キャンプレポ

【前編】宇佐美城山公園キャンプ場は、貸切温泉付きのすてきなキャンプ場【サイト・施設紹介あるよ】


こんにちは。ママキャンププランナーのサリー()です。

静岡県伊東市に2020年8月にオープンしたばかり。宇佐美城山公園キャンプ場に11月に行ってきたレポです。

オープンしたてとあって、炊事場やトイレもきれいだし、海もちらりと見える。そしてなんといっても源泉かけ流し温泉付きというのが特徴のキャンプ場です。では詳しいレポをどうぞ。

宇佐美城山公園キャンプ場の概要

まずはさくっと基本情報です。2021年1月の情報です。正確なことは公式サイトにてご確認ください。

電話番号 0557486688(海ホテル)
住所 静岡県伊東市宇佐美1721-5海ホテル・アンカーテラス(受付)
アクセス 西湘バイパス石橋インターから50分
総サイト数 30(電源付きサイトあり)
開設期間 通年営業
標高 不明。海に近いため低め。夏暑く、冬は暖かい。
チェックイン/アウト 14時/12時
料金 サイトにより異なる。
トイレ 水洗、男女別、洋式、ウォシュレットあり
炊事場 お湯が出るシンクあり
お風呂 貸切ドラム缶風呂(無料)、有料家族風呂
スーパー スーパーナガヤ
コンビニ ローソン
公式サイト 宇佐美城山公園キャンプ場 USAMI SHIROYAMA CAMP FIELD [ なっぷ ]

スポンサーリンク



キャンプ場の受付は海ホテル・アンカーテラス

 

この日は金曜の学校終わりに出発。2泊で伺いました。伊豆だとちょっと遠いですが、伊東だと道路が空いていればけっこう近い!

キャンプ場のチェックインは、海ホテル・アンカーテラスで。めちゃくちゃおしゃれでびっくり!

夏は海の家のように使われているそうな。

キャンプ場とホテル予約のチェックインは、こちらで行います。説明が丁寧なのはいいのですが、説明に1組15分かかり、前に並んでいる方がいたので、受付に到着してから料金を払って、キャンプ場に出発するまでに30分もかかってしまいました・・・

貸切風呂の予約などをしたせいもありますが、いろいろと事務手続きに時間がかかったりなど、もう少しスピーディーになるとうれしいところ。対応はとても丁寧でした。

後ほど詳しく紹介しますが、貸切風呂が3種類あります。時間を選べるのは早い者勝ちなので、チェックインの時に時間指定するのがおすすめ。ドラム缶風呂は他にないし、なにより無料なのでぜひこれだけでも体験してみてほしいです!

貸切ドラム缶風呂 無料(30分)
家族風呂(小浴場) ¥1,500/1グループ(60分)
展望風呂(大浴場) ¥2,500/1グループ(60分)

受付後はキャンプ場へ。受付で言われた通り、ダイハツの看板の右方向に小さな入り口があります。カーブで見通しが悪いのでご注意を。

とにかく狭い坂道を上ります。対面通行ができないので、以前は一度キャンプ場に入ると出てはいけなかったとか。現在は入り口側とキャンプ場側の両方にこのように信号が設置されているので、出入りは自由に。センサー式で青になったら進みます。


スポンサーリンク



宇佐美城山公園キャンプ場のテントサイト

 

昔お城があったというこの場所が「本丸」と呼ばれています。車がサイトに乗り入れできるのは、こちらのオートサイトA・Bになります。我が家はBを予約しました。

地面にはヒバ木チップが敷かれていて、雰囲気はいいのですが、とにかく地面が硬い!!鍛造ペグでもひーこらいいながら、ハマさん(夫)が設営しました。

プラスチックのペグやハンマーだと歯が立たないかも・・・しっかりしたものを推奨します。

 

電源付きです。1サイト1000Wとのことでした。金曜は宿泊客がおらず、ホットカーペットや電気毛布を使っても問題ありませんでした。が、土曜はほぼ満サイトとなり、ひとつの電源を2サイトで使うのですが、ブレーカーが落ちて使い物にならず・・・

お隣のサイトにお伺いを立てるのもなんだかなぁという感じでしたので、土曜の夜はホットカーペットは電源を切り、電気毛布のみ使用しました。幸い、海に近いので暖かく、ストーブだけでも過ごせたのが幸いでした。

オートサイトBは中央で、オートサイトAは周囲のサイトになります。Aサイトの一部からは、ちらりと海が見えます。

展望のよいデッキサイトもあります。デッキ設営用のペグ20本が無料レンタルできるそうです。

デッキからはとてもよく景色が見えます!

