キャンプレポ

【トイレやテントサイトの施設紹介】グリーンパークふきわれオートキャンプ場【後編】


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。

群馬県にあるグリーンパークふきわれオートキャンプ場に行ってきたレポです。前編でキャンプレポ書いたところ、「ここ行ってみたい!」「予約しました!」とかなりの大反響でした。後編ではトイレなどの施設や、テントサイトなどをご紹介していきます。ではどうぞ!

【前編】グリーンパークふきわれオートキャンプ場レポ|川遊びができて蛍も見えるリピート確実なキャンプ場 こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 群馬県にあるグリーンパ...

グリーンパークふきわれオートキャンプ場の基本情報

まずはさくっと基本情報です。2020年7月の情報です。正確なことは公式サイトにてご確認ください。

電話番号 0278-56-3215
住所 群馬県沼田市利根町大楊1098
アクセス 関越自動車道・沼田ICより
総サイト数 約70(電源付きサイトは内9区画)
開設期間 通年営業(2020年より冬季も営業とのこと)
標高 650m
チェックイン/アウト 13時/11時(テントサイト)
料金 サイト・季節により異なる。
トイレ 水洗、男女別、洋式あり、ウォシュレットあり
炊事場 お湯が出るシンクもあり
お風呂 なし(シャワーもなし)
スーパー まるきゅう、マルイ、ベイシア沼田
コンビニ セブンイレブン(車で5分)
公式サイト https://www.greenpark-fukiware.com/

スポンサーリンク



グリーンパークふきわれオートキャンプ場のサイト

出典:公式サイトより

グリーンパークふきわれは、大きくこんなサイトに分かれています。

・区画サイト(電源あり、なし、ワイド区画あり)

・リバーサイド区画サイト(川のそば。木陰なし)

・フリーサイト(車乗り入れ可。林間サイト。場所は先着順)

・手ぶらキャンプサイト

・キャビン

・トレーラー

では、詳しくサイトを紹介していきます。(主にテントサイトです)

グリーンパークふきわれの区画サイト

こちらが一番予約がすぐに埋まってしまうという区画サイト。かなり開放的な雰囲気です。上の写真は土曜日に撮影したもので、かなりたくさんのキャンパーさんが来ていました。

翌日、レイトチェックアウトしてガラガラになったので、再度撮影!

この分かれ道を右に行くと区画サイト、左がリバーサイド区画サイトになります。

両サイドに木々があり、開放的。ただ夏は日差しがけっこう強めですね。タープ必須。

お隣との境にはロープが埋め込まれています。だいたい80㎡くらいとのこと。

奥に見えるのが新しいトイレと炊事場。また、区画サイトの手前にも炊事場トイレがあるので、小さなお子さんがいる方はやっぱり区画サイトがおすすめかなと。(フリーは場所によってはすごくトイレが遠くなります)

電源付きのサイトや、2家族で使えるワイド区画サイトもあります。

スポンサーリンク



グリーンパークふきわれのリバーサイド区画(リバーサイト)

 

お次はリバーサイド区画サイト。名前の通り、隣にすぐ大きな川が流れているため、川音がかなり聞こえます。グルキャンで声が迷惑になりそうな時とか、気を遣わなくていいかも?

サイト内に木がほとんどないため、こちらも夏はタープ必須!

リバーサイトには、すぐ傍に新しくてきれいな炊事場トイレがあります。あと、リバーサイトの奥にも実は川に通じる道があります。

メインの川遊びは別の場所にありますが、こちらはどんな感じかな??

より上流になるのですが、川の流れが下流よりも穏やかで、流れもゆっくり。小さなお子さんはリバーサイト奥の河原がおすすめです!

