本・雑誌

雑誌「PEAKS(ピークス)」付録のビッグフライパンを使ってみた【2020年7月号】


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。

登山雑誌「PEAKS(ピークス)」の2020年7月号付録、オリジナルビッグフライパンをゲットしました。ステンレスでしっかりしており、取っ手を畳むことができるため、キャンプでも活躍しそうです。さっそく料理もしてみました。では詳しくどうぞ。

PEAKS付録オリジナルビッグフライパン

 

「PEAKS」を購入したのは実は初めて。存在自体は知っていたんですが。ガチの登山をする人向けの雑誌ですね。

さっそく、どんな付録なのか見ていきましょう。こちらです!

あら、美しい(*’ω’*)

思いのほかしっかりとした厚みのあるフライパンです。ビッグと名が付いていますが、雑誌の付録としては・・・という感じでしょうか。

ちょうど私の手のひらを広げたくらいのサイズ。直径は17.5cm。ファミリー家庭で使うフライパンが26~30cmくらい。ほどほどに使いやすそうなサイズ。

取っ手はくるりと側面に収納できるので、キャンプでもかさばらずよさそう。我が家はキャンプの時、大きめのフライパンを常備してるんですが、「う~ん、ソーセージをちょっと炒めたいだけなんだけど・・・」なんて時にちょうどいいかと。

コンパクトなだけでなく、軽いので炊事場に持っていくのも便利そうです。

山の刻印もかわいい。これ、ホットケーキ焼いたらきれいに映るのかな?

スポンサーリンク



さっそくPEAKS付録フライパンで調理

 

さっそくフライパンを使ってみました。ちょうど夕食で副菜がほしかったので、冷蔵庫にあったがんも?厚揚げはんぺんみたいなやつを適当に切って、ごま油で炒め、しょうゆとマヨネーズと青のりをかけるという2~3分料理。

ものすごい適当なレシピですが、なんとか仕上がりました。意外とおいしかったです。テフロン加工などしていないため、少し食材がくっつきました。でも許容範囲かな。

スキレットと違い軽いし、シーズニングがいらないのもお手軽(‘ω’)ノ ま、スキレットはスキレットの良さがありますが。

あと、フライパンのままテーブルに出しても見栄えがするのはいいですね。手間も食器も汚さなくて済みます。まさにキャンプ向きかも。

使用後のフライパン

 

使用後のフライパンは、やや変色しました。

うす~く茶色になります。裏側も。

これもまた、味になっていくのでしょう・・・

念のため、注意書きも載せておきます。金属だわし、クレンザー使用不可。電子レンジやオーブンも使えないので注意。揚げ物もできません。食洗機も不可。

ネットよりも実店舗がおすすめ

 

実はですが、すでにAmazon・楽天では在庫切れで高値になってしまっています(´;ω;`)ウッ…

 

私は街の本屋さんで購入。普通にたくさん平積みされていたので、実店舗での購入がおすすめです。

雑誌の内容はというと、やはり登山メインですが、きれいな山の風景が見れたり、リュックの荷物一覧公開とか、あと初心者が動画をいかに撮るのかみたいな企画もあり、キャンプとは関係ありませんが個人的には内容も楽しかったです。

普段見ない雑誌を見る楽しさ・・・みたいな。

ではまたね~。


★twitter↓

 

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

 

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

 

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
関連記事