そうそう、サイトのサイズですが、現在は削除されていますが、当初予約サイトには「100㎡です」って書いてあったんです。ただ他のブロガーさんの記事によると、「もっと狭い!」と書いてあったので覚悟して行ったところ、やはり60~70㎡というところ・・・

現在は正確なサイズ表記が予約サイトに掲載されていました。我が家は13番だったので、約70㎡だった模様。サイト番号は事前に選べないそうなので、テントのサイズを確認して、コンパクトなものを選ぶ方がいいですね。

 

金曜ということで、宿泊客は4組くらいでした。

もうひとつ、車が乗り入れできない小さいサイトもあります。デッキサイトの横の階段を降りていきます。

けっこう長くて降りるのも昇るのも大変です。お風呂行くときもここを通ります。

下に見えるのがテントサイトCです。

階段があるので、車の乗り入れはできません。サイトも狭いし、荷物の搬入も大変なので、ソロキャン向けですね。ソロキャンのみで隔絶してるので、ゆっくり過ごせそう。ただ塀を隔ててすぐ交通量の多い道路なので、車の音が気になりそう。

さらに下に降りると、フェイクグラス広々サイト。

こちらも車の乗り入れはできませんが、サイト内なら何個でもテントを立てていいそうです。人工芝ですが、ペグも打ち込んでいいそう。

横にはデッキサイトがありますが、現在予約は受けていないのでしょうか。予約サイトにはこちらの記載がありませんでした。

ここにはのんびりできるスペースが。AC電源もあるということは、スマホなど充電してもよさそうな雰囲気ですね。

このすぐ近くに貸切風呂があるのですが、それはまた後で。

スポンサーリンク



宇佐美城山公園キャンプ場の炊事場&トイレ

 

炊事場に本丸(オートサイトA・B)にひとつ、芝生サイトにもうひとつあります。こちらは本丸の炊事場。

とてもきれいで、しかもすべてのシンクでお湯が出ます!

トイレも男女別で、女性は個室が2つありました。

ウォシュレット付きでとてもきれいでした。

夕食

 

私が施設チェックをしている間に、ハマさんがさくさくと設営してくれました。

ウトガルド設営完了(‘◇’)ゞ

さあさ、夕食にいたしましょう。スーパーで買った豚タンをつまみ・・・

キンメダイの干物をイワタニの「炙りや」で焼き焼きしたら、めっちゃおいしかった!干物ありだな~♪

 

メインは「悪魔の肉鍋」すごいネーミング・・・普通においしかったです。

ニラに豚バラ肉に、うーんおいしい。ちょっと前まで、子供たちあまり鍋が好きじゃなかったけど、この冬すごくお鍋も野菜もおいしく食べてくれるようになりました。


スポンサーリンク



宇佐美城山公園キャンプ場の貸切風呂

 

さてさて、お風呂に入りましょ。1組1時間2,000円の展望風呂を予約しました。受付で希望時刻を告げると、その時間の動物カードをもらえます。入浴中はそれをボードに挟んでおきます。

脱衣所も広い!ただここも外なのでけっこう寒いw。

シャワーが2基あります。

海が見える~♪浴槽も家族4人では広すぎるほど!お湯は温泉です。キャンプで露天風呂って最高すぎる・・・!

時間も1時間だとかなり余裕があって楽でした。無料のドラム缶風呂は30分なので、髪を洗う暇はなしという感じ。1時間だと子供がいてもゆったりです。

↓こちらは1時間1,500円の家族風呂。脱衣所は室内でエアコンもあるので、小さなお子さん連れの方はこちらの方がいいかも。

ヒノキの浴槽かな?こちらの家族風呂もすごくいい感じでした!1家族1,500円です。

最後に無料のドラム缶風呂。1組30分で、着替えもお湯を張る時間も含むため、かなりバタバタになります!

とはいえ、なかなかドラム缶風呂なんて入れないし、なにより無料ですから!しかもきれいだしね。1組ごとにお湯を抜いて、次の人がお湯を張る方式です。横にシャワーも2基あります。

こちらは2泊目に入浴したので、入浴レポは後編にて!2日目のレポ(後編)へと続きます~。

★YouTubeもやってまーす。見てくださいな。今夜更新しました!↓

広告

↓ちょっとキャンプ行ってくる。オリジナルグッズを作りました!↓

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事