いや~、絶景かな♪

グリーンパークふきわれのフリーサイト

そして、私が宿泊したフリーサイトの紹介。オーナーさんによると、リピーターさんはフリーサイトを選ぶ方が多いとか。

林間サイトです。木陰なので、とても涼しかった!ただそのぶん、虫も多いので虫除け対策は忘れずに。

区画サイトと違い、木がたくさんあるため、お隣や正面にすぐ他のキャンパーがいるという状況になりません。プライベート感を重視するなら、フリーサイトがおすすめ。

車乗り入れの可能です。ただ場所取りは先着順になるので、できるだけ早めに行くのがおすすめ。もちろん予約制なので「張る場所がない!」なんてことにはなりませんが、トイレから遠いサイトなどになってしまう可能性があります。

場所によって日当たりがよく開けているところもあれば、完全に林間サイトという所もあり、お好みに合わせて選べます。

フリーサイト内に小さな沼があるのですが、夏の夜はきれいな蛍が見れますよ!(前編のキャンプレポでご紹介しています)

またフリーサイト内には、子供に代人気のハイジブランコも♪

グリーンパークふきわれの手ぶらサイト

 

手ぶらサイトもちょろっとご案内。場内入口には、設営済みのコールマンテントがずらり。

そして、ogawaのテント「グロッケ」を使った手ぶらサイトも。

キャンプに興味はあるけど、道具がない・・・という方にはほんとにおすすめです。

キャビンも新しくて、きれいなタイプが多いように感じました。

スポンサーリンク



グリーンパークふきわれのトイレ、炊事場

 

グリーンパークふきわれのトイレや炊事場は、合計3か所あります。受付と区画サイト手前にあるトイレは、建物自体少し年季が入っていましたが、洋式水洗できれいに清掃されていました。

ウォシュレット付き。

リバーサイド区画サイト奥にあるトイレは一番新しく、めちゃくちゃきれいでした。

清潔~♪

トイレの看板もかわいい♪こういう所にキャンプ場の「らしさ」が出ますよね。スタッフさんの手作りだそう。

こちらは区画サイト手前の炊事場。湯沸かし器付きで、お湯も出ます。

↓こちらはリバーサイド奥の新しい炊事場。全シンクでお湯が出ます。

グリーンパークふきわれの受付

受付兼売店がこれまたおしゃれです。

キャンプグッズ、ちょっとした食べ物、飲み物、お野菜も販売。飾りものがかわいいので、インテリアもチェックですよ~!

そしてキャンプ場オリジナルグッズも充実。私はこのキーホルダー買いました!500円なんだけど、次回受付時にキーホルダーを見せると、なんと薪が無料でもらえるとのこと。これすごくいいアイデア~!

オリジナルシェラカップや、ステッカー、キャップも販売されていました。

グリーンパークふきわれの川遊びスポット

場内には川遊びスポットが。こちらが場内中央から川に降りられる斜面。

流れといい、水深がそこまで深くないことと言い、川遊びにぴったりです!!

ただし、もちろん危険なことには変わりないので、子供が遊ぶ時は必ず大人が付き添いましょう。できたらライフジャケット、アクアシューズも身に付けましょう。

created by Rinker
REEFTOURER(リーフツアラー)
¥1,799
(2020/11/28 16:50:50時点 Amazon調べ-詳細)

少し上流に行くと堰き止められた部分があり、プールみたいになっています(^^)

また先ほども書きましたが、ここだけでなくリバーサイド区画サイト奥の川は、より流れが穏やかなので小さいお子さんはそちらもおすすめです。

その他施設

 

他にも自由に使えるタタミルーム。アンパンマンのぬいぐるみや、キャンプ雑誌、オーナーさんが読み終わったビジネス書や漫画など多数あります。

そうそう、燃えるゴミだけは出せます。缶と瓶は持ち帰りです。


スポンサーリンク



初心者にも安心なグリーンパークふきわれ

というわけで、グリーンパークふきわれの施設紹介でした。水回りもとってもきれいだし、なにより場内の川がすばらしいです。スタッフさん(特にオーナーさん)はまめに場内を見回っていて、とても気さくで話しかけやすい方です!

具体的なキャンプレポも記載してますので、ぜひ前編も合わせてご覧くださいませ。

【前編】グリーンパークふきわれオートキャンプ場レポ|川遊びができて蛍も見えるリピート確実なキャンプ場 こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 群馬県にあるグリーンパ...

 

それでは、また~♪

 

 

長持ちでず~っとキャンプ初期から愛用しているギアたち こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 キャンプを始めて数年・...

 

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

 

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

 

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事