えます。

個室も多く、ひとつの時間帯でかなりの人数が入れそうです。

シャワールームの脱衣所。広くて着替えやすいし、洗面台もドライヤーも付いています。

シャワーの水圧もばっちりで、すごく中はきれいだし(カビなど皆無)、気持ちよくシャワーできました。

ドライヤーでしっかり乾かせるのもうれしい。

シャワー棟には洗濯機と乾燥機も。アクティビティで子供の洋服が汚れてしまったりしても安心。

そして今回は使用しませんでしたが、水着着用のテントサウナもありました!奥に見えるのはドラム缶の水風呂です。

こちらがテントサウナ。最近ほんとこのタイプのテントサウナ扱うキャンプ場増えてきましたね。

就寝

 

夜の雰囲気もすてきなバブリゾート。今日は一日いろんな体験ができたな~。

ドームテントに戻るとすぐにハマさん(夫)が「飲み過ぎた~」と爆睡。飲み放題だとついね・・・

子供たちも遊び疲れて、ベッドに入るとすぐに寝息が。楽しかったね。おやすみなさい。




BUB resort(バブリゾート)の朝食

翌朝は・・・いい天気!

7~9時が朝食タイム。センターハウスで食べられます。

パンかご飯から選べます。

サラダもね。ドレッシングは3種類から選べます。

キッシュおいしそう。

この日のメインは「おろしポン酢のハンバーグ」か「鮭ときのこのクリームソース」のどちらかを選ぶ形でした。

小さい子向けのミニビュッフェもありました。

いやぁいい朝ですなぁ。





消しゴムスタンプでオリジナル巾着作り

 

食後、次のアクティビティまで時間があるなぁとぼーっとしていたら。

スタッフさんが「消しゴムスタンプで遊んでみませんか?」と声を掛けてくださり、続々とテーブルに用意してくれました。なんというか、、、しっかり宿泊客の様子を見ててくれてるなぁとそこにびっくりです。

巾着に思い思いのスタンプを押していきます。

長男は器用にスタンプのカラーを分けて、野菜巾着を完成させていました。

ちなみに私は魚のスタンプを。大人も楽しい時間でした。

本格的なボルダリング体験

そしていよいよ、この校舎の壁に登るアクティビティの時間になりました。

しっかりとハーネスを付けて、かなり本格的です。これも他施設で体験すると、絶対に高いやつ・・・。

ボルダリングは何度かやったことありますが、ここまで本格的なのは初めて。怖がりながらも、がんばって登る息子たちですが、1/3くらいでリタイア。

その悲願はハマさんがはらす!ということで一番上まで行ってました。降りる時、本当に手を放して大丈夫なのかドキドキした~と最後が一番びびってました。

最終のアクティビティが完了してからも、チェックアウトまで少し時間があるので、トランポリンをしたり、スタッフさんが用意してくれた水鉄砲で遊んだり。

最後の最後までみっちりと遊び倒しました。

BUB resort(バブリゾート)はファミリーに最高なグランピング

今回は千葉県長生郡にあるBUB resort(バブリゾート)の宿泊レポでした。

いろいろなグランピング施設はあるものの、ここまで本格的なアクティビティが体験できるのはここだけ!と感じました。子供にしたら本気でスタッフさんが遊んでくれるし、遊園地やテーマパークよりも楽しめるんじゃないかと思います。

そしてすべてのアクティビティに親が付き添わなくてもいいので、大人はまったりのんびりできる(*´ω`)

ぜひみなさんもBUB resort(バブリゾート)行ってみてくださいね~。

公式サイト:BUB RESORT |大自然の泊まれる千葉グランピングテーマパーク

近々、他の場所に2拠点目もオープン予定とのことで、こちらも楽しみです!

↓YouTubeでも公開しています。ぜひご覧ください!

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事