ワークマン

【ワークマン】キャンプ用コンパクトローチェアついに実物を入手!販売前にワークマンアンバサダーサリーが徹底レビュー


こんにちは。ワークマンアンバサダーのサリー()です。

前回のブログで、ワークマンからついにキャンプギア発売!とご紹介したところ、反響がものすごく・・・!今回ついにチェアをワークマンから送ってもらいまして、発売前に徹底レビューしちゃいます。

※商品提供を受けてのレビューですが、いいことも悪いことも正直に書いていきます!

ワークマンからキャンプ道具が発売に!

前回の記事で詳しく書きましたが、ワークマンからチェアやアルミテーブル、革手袋などが1月下旬~2月上旬に発売になります。具体的な発売日は未定とのこと。

ほぼ全店舗での発売ですが、一部店舗は入荷がないとのことなのでご注意を。ワークマンオンラインストアでの販売も予定ないとのことです。

今回お試しということで、一店舗の入荷数は少ないとのこと。ただ一度売切れても、数か月後に再入荷の予定があるとのことです。

スポンサーリンク



ワークマン・コンパクトローチェアを詳しく

はいはーい、というわけで実物が届きましたよ。持ってみた印象は、しっかりしてるけど、重い。重さについては後で詳しく書きますね。

皆さん気になるであろうタグをチェック。

商品名:コンパクトローチェア

型番:FCC02

商品コード:65687

サイズ:幅約55×奥行53×高さ64cm

座面の高さ:約27~35cm

素材:座面シート・ポリエステル、フレーム・スチール

重量:1.6kg(実際に収納バッグ含め測ってみたら1.8kgでした)

耐荷重:100kg

価格:1,500円(税込)

このタグを見てのポイントは、

・1500円→安い!!

・フレームはスチール(アルミではないので重い)

・耐荷重は100kg(丈夫そう)

この三つですね。特に他メーカーはフレームがアルミ合金が多いので約1kgくらいですが、ワークマンはスチールを採用しているせいか、1.8kgとかなり重く感じました。まぁでも安いですからね~。

裏面もどうぞ。

さて、収納ケースから見ていきましょう。左右には取っ手が付いていて、組み立てた時にフレームに通せるようになっています。ケースだけどこ行った事件がなくなりますね。

開封(∩´∀`)∩

内容物。左から収納バッグ・説明書・座面カバー・フレームです。

説明書は図入りの組み立て方法が記載されています。フレームを組み立て、座面カバーを差し込む方法。メッシュ部分が背もたれなので間違わないように。

実はこの後、組み立てにものすごく苦労します・・・ぜひ説明書には「最初は布が固く、組み立てがきつく感じるかもしれません。生地が伸びれば組み立ても容易になります」的な注意書きがあるといいと感じました。

スポンサーリンク



ワークマンのチェアを組み立ててみた

組み立てていきます。フレームの組み立ては簡単です。ポールの中にゴムが入っているので、スムーズにカシャンカシャンとできるはず。

簡単にフレーム完成。

次に、フレームに座面カバーを取り付けていきます。4か所にカバーの角を通します。この部分が華奢だと使っているうちに破れてしまいますが、ワークマンのものは私が持っているこのタイプのチェアの中では、一番しっかりと補強されていました。

でもここからがもう大変。しっかりと組みあがるまで15分は格闘しました・・・

この手のチェアって、他メーカーのものでも最初は固いんですよ。前にフィールドアのチェアも最初私の力では組み立てられず、夫に頼っていました。しばらく使うと、生地が伸びて楽に付けられるんですけどね・・・

まぁ私はかなり非力なので、ものすごく力を入れてがんばってもなかなか入らず(´;ω;`)。公園でそばにいるおじちゃんにHELPを頼もうかと思いましたが、それもなぁ~っと。

上のポールは入りやすく(たぶんメッシュで伸びる)、下が固いことがわかったので、まず下2か所を足を使って固定して無理やりはめて、その後上をポール2か所をはめることに成功しました。

完成したーーーー( ノД`)!!

 

特に女性は、キャンプ場でいきなり組み立てをすると大変かと。事前にお家で組み立てて、少し生地を伸ばしておくことをおすすめします。

座面の生地はもちろん、背もたれのメッシュもしっかりしてて、簡単には破れない感じです。こちらは迷彩ブラウンというカラーなのですが、自然に馴染む感じでよいよい。

ちなみにカラーは3色。左から迷彩・ブラック・迷彩ブラウンです。どれも自然になじむカラーでいいですね~。

ワークマンのアウトドアブランド・フィールドコアのロゴが入っていますが、あまり目立ちません。

ポールの地面に接する所。気持ち広めになっています。ただ他のチェアでもそうですが、砂浜やぬかるみだと埋まりますのでご注意を。

座ってみると、よいです!

しっかりと体重を支えてくれ、すっぽりと沈み込む感じも気持ちいい。ぐらつきなどもなく、しっかりしています。

twitterでは「時々来る友人用にいいかも」なんてリプもありましたが、時々ではなくメインで使うチェアとしても十分使えますよ、これ。

スポンサーリンク



他社と比較してみる

似たタイプのチェアが自宅にありましたので比較。左がワークマン・右がフィールドアです。キノコ柄がかわいいでしょ。

フィールドアの方が大きく感じますが、実はカバーのサイズはほぼ同じ。フレームのサイズが少し高いので、大きく見えるだけです。

左のワークマンの方が、角度がなだらか。右のフィールドアはやや急。

ちなみにこの違いは正直あんまりわからないのですがw、意外とワークマンの方が座りやすいかも・・・?と感じました。すっぽりと収まる感が強いですね。

フィールドアは3,960円とワークマンと比べると高いですが、いいところは、

・カバーの柄がポップなものから木目まで多彩

・フレームがアルミ合金で軽い(約1kg)

・確実に在庫がある(ワークマンは入荷数少ない)

ということですね。

 

 

フェールドアのチェアについては、過去記事をご覧ください。

]

YouTubeでも徹底紹介

 

チェアについてですが、ブログと同時にYouTubeでもレビュー公開!いかに私がうんうんん言いながら苦労してチェアを組み立てている所がわかるかと(;’∀’)


スポンサーリンク



ワークマンのコンパクトローチェアは買い!

 

というわけで、結論です。

ワークマンのコンパクトローチェアは買い!

です。

やっぱり安いですよ!実際に座ってみて、しっかりしてましたし、デザインもよし。ただ1.8kgと重いことが唯一のネックでしょうか。あと非力な人は、最初の生地が伸びるまでの組み立てが大変なこと。ただこの安さならそれも乗り越えちゃいますね。

1月下旬~2月上旬に発売とのことです。入荷情報は、店舗さんが独自に発信しているInstagramなどをチェックするのがおすすめです!

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

 

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事