スポンサーリンク

キャンプに飽きた。。。そんなキャンプスランプ克服のために、伊東のホテルに宿泊しました。

こんにちは、サリーです。

雪が溶けたと思ったら今度は週末にかけて最強寒波が来ているとか。うう、早く暖かくなってほしい。

キャンプに飽きた!?

さて、2017年12月のこと。。。

私は、キャンプに飽きていた

いや、飽きたとは違うのかもしれません。疲れたという言葉が近いでしょうか。秋から毎週キャンプに出撃していて、楽しくはあったものの、慣れと疲れが出てしまったのです。さぁ、今週末はどこ行く~!?とウキウキのダンナさんへ一言。

「キャンプに行きたくない」

言いました。

まさかこんなこと言うようになるとはねぇ。でも毎日大好物食べてたらたまには違うものも食べたくなります。そんな感じ。

食材を事前に買い出しに行ったり、荷物つめたり、帰宅したら洗濯物片付けたり、マットを干したり、荷物片付けたり。。。我が家はダンナさんが単身赴任なので、そういうもろもろを全部私がしなくちゃいけないんです。これってけっこう負担。

さらに、キャンプに行けば基本食事の仕度は私だし。(最近は率先してダンナさんにおまかせするようになりました)

うん、これが毎週となると、好きでやってることとはいえ疲れるんです。

キャンプスランプ克服のために

かといって、自宅でのんびり過ごすのもつまらない。これは。。。旅行だっ!ホテルに泊まろう!!ビバ非日常!!

でも、普段のキャンプ料金に慣れているとホテルが高い。キャンプなら電源サイトで5000~8000円+食材で済みますが、ホテルだと大人2名で約2万、幼児2名で1万くらい?で約3万。食費が含まれているとはいえ、やっぱり高い。

記念日とかなら奮発もしますが、ただキャンプスランプ克服のためだけに数万払うのはちょっと。。。と躊躇しました。でもですよ、私には強い味方がいたのです。

楽天ポイント

そう、楽天ポイントが貯まっていたんです。楽天トラベル経由で予約すれば、ホテルでもポイントが使えます。ひゃっほー!!

ホテルを選ぶ

とりあえず、場所は伊豆方面。あまり南伊豆の方だと行くのも大変なので、伊東~東伊豆あたりでホテル検索。2食ビュッフェでそんなに評価も悪くない所。

大江戸温泉グループ 伊東ホテルニュー岡部。

平日の利用で、ファミリー割プランで小学生未満はこども無料プラン。大人1人11,200円で2人で22,400円。さらに楽天ポイントが1万円分ほどあったので、実質11,400円で家族全員宿泊できました。

いざ、伊東へ

さぁさぁ、出発です。伊東マリンタウンにある伊豆高原ビールというレストランで昼食を取る前に、こども達をどこかで遊ばせたい。。。どこかいいところないかと思って車を走らせていると、遊具発見!

滑り台多数の魅力的な遊具。熱海から伊東の間にある「長浜海浜公園」です。駐車場も無料です。もうね、こどもおおはしゃぎ。

小さい子向けのコーナーもあります。

ほんとこの公園、遊具豊富だし、無料だし、たぶんこれから伊豆旅行の時は必ず毎回立ち寄ることになるかと。


スポンサーリンク



伊豆高原ビールでランチ

伊東マリンタウンは道の駅。トイレはもちろん、売店やレストランも多数。毎回伊豆に行くと立ち寄ります。ランチは伊豆高原ビールにて。

かき氷のような海鮮丼w

もうね、ボリュームたっぷり。私は大食いなので全部食べましたが、隣の席の草食系男子(彼女とクリスマスデート中)は、食べるのに苦戦していました。

こども用メニューもありますが、、、

小さく見えますが、けっこうずっしりご飯が入っていました。ていうか、私の丼がこんなに大きいなら3歳の次男とシェアすればよかったです。つい旅行先で、財布のひもがゆるみました。。。

小室山へ

その後、小室山へ。リフトに乗ってまずは頂上へ向かいます。5歳の長男がこわがって、変な格好でダンナさんにしがみついています。

頂上では海が一望できます。気持ちいー!!

