キャンプグッズ

軽くて防水!コーヒー“かす”を再利用したサスティナブルなレインブーツ ccilu PANTO【PR】


こんにちは。2児のママキャンパー、サリー()です。キャンプの情報を発信するお仕事をしています。

今回は「かわいい・防水・軽い」しかも1足につき15杯分のコーヒーかすを再利用して作られているため、環境にも配慮されたccilu(チル)の防水シューズPANTOを2種類ご紹介します。

防水なのでキャンプにも、雨の日の街歩きにもぴったりです。では詳しくどうぞ!

※メーカー様より商品提供を受けています。

ccilu(チル)のレインシューズPANTO

ccilu(チル)のレインシューズPANTO、実は以前クラウドファンディングで一般発売前に支援プロジェクトがあり、なんと目標金額の1400%となった人気シューズなのだそう!

実物はどんなシューズなのかな~わくわく♪

わっ、このシューズを包んでいる薄紙、コーヒー豆の絵が描いてあってかわいい。

どちらも男女共用でサイズがあり、左がハイカットタイプのPANTO-PAOLO(夫のハマさん用)、右がロータイプ(私用)のPANTO-RIOです。

いつもはいかにもアウトドアと言うようなごつめの防水シューズや長靴を履くことが多いので、こういうかわいらしいおしゃれなシューズはテンション上がります!

カラーは後述しますが何色かあって、ハマさんはコーヒーっぽいブラウン、私はカフェラテのようなカラーをチョイスしました。

ちらりと見えるcciluのタグもかわいい。

ちなみに、このように靴は2層になっています。外側がコーヒーかす+EVA防水素材。そして内側にはコーヒー繊維でできた布素材(さわり心地はウエットスーツのよう)。ちなみに下図はわかりやすく表示しているだけで、実際には内側の布部分は分離しません。

画像出典:ccilu公式オンラインショップ

これを見てわかる通り、いろいろな部分にコーヒーかすが使われています。1足あたり15杯分のコーヒーかすが再使用されているそう。今、エコな商品に注目が集まっていますが、それ以外にもコーヒーの特性として、消臭や除湿性もあるのがうれしい。

いわゆる長靴のような防水シューズだと、ゴムで足にすれて痛かったり、歩き心地が悪くなったりしますが、cciluの防水シューズは内側の生地にクッション性があるから、足にフィットするし蒸れも気になりませんでした。

靴底は「あれ?刻みが少ないから大丈夫かな?」と思いましたが、2日間のキャンプ中にひやっとする場面はありませんでした。

なんでも2種類のグリップソールを組み合わせているため、強いグリップ力なのだそう!

そしてなんといっても、私が持っている他の防水シューズに比べて、ダントツに軽いのです。測ってみたところ(土台のダンボールは抜かして)、両足で521g。

実は私、重い長靴が苦手。土砂降りなら仕方なく履きますが、小雨程度なら通常のスニーカーを履いていました。そして後で濡れて気持ち悪くなるという・・・( ;∀;)。

cciluのシューズは軽いので、「あっ今日これ履いちゃおう~♪」と選ぶ場面がとても増えました。昨日も小雨で買い物行くとき、このシューズ履いちゃったもんね。

そして軽いだけではなく、こんなに柔軟性もあります。たまに、すご~く固い長靴もありますが、足が痛くなることも。cciluのシューズは柔らかいので、普通の靴のように気にせず歩けます。

スポンサーリンク



雨キャンプで2日間履いてみた

さて、先日ちょうど雨キャンプでした。降り方としては、小雨~本降りくらい。cciluのレインシューズを1泊2日履いてみました。

下は比較的水はけは悪くありませんが、泥・・・ところどころには水たまりも発生。普通の靴を履いていたら大変なことになってたかも!

しっかりと水を弾いているのがおわかりでしょうか。さすが防水。

ちなみにこの靴紐の間の生地部分は防水ではありません。が、この時は風がなく、炊事場やトイレに行く際は傘を差していたので、この布部分の濡れは染みるほど気になりませんでした。生地の厚みがあるせいもあるかもしれません。

よほどの土砂降りでなければ大丈夫かと思います。

↑食器洗いのシンクではなく、ペグなどの泥を落とすためのシンクです。ざぼっと漬けてみましたが、もちろん防水!濡れませんよ~。

ただ、色が明るいこともあり、泥はねが気になります。そんな時はキッチンぺーパーで・・・

左がささっとふき取った方。右は泥はねの状態。お手入れもささっとできるのがうれしい。雨の日に履くのはもちろんですが、翌日晴れでも地面のコンディションが悪い日には、汚れを落としやすくてすごくいいかも!

ちなみに私はまだ試しておりませんが、なんと洗濯機でまるごと洗えるそう!100回洗っても色落ちや変形がなかったそうです。すごい~。

ただ表面はささっと拭けばとてもきれいになるので、わざわざ丸ごと洗いすることは少ないかと感じました。

2日目は晴れたのですが、長靴のようなデザインではないため履いてても恥ずかしくないし(むしろかわいい)、蒸れることもなく快適に過ごせました。

スポンサーリンク



cciluの防水シューズはかわいい♪

このシューズ、とにかく見た目がすごくかわいいです!シンプルながらも、コロンとしたシルエット。茶系のコーデにぴったりです。

ローカットだとカジュアルに履ける感じ。夫が履いてるハイカットはブーツっぽく、秋コーデにもよさそう。あとハイカットの方がローに比べると足首部分が濡れにくくなります。

うーん、ハイカットのブラウンもほしいよぉ!ロングスカートと合わせてもかわいく履けそう。

替えの靴紐付き。同系色でまとめても、アクセントに違う色を付け替えてもかわいい(*’ω’*)。

スポンサーリンク



ここだけちょっと惜しい!な所

最後にちょっと惜しい点も正直に書かせていただきます。それはさっと履けないところ。

キャンプをしていると、どうしてもテントへの出入りで靴の脱ぎ履きするタイミングがあります。残念ながらさっと履こうとしても、内側の布が下がってしまい、手を使わずには履けませんでした。

毎回、指でぐいっと履く動作がちょっと面倒ではあります(;’∀’)

とはいえ、軽くて防水、おしゃれというメリットの方が大きく上回ります!

cciluの防水シューズのカラーバリエーション

現在、ccilu楽天店ではこちらのカラーが揃っています。どのカラーも23~28.5cmというサイズ展開。

↓こちらはロータイプ。

↓こちらはハイカット(ブーツ)タイプ。2色です。

私はパンプスなら23.5cm、スニーカーなら24cmを履くことが多いので、今回はロータイプ24cmを選びました。最初「あれ?少しきついかな?」と思いましたが、履いているうちになじみました。

夫は27cmなのですが、27cmというサイズがなく27.5cmをチョイス。結果的にジャストサイズだったそうです。

普段のスニーカーサイズをジャストで選ぶか、0.5mm大きいサイズだとゆとりをもって履けるかと思います。

スポンサーリンク



cciluの防水シューズPANTOで雨の日が楽しくなる

というわけで、今回はccilu(チル)の防水シューズをご紹介しました。

・デザインがおしゃれ

・防水なのに軽い

・コーヒーかすを再利用してサスティナブル

キャンプではよほどの土砂降りでなければ、防水シューズとしての機能はしっかり果たしてくれますし、なによりタウンユースで雨の日にヘビロテになりそう。

ぜひチェックしてみてくださいね~(‘◇’)ゞ

 

★twitter↓

★instagram↓

https://www.instagram.com/sally1232015/

★YouTube↓

★ワークマン公式オンラインストアでコラム連載中↓

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

https://voicy.jp/channel/882

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事