キャンプグッズ

Togo POWERのポータブル電源とソーラーパネルで、車中泊キャンプしてみた【PR】


こんにちは。2児のママキャンパー、サリー()です。キャンプの情報を発信するお仕事をしています。

11月に入り、ついにキャンプでも電気毛布を使う季節がやってきたなぁと冬の始まりを感じています。電源なしサイトでも、電気機器が使える便利なポータブル電源。

今回はTogo POWERのポータブル電源 ADVANCE650と、ソーラーパネル60Wをご紹介します。

※商品提供を受けています。

ポータブル電源ってそもそも何だ!?

まずはポータブル電源について簡単に説明を!

スマホの充電ができる手のひらサイズのモバイルバッテリーを持っている方は多いはず。ポータブル電源はその巨大版と考えてもらうとわかりやすいです。

自宅の家庭用コンセントで充電をして、キャンプに持っていきます。スマホやタブレットの充電はもちろん、AC電源端子があるのでノートパソコンや電気毛布も使用できるのがポータブル電源のいいところです。

今回紹介するTogo POWER ADVANCE650は、634Wh(171351mAh)の容量と500Wの出力を備えています。

純正弦波AC出力は最大500wの機器に給電できます。スマホ(10Wh)なら約63回分!

どんな機器に使えるくらいの容量かというと、以下のものになります。

・スマホやタブレットの充電

・携帯ゲーム機の充電

・ノートパソコン

・ライト

・電気毛布

・扇風機

・ミニ炊飯器

500W以下の機器が使用できます。

逆に言うと、大きなホットカーペット・ホットプレート・ドライヤーなど消費電力が大きいものは使用できません。

スポンサーリンク



Togo POWER ADVANCE650の外観をチェック

ではさっそく、Togo POWER ADVANCE650を見ていきましょう。しっかりと梱包された箱を開けて、内容物を確認!

・ポータブル電源本体

・取扱説明書

・保証カード

・ACアダプター

・MC4充電シガーソケット

・車載用充電シガーソケット

いろいろケーブルは付いていますが、基本的にはACアダプターで自宅で充電し、ポータブル電源本体のみをキャンプ場に持ち込むのが一番多いパターンかと思います。

後ほど明記しますが、充電方法は家庭用コンセント、車のシガーソケット、ソーラーパネルからの3つになります。

今まで色々なメーカーのポータブル電源を使ってきましたが、このように端子にカバーが付いているのは初めて見ました!

たしかにキャンプの場合、砂埃や泥など故障の原因になりそうなものがありますから、このカバーはあるとうれしい!

上にぱかっと開きます。

また、ライトが側面と取っ手部分の二か所についています。

金曜夕方に到着するような場合、冬だと設営時真っ暗ということも。そんな時、これだか明るいライトがあるのは便利ですね。

出力ポート

具体的な出力ポートについては、下記の画像がわかりやすいのでご覧ください。

画像出典:公式サイトより

・60WPDType-Cポート 1個

・急速充電QC3.0USBポート 3個

・AC出力ポート 2個

・DC出力ポート 2個

・シガーソケットポート 1個

個人的には、USBポートが、急速充電QC3.0に対応していることがうれしい!普通のUSBポートよりも充電速度が2倍となるとのことです。

そして、上部には10Wのワイヤレスチャージャーも搭載。スマホを置くだけで充電ができます。

充電コード忘れた・・・!という時の強い味方です。コードでごちゃごちゃしないのもいいところ。

充電方法

充電方法はこの3つ。家庭用コンセントから、ソーラーパネルから、車載用シガーソケットからの方法です。

容量が大きい分、モバイルバッテリーなどと比べて満充電にするまでに時間がかかります。キャンプ当日に慌てないよう、キャンプ後には必ず充電しておく習慣にしておきましょう。

いざという時の災害時の備えにもなります!

また、パススルー充電機能が搭載されており、充電しながらなにか充電したり、電気機器を使用することができます。

スポンサーリンク



実際にキャンプで使ってみた

それでは、実際にキャンプで使ってみた様子です。

ミニ炊飯器で炊飯

この日は学校終わりに出発したので、到着するともう17時過ぎ。急いで夕食の準備です!

ミニ炊飯器(定格消費電力250W)で炊飯開始。

消費電力がそれなりに大きいので、炊飯ボタンを押すと、ポータブル電源のファンが「ファーーーン」と回り始めました。

バッテリーの温度が高くなりすぎないように、しっかりとファンが作動しています。ちなみにうるさく感じるほどではありません。

炊飯完了すると、残りのバッテリー量は80%になっていました。この液晶もわかりやすいです。

わ~い、おいしく炊けたよ♪

ちなみに我が家で使用しているミニ炊飯器はこちらです↓

created by Rinker
ミニライスクッカー
¥6,790
(2021/11/27 13:29:55時点 Amazon調べ-詳細)

以前、メーカー様から提供頂いた品ですが、コンパクトでキャンプに使うのに本当にぴったり!自宅で使う5合炊きだと大きい&重い&消費電力が大きいのでそもそもポータブル電源で炊飯できません。