頂上からは歩きで下ります。というのも、途中にある遊具広場がお目当てだったのです。海が見える高台で、大人も景色を楽しめました。

12月なのに桜が咲いていました。たしかコムロほにゃららサクラ。適当。

公園内には恐竜が多数。恐竜マニアの息子たちにはたまらないようで、「ティラノサウルス!プテラノドン!」など図鑑の知識を総動員させていました。

ホテルニュー岡部へ到着

16時頃、ようやくホテルニュー岡部へ到着。普通の住宅街にどかんとホテルが建っています。

お部屋は和室にしました。10~12畳くらいの広めのきれいな和室。お布団はすでにはじっこにスタンバイされています。この方が途中で旅館の人が入ってくるより気兼ねしなくてよかったです。

部屋からの景色は、なにしろ普通の住宅街ですので景観がいいわけではありません。こういう立地のおかげでリーズナブルに泊まれるのかもしれません。

温泉へ

温泉の写真は公式サイトからお借りました。

本館と別館に2か所お風呂があります。露天風呂からも眺望はなし。別に悪い所はなく、普通にいいお風呂でした。ただ、キャンプしていると、いろんな日帰り温泉に行くことが多いので、逆に特筆すべき所がなかったともいえます。

ただ日帰り温泉と違ってうれしいのは、湯上りに他の人の視線を気にせず、自分の部屋でだら~っとできることでしょうね。これは最高!

夕食

夕食はバイキング。

天ぷらやお寿司。

食事は種類も多く満足。ここの目玉は、金目鯛のお刺身↓

出典:公式サイト

旅行前にクチコミを見ると、刺身がこういう舟盛りじゃなくて、小鉢でがっかりした!というレビューが多かったんですが、私が行った時はちゃんと舟盛りでした。時期によるんでしょうね。金目の他にもいろいろお刺身があって、たくさん食べました。

種類も多く、お味も悪くないのですが、難点は人が多く常にざわついていること。食事会場が広く、食堂のようなイメージもあり。バイキングでもゆったりしているホテルもあるので、これはちょっと残念ですかね。とはいえ、お値段も安いですからあまり文句は言えません。

お部屋へ

無料でおもちゃの貸し出しがあるのがうれしかったです。スーパーマリオのぐらぐらゲームを貸してもらいました。

これ、意外と楽しめました!倒れないようにするという本来の遊び方はもちろん、キャラひとつひとつがちゃんとしたフィギュアなので、ごっこ遊びもできたり。。。キャンプ用に買おうかなと思ったほど。いつかポチると思います。

そんなこんなで夜は更けました。

翌朝

翌朝はクリスマス当日。起きると枕元に、仮面ライダービルドのベルトが!

大喜びでした。ちなみに次男はプラレールでした。サンタさんも伊東まで出張おつかれさまです。


スポンサーリンク



ぐらんぱる公園へ

チェックアウト後はぐらんぱる公園へ。できるだけ無料のコーナーで遊びます。長~い滑り台は大興奮。

この遊具もやりたかったけど、朝方の雨で濡れているため使用不可でした。残念。

トランポリンも無料!

ボルダリングにも挑戦。

個人的におすすめはアスレチック広場。

本格的なアスレチックがたくさんあり、ここで一番遊びました。

↓この乗り物を20回くらいやる羽目に。。。

まとめ

そんなわけで、珍しくホテル宿泊をいたしました。いや~、楽だった。。。食事の仕度、後片付けがないだけで楽ちん。そして、トイレ水道も部屋にあるw

ものすごくリフレッシュしました。

便利で快適であると同時に、キャンプの部屋を出たらすぐ大自然、というあの雰囲気が懐かしくもあり。すぐにキャンプ熱復活!年末のゆめ牧場へとつながりました。というわけで、キャンプスランプになったらホテル泊おすすめです。



↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする