キャンプグッズ

我が家が冬キャンプで薪ストーブを使わない・買わない理由


こんにちは。ママキャンププランナーのサリー()です。

かなり頻繁に冬キャンプに行っているのですが(残念ながら今シーズンは厳しいですが)、友人から「薪ストーブは使わないの?」と聞かれたことがあります。今回はなぜ我が家が薪ストーブを買わないのかの理由をお話します。

薪ストーブはかっこいい

冬の寒~いキャンプ場に、にょきっと伸びた煙突、ああ薪ストーブのあるテントとか、最高じゃないかーーー(∩´∀`)∩

これが本音。ほんとは薪ストーブ導入したい。だってめちゃくちゃ暖かいし、極寒では外で焚き火するの嫌だけど、薪ストーブならテント内でぬくぬくと炎を楽しめるじゃないですか。最高か。

我が家は薪ストーブを持っていません。でもキャンプ場によっては、無料で貸し出ししてくれたり、コテージ内に薪ストーブが付いていて、何度か使ったことがあります。

いいないいな、なんかかっこいいからほしいな~!という思いは強いです。ただ踏み切れない気持ちが多いのも確かなのです・・・。

薪ストーブを導入しない理由

 

導入しない理由はいくつかあります。

・テントの改造がめんどくさそう

・メンテナンスが大変そう

・薪を安く入手できないから、コストがかかる

・石油ストーブ(フジカ)が便利すぎる

ひとつずつ書いていきます。

テントの改造がめんどくさそう

 

薪ストーブには煙突が付いてます。テント内で使うとなると、テントに煙突用の穴が必要になります(テントの形状によっては、穴を開けなくてもいい場合もあります)。

こういうのって、自分でDIYするわけですよね・・・夫婦そろってそういうのが苦手。まぁ穴を開けるのは1度でいいわけですが、うまくできる気がしません( ノД`)

スポンサーリンク



メンテナンスが大変そう

 

長く使えば、煙突の内側にはススが付くし、ストーブ内にも灰やススが溜まります。こういうお掃除って、キャンプ好きでギアを大切に使う人には楽しい作業かもしれませんが・・・これまたメンテナンスも苦手な夫婦です( ノД`)

火を使うランタン系も、ガラスにススが付いてもず~っとそのまま放置の夫婦ですから。たぶん薪ストーブとかずーーーっと掃除しないことが目に見えています・・・

薪が高く、コストがかかる

そしてなんといってもこれ。薪が高くて、コストがかかること。

薪ストーブを持っている方って、独自に安く薪を入手できるルートがあるらしいのです。うらやましい~。

そんなルートなど持っていなければ、キャンプ場やホームセンターで買うわけになるわけで。しかも薪ってかさばるから、キャンプ場で買うことが多いのかな。キャンプ場によっては、広葉樹の薪1束で1,000円なんてところもあり、しかもたぶん1束じゃきかないですよね。。。

その点、石油ストーブは灯油は安いし、全国どこでもガソリンスタンドで購入できる安心感があります。薪に比べて場所も取りませんしね。

我が家では5リットルサイズの灯油缶を常に車に入れており、出先で補充しては使っています。以前は自宅に18リットルを保管して、なくなる度に詰め替えていましたが、5リットルだと持ち運びもしやすく、重い灯油缶を自宅まで運ぶ手間もなくなりました。

5リットル缶はなぜかAmazonでは超おしゃれだけど、高いものが多い・・・

created by Rinker
hunersdorff
¥1,650
(2021/02/25 12:02:10時点 Amazon調べ-詳細)

おしゃれではありませんが、普通の赤いポリタンク型でよければ、ホームセンターで500円以下で買えます。

石油ストーブ(フジカ)が便利すぎる

あと石油ストーブが便利で使いやすくて、しかもそれで特に問題もないという。

我が家ではフジカハイペットという、非常に熱量が高いストーブをキャンプ用に持っています。

このストーブはとても人気があり、受注生産です。2017年に注文したときはわりと早めに届きましたが、今はもんのすごく待たされるという存在になってしまいました。出世したね・・・

まぁ人気とあって、やっぱりめちゃくちゃ暖かいです。さらに我が家はこれに電気カーペットも併用しますから、寒いから薪ストーブほしい、とはならないのです。

※テント内のストーブ使用は自己責任です。しっかり換気の上、就寝時は消しましょう。

スポンサーリンク



それでも薪ストーブは気になる!

というわけで、今回は薪ストーブを使わない理由について書いてみました。

書いてみたものの・・・でも薪ストーブならではの良さもあるんですよねぇ。なんといってもかっこいいですよ、ほんと!

しばらく導入する予定はありませんが、気になるものを載っけて終わりにしたいと思います!ではまた~。

created by Rinker
ホンマ製作所(Honma-seisakusyo)
¥10,500
(2021/02/25 11:45:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

★YouTubeもやってまーす。見てくださいな↓

広告

↓ちょっとキャンプ行ってくる。オリジナルグッズを作りました!↓

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事