キャンプグッズ

設営撤収楽すぎ!ファミリーで寝られるサイズのポップアップテントayamaya【PR】


こんにちは。二児の母で、ほぼ毎週キャンプか車中泊をしているサリー()です。

キャンプ初心者だから、簡単に設営できるテントがほしい・・・そんなあなたにぴったりの4~6人向けポップアップテントayamayaをご紹介します。

力のない女性でもあっという間に設営ができて、しかもポップアップテントには珍しくダブルウォール、前室付きの本格テント。では詳しくどうぞ。

※商品提供を受けております。

ayamayaのポップアップテントの特徴

ayamayaのポップアップテント・・・PRを引き受けたのは、このテントがめちゃくちゃ本心から気になったからなんです。そして実際使ってみて、これはすごい!と思ったポイントを挙げてみます。

・ポップアップで設営撤収がめちゃくちゃ簡単。時間かからない。

・ポップアップなのに、家族で寝られる広さ

・ポップアップなのに、ダブルウォール

・ポップアップなのに、前室付き

細かいところでいうと、ベンチレーションがしっかりあるとか色々ポイントはあるのですが、特にいいなと思ったのはこの4つ。ひとつずつ紹介していきます!

スポンサーリンク



初心者でもポンっと設営簡単!

収納時のサイズは直径88cm。厚みはふんわりとした状態で約10cmくらいでした。よくある公園で使うようなミニサイズのポップアップテントに比べると、やはり大きく感じます。

設営するには、収納袋から出してベルトを外し、ポイっと投げます。

投げるのは、派手なモーションのためではなく、たぶんバンッと広がるので体に当たって痛い可能性もあるからかと。ある程度広がったら、あとは形を整えるだけ。設営は一瞬・・・!

ちなみに付属品は、キャノピー立ち上げるためのポール、ペグ、ロープ。

テントの形が整ったら、テントをペグで地面に固定します。

この日のキャンプ場の地面が硬めでしたので、ペグが刺さらない可能性があったので手持ちの鍛造ペグを使用しました。

付属のペグはやや細めでしたので、芝生のような地面であれば大丈夫かと思いますが、今回のような砂利で硬いところは別のペグを用意した方がよさそうです。

ここで、撤収方法(収納方法)も紹介しておきます。この手のポップアップテント、なかなか収納が難しかったりしますよね・・・でも、ポイントがあります。「8の字」になるように畳んでいくのです。

↓収納袋に畳み方が印刷されていてわかりやすい!

↓実際に畳んでみた様子。かなり大きいテントですが、けっこう簡単に畳めた!

↑ただ、ここまで畳めたものの、もう一段階小さい円になるはずが、なかなかうまくいかず・・・夫のハマさんに手伝ってもらいました。

脚でバイーンとならないように押さえながらやると、うまく畳むことができました。慣れれば女性ひとりでも畳めそうです。

それにしても、この設営撤収の楽さ、速さは他のテントの比にならないですね・・・すごい!!

スポンサーリンク



家族で寝られるくらい広い

 

公園で使うようなポップアップテントは、大人が1~2人くらいならなんとか寝られるかな?というものが多いですが、このテントはなんと4~6人用となっています。

後述しますが、ダブルウォール(生地が二重)になっていて、手前には前室もあります。インナーテント内だけでもかなり広いんです。寝ているハマさん、身長170cmですが、余裕に横で寝られます。

9歳と6歳の息子も入ってもらいました。4人なら余裕、5人でもOK、6人だとまぁギリギリいけるかなという感じ。寝てもまだまだ余裕があるので、端っこに衣類などの荷物を置くこともできちゃいます。

ポップアップテントなのにダブルウォール

 

私が今まで見たポップアップテントは、どれもシングルウォール(1枚の生地のみ)でした。でもこのayamayaテントは、まさかのダブルウォール!しかもテントを広げた状態で、もうインナーテントが取り付けてあるんです!

吊り下げ式で、もちろん外して外側のフライシートだけ干すといったことも可能。普通のテントなら、まずインナー立ててそれからフライシートかぶせて(あるいは、フライシート張ってからインナーを吊り下げる)、といった手間がまったくなし。楽すぎる~~~!

さらにインナーテントはメッシュ部分が多いので、換気もばっちり。春~秋にかけて、特に暑い季節は通気性よさそう。

ダブルウォールなら結露にも強いですし、本格的にキャンプで使うにも安心。なによりインナーが既に取り付けてあるのが本当に楽です~。

ポップアップテントなのに前室もある

 

ポップアップテントや、傘のようにパッと開けるワンタッチテント。どちらも前室が付いてないものが多いですが、このテントにはなんとあるんです!

こちらが最初に開いた状態。かなり広い前室スペースがおわかりでしょうか。

しかも、このフロアは外すこともできるんです。

このように、土間のように利用することもできます。靴を置いたり、汚れたコンテナボックスを置いたりと、前室はテントにあると絶対に便利なスペースです。


スポンサーリンク



細かい所もチェック

他にもサイドには大きめの窓が付いていて、メッシュになっています。内部には小物ポケットも。

ベンチレーションもありますよ。

付属のポールを使うと、キャノピーを張り出すこともできます(スペースの関係で、ペグ打ちせず手で支えています)。

他にも、

・耐水圧は3000mmで本格キャンプに使用可能

・紫外線50%カット

・1年間の長期製品保証

といった機能が付いています。

ちなみにこの日は、私と子供たちが車中泊。遅くまでひとりで起きていたハマさんだけ、このayamayaのテントに宿泊しました。夜、小雨が降っていましたが、まったく問題なく寝られたそうです。

スポンサーリンク



ayamayaはAmazonや楽天で購入できます

今回は簡単に設営撤収ができるポップアップテント「ayamaya」をご紹介しました。これ、ほんとテントの進化ですよ・・・!

国内販売数は既に1200張を超えていて、大阪府や熊本県の市役所から440張を受注しているというのも安心感があります。

キャンプ初心者さんは、慣れないテント設営に1時間とかかけるよりも、このテントでさくっと設営して、ゆっくり食事やまったりする時間を取れるんじゃないかなと思います。

ベテランキャンパーさんも、雨の日や、チェックアウトが早いキャンプ場の時など、さくっと設営撤収したい時のサブテントとしてひとつ持っておくとすごく便利じゃないかなと思いました。

製品概要
■商品名/ayamaya ポップアップテント
■メーカー/ayamaya
■価格/24,900円(税込)
■商品構成:ポップアップテント本体、収納袋、ペグ、ロープ、日本語説明書兼保証書
■テントサイズ:260cm(縦) x 380cm(横) x 130cm(高さ)
■収納時サイズ:直径88cm×厚さ5cm・重量5.5kg
■耐水圧:3000mm
■電気コードアクセスポート、収納ポケット、ランタンフック付

↓楽天、Amazonから購入できます

 

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事