キャンプグッズ

ワークマン初のツールームテント「耐久撥水2ルームシェルター」レビュー


こんにちは。ママキャンププランナーのサリー()です。キャンプの情報を発信するお仕事をしています。

ワークマン公式アンバサダー第1号として、ワークマン2022年秋冬新作のツールームテント「耐久撥水2ルームシェルター」19,800円を発売前にサンプル提供して頂きました。

実際に設営してみた様子や、広さのリアルな感想など忖度なく、詳しく紹介していきます。

※発売前の情報のため、商品仕様や価格などが変更になる場合があります。

ワークマン 耐久撥水2ルームシェルター(3人用テント)とは?

ワークマンでは以前よりテントが発売されていましたが、ツールームテントは初となります。価格はなんと19,800円(税込)!

やはりこの安さがなんといっても最大の魅力です。

ちなみにこのツールームテントの特徴は以下の通りです。

ワークマン2ルームテントのポイント

・構造がシンプルなので設営が簡単

・タープを別で張らなくていい手軽さ

・大人2人だとちょうどいいサイズ感(あと+α子供1人いける)

・コンパクトなので狭いサイトでも張りやすい

・なんといっても19,800円と安い

一般的なツールームテントは大体家族4人くらいを想定した大きいサイズですが、ワークマンのツールームテントは大人2名+子供1名くらいを想定したコンパクトサイズなので、そこだけ注意が必要かなと思います。




ワークマン ツールームテントを設営してみた

 

さっそく設営してみました。

収納サイズはとてもコンパクト。長さ66×幅23×高さ23cmで、重さは約9.7kg。女性でも持ち運べるサイズ感です。

内容物一覧

内容物の写真はワークマンオンラインストアよりお借りしました。

フライシート:ポリエステル100%
インナーテント:ポリエステル100%
ポール:グラスファイバー
ロープ:ポリプロピレン・ポリエステル
ペグ:スチール

前回発売された付属のペグがあまりに細くて、最初の設営の時にすぐ曲がってしまい使い物になりません!と社員さんに訴えたおかげか、ものすごく頑丈なスチールペグになっていました。

そして以前はガイロープも細くて頼りなく、自在金具はプラスチックでしたがこちらも進化。頑丈なロープ&金属製の自在になりました。

 ワークマンツールームテントの設営手順

 

それでは設営していきます。まだ正式な取扱説明書ができていないとのことで、少し手順が違う部分があるかもしれませんが、基本的には問題ないかと思います。

1.メインポールをつなげて長くします。合計3本です。

2.フライシートにクロスするように2本差し込みます。

このクロスされた部分は寝室になります。

3.ペグダウンします

本当は全部ポールを通してからペグダウンしてもいいのですが、この日はとにかく強風で・・・安全のためにも随時ペグダウンして設営しました。

4.ポールを通し、トンネル部分を張る

こちらもペグダウンしていきます。

あとは前室になる部分など、ペグダウンしてしっかり張っていきます。

5.ガイロープを張ります

6.インナーテントを吊り下げていきます

今回は試し張りということもあり、グランドシートは敷きませんでしたが、テントの保護のためにもグランドシートは必須。

付属で付いてきませんし、専用シートの販売予定はないとのことですので、ユタカシートを購入してはさみでちょうどいいサイズに切って敷くといいかと思います。

インナーテントが230cm四方なので、ユタカシート2.7×3.6mを購入してハサミで切るのが安く済んでおすすめです。

created by Rinker
ユタカメイク(Yutakamake)
¥1,084
(2022/12/07 17:29:53時点 Amazon調べ-詳細)

すべてインナーテントのフックを吊り下げたら完成です!

実際に設営してみた感想ですが、とても簡単でした。ポールの数が少ないので、「どこにどのポール差せばいいの!?」と迷うこともありません。

あとドームで寝室部分を作った後、トンネル状にリビングを作るという構造のわかりやすさもあって初心者さんでもさくさく張れるかと思います。

ただこのポールの少なさ(細さ?)が逆にマイナスになる点もあるので、そこもしっかり下の方で書いていきますね。




ワークマン耐久撥水2ルームシェルターを詳しくチェック

 