このミニ炊飯器なら、ポータブル電源でも炊飯できて楽だし、保温もきくからおかず作ってる間にご飯が冷めてしまった、なんてこともなく便利です。

ゲーム機やスマホの充電

さて、我が家はニンテンドーSwitchが3台あります。キャンプ中もけっこうゲームをするのですが、次男のゲーム機はなぜかすぐ電池が減ってしまうのです(以前、過充電しすぎたのかも)。

そんなわけで、ゲームする時は自宅でもキャンプでも電源ケーブルにつなげて遊んでいます。

そしてスマホも4台・・・これだけ充電したい機器が多いと、もうモバイルバッテリーでは無理なんですよね。というわけで、ポータブル電源が大活躍なのです。

ワイヤレス充電もしてみました。このスマホは裏にリング付きカバーがしてあったのですが、さすがにそれでは充電できず、カバーを外してみたら無事に充電できました。

ただ、車内のベッドの上で少し斜めになっていたので、つるつる滑ってなかなかうまく充電されず。完全に中央に置かないと充電されません。水平なところで使うべきですね。

電気毛布でぬくぬく

この日は車中泊。天井の照明と、電気毛布2枚もポータブル電源のおかげで使えました!

AC電源が足りないため、マルチタップを使い端子を増設。いわゆるタコ足配線ですね。消費電力が小さいので問題なく使用できました。

電気毛布は温度設定にもよりますが、1枚およそ30W。もう1枚、ふかふかとした茶色のミニカーペットはもう少し消費電力が大きいですが、両方合わせても60~120Wといったところ。

夜になるととても冷え込みましたが、車内で電気毛布と寝袋があれば、ぬくぬくで過ごせます。

結局、温度設定「弱」にしてしばらくつけていましたが、しばらくすると暑くなり、夜中0時頃に電源オフにしました。

翌朝確認すると、充電残量は47%ほど。大容量なのでかなり残りましたね。ただ氷点下に近い冬キャンプになると、温度設定を高くしたり、1枚電気毛布をさらに追加することになります。

電気毛布を2~3枚使用できるのは、冬キャンプをするファミリーにとってちょうどいい容量といえますね!

スポンサーリンク



ソーラーパネルを使ってみた

ソーラーパネルも使ってみました。商品名は「Togo POWER BALDR PIONEER60Wソーラーパネル」。

あれ、ソーラーパネルってこんなにコンパクトなの!?というサイズ感。

406×370×50mm、2.95kgで、女性でも簡単に持ち運びができます。

これがなんと3つ折りになってまして、展開すると大きく広がります。これは効率的に太陽光を集められそう!

裏側に調整可能なスタンドが付いているので、太陽の向きに合わせて設置できます。

↓こちらが電池残量47%でスタート。37Wがソーラーパネルから充電されている数値になります。

日向に置いて1時間後↓

54%まで充電されていました。1時間で7%の充電でした。季節や天気によりこの値は変動がありそうですが、しっかりと充電できていることが確認できました。

ちなみに、このソーラーパネルは他のポータブル電源にも充電できるんです!

画像出典:公式サイトより

各種ケーブルが付属しているので、対応するケーブルを使用することで他社メーカーのポータブル電源でも充電できます。

さらに、ポータブル電源に充電するだけではなく、直接スマホなどの機器を充電することもできます。

画像出典:公式サイトより

USB-A、USB-Cの2ポート付属。スマホやノートパソコンの充電ができます。

ソーラーパネルは災害時に活躍すること間違いなし。あまり大きくて高価なものはいらないという方にぴったりかと思います。

スポンサーリンク



商品仕様

ポータブル電源の製品仕様

● 容量:634Wh / 176000mAh
● AC出力:100V, 60Hz, 500W (瞬間最大1000W)
● 重量:7.06 kg
● サイズ:29.0 x 20.1 x 20.0 cm
● 出力ポート数:9(AC出力ポート x 2、
USB-Cポート x 1、
USB-Aポート x 3、
シガーソケット x 1、
DC出力ポート x 2)
● 充電方式:AC、シガ-ソケット、ソーラーパネル
● 保証期間:24ヶ月

ソーラーパネルの製品仕様

● 定格出力:60W
● 重量:2.95kg
● 展開サイズ:1290*406*25mm
収納サイズ:406*370*50mm
● DC出力:18V/3.3A Max
● USB-A出力:5-12V/3.4A Max
● USB-C出力:5-12V/4.5A Max

同梱物

Pioneer 60Wソーラーパネル
アンダーソンケーブル(ソーラーパネル接続用)
アンダーソンコネクタ付き(0.65m)
(DC7909+DC5525+DC5521+航空コネクタプラグ付き)
取扱説明書

Togo POWERのADVANCE650で快適なキャンプを

今回はTogo POWERのポータブル電源とソーラーパネルをご紹介しました。

634Whという容量は、ファミキャンにぴったり!

他社メーカーのポータブル電源を持ってるけど、ソーラーパネルを探していたという方にも、コンパクトなパネルはとてもおすすめできます。保管場所を取らないのもメリットかと。

ぜひ公式オンラインストアでチェックしてみてくださいね。

Amazonでも購入できます↓

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事