それでは完成した様子を見ていきましょう。色は「タン」の1色のみですが、これなかなかすてきなカラーですね。

左側のドーム部分が寝室、右側のトンネル部分がリビングになります。

出入口は、こちらの正面と側面の2か所。もちろんメッシュ付きです。

裏側には出入口も窓もなし。こちらは強度の問題から、出入口にするのは難しいと社員さん談。

側面もメッシュパネルで出入りできます。

寝室の奥のファスナーで解放することができます。

ちなみに全体にぐるりと収納可能な18cmのスカート付き。メーカーによっては寝室部分はスカートなしのタイプもあるので、全体に付いているのはうれしいですね。

暑くて通気性を確保したい場合は、スカートを巻き上げるフックも付いています。

内部はこんな感じ。全長から寝室を引いた数値(リビングと前室)が260cmとなっています。

大人2名で過ごすのがちょうどいいサイズ感ですね。あとはお子さん1人くらいで家族3人かなと。我が家のように大人2名&小学生2名では狭くてきびしいと感じました。

リビング部分にテーブルとチェア2脚置いて、前室部分にコンテナボックスやクーラーボックス、調理器具などを置けそうですね。

インナーテント(寝室は)床が230cm×230cm、高さは190cmです。寝室は大人2人+子供2人でも大丈夫そうな広さ。

奥はメッシュなのでフライシートを開ければ通気性も確保できますし、天井にもベンチレーションがあります。ランタンフックももちろんあります。

小物のポケットも。

インナーテントの入口にももちろんメッシュありますよ~。





ワークマン耐久撥水2ルームシェルターの気になるところ

 

ここで、ちょっとこのツールームテントの気になるところを正直に言います。

トンネルの形状と、メインポールの細さにより、通常の環境であれば大丈夫ですが、強風だと設営が大変&形がへしゃげてしまうのです・・・

たまたまこの試し張りをしたのがものすごく強風で、体感で風速7~8mくらいありました(予報ではまったく注意報すら出ておらず、現地だけ地形の関係か強風でした)。

これだけの強風だとそもそもキャンプに行きませんが、キャンプ中に突風が吹くことは自然の中なのでよくあること。

風向きによっては、トンネル部分に直接風が当たり、写真のようにリビング部分が押されて、椅子に座っていても頭にバシバシ当たるような状況になりました。

キャンプで怖いのは雨ではなく風です。我が家ではピンポイント天気を見て、風速6mを超える場合はキャンセルしたり、林間サイトなど風の影響を受けにくい所に変更したりします。そもそもこんなテントの形状が変わるくらいの強風時は、キャンプに行かないのが正解ですね。

とはいえこのような強風の中でも、グラスファイバーのポールは折れることなく無事だったので、耐久性の検査になったかも?




ワークマン耐久撥水2ルームシェルターの仕様スペック

 

こちらはまだ暫定的な資料になりますが、サイズを紹介しておきます(正式なサイズと異なる可能性があります。わかり次第追記します)。

サイズ・スペック等
本体 長さ480×幅265×高さ195cm
収納時 長さ66×幅23×高さ23cm
重量 9.7kg
ロープ 6本
ペグ 20本
メインポール 2本
前室ポール 1本
フライシート最低耐水圧値 2000mm
フロアシート最低耐水圧値 3000mm

ワークマン耐久撥水2ルームシェルターの購入方法

発売時期は11月上旬~11月中旬です。コロナ禍ということもあり、発売時期は変わる可能性があります。

購入方法ですが、ワークマン公式オンラインストアにて購入し、近くの店舗受け取りが一番一般的な方法になります。「入荷案内申し込み」をしておくと入荷されたタイミングでメール通知が来るようです。

実店舗では、通常の路面店での発売はありません。ショッピングモール内のワークマンプラス、#ワークマン女子、ワークマンシューズでは発売予定ありのようです。

YouTubeでも紹介しています

 

今回のワークマンのツールームシェルターですが、私のYouTube動画でも紹介しています!特に強風の時どうなるのかわかりやすいかと思いますので、どうぞこちらもご覧ください↓




ワークマンの2ルームテントはコスパ良し!

というわけで今回はワークマンのツールームシェルターをご紹介しました。サイズ感がやや小さいですが、ツールームで19,800円はさすがワークマンと言わざるを得ないお得感。

ぜひワークマン公式オンラインストアでチェックしてみてくださいね~!

家族四人ならやっぱりコールマンのツールームテントがおすすめかなぁ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥51,800
(2022/12/07 17:29:54時点 Amazon調べ-詳細)

DODのカマボコテントももはや定番ですね↓

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク