キャンプ読みもの

snow peak(スノーピーク)の修理が神対応な件について話してみる。


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&公認ワークマン女子のサリー()です。

 

今回はスノーピークの修理について。今までテント、ソファカバー、チェアと3つ修理を依頼しましたが、どれも無料修理。修理の状況をオンラインで確認できて、しかも返送にかかる期間も短く、まさに神対応でした。では詳しくレポをどうぞ。

 

私はスノーピーカーではないのです

 

スノーピーク。キャンプギアメーカーのAppleとも言えるでしょう。シンプルなデザイン、Made in Japanの高い品質。もちろん価格も他メーカーに比べるとかなりお高め。それでも惚れこむファンがたくさんいて、「スノーピーカー」なんて呼ばれてます。

 

で、私はどうかというと、スノーピーカーではありません。物はいいのがわかってるけど・・・やっぱり高いんだもん。お値段手頃なキャプテンスタッグもコールマンもすきですし、スノーピーク商品については「どうしてもスノピでしか販売していない商品」に限り持っているという感じ。

 

我が家のスノピ商品、3点

 

・テント(ヴォールト)

 

 

・ローチェア30

・ソファ(ラックソット)

 

ざっと挙げてみても、持っているスノピ商品はこれくらいです。ラックソットに至っては、ちょっと自分たちの使用環境に合わないから、トレファクスポーツさんに買い取りしてもらっちゃったけど・・・

 

関連記事:トレファクスポーツに出張買取してもらった!

溢れたキャンプギアを、まるっと出張買取してもらいました!トレファクスポーツ買取体験レポ【PR】 こんにちは。毎週キャンプに出撃している、汚部屋キャンパーのサリー(@chottocamp)です。 そう、実は私...

 

 

そんなわけで、「スノーピーク大好き!」というほどでもない私ですが、3回修理に出して、その修理があまりに神対応だったのでちょっと心が傾きました。

 

スノーピークは製品に絶対の自信があるため、保証書がありません。つまり保証期間なく、通常の使用において破損があったら、期間が経っていても無料で修理しますよ、とうたっています。え~ほんと?ってほんとでした。
スポンサーリンク



最初はテントを修理

 

最初の修理は、テントのヴォールトでした。5月か6月だったんですが、こんな霧の中でキャンプしたんです。

 

 

夜にはものすごい豪雨となり、雷も。すると、テント内部が・・・

 

 

うひゃーすごい水滴。下にぼとぼとと落ちてくるほど。この時、あまりキャンプ経験がなかったので「新しいテントなのに、雨漏り!?」と思ってしまいました。

 

実際はこのキャンプ場、1,200mくらいと標高が高く、テント内と外の気温差が激しく、結露だったんです。いや~経験不足。なんとなく結露って、冬にしか起こらないと思ってたんです。しかもものすごい豪雨だったので、これはもう修理しかない!とスノピに依頼しました。

 

修理は電話でもいいし、ネットからも依頼できます。個人的にはネットからの方が画像もUPできるので修理箇所を依頼しやすいかと思います。

 

「全体的に雨漏りがある」ということで依頼すると、商品を着払いで送付してすぐに、なんと修理担当者さんからお電話を頂きました。

 

「今テントを張って、同じ状況を再現してみたんですが、お客様が言われるように全体的な雨漏りは確認できなくて・・・たぶん結露だと思います。ただ全体ではなく、たしかに一部に防水処理してない箇所も発見しました。申し訳ございません。こちらの箇所については再度防水加工することで対応させていただきます。」

 

とこんな感じでした。これ、わざわざ電話くれたことがうれしくて。普通のメーカーならどんと返送してきて、同封のプリントに「雨漏り発見できず、結露かと思います。一部修理済み」で終わる案件かもしれなくて。うわ、ちゃんとこちらの意見を聞いて、対応してくれた!となんだかうれしくなっちゃったんですよね。

 

こちらについては、もちろん送料を含め、すべて無料での対応でした。
スポンサーリンク



ラックソットの修理

 

ラックソットはね、購入して初めてカバーを洗おうと外したら、なんとファスナーが壊れるという。これはちょっと・・・

 

で、スノーピーク店舗で聞いてみたら「今修理混んでて、2週間くらいかかるかもです~」と言うので、まぁファスナー壊れててもいいかと放置してたんです。で、トレファクスポーツさんに買い取りしてもらう段階になって、売る前にファスナー直しておこうかなと。

 

店舗ではなく、ネットで申し込みして着払いで発送。翌日、到着連絡とファスナー調整の連絡がメールで来て、あっという間に修理完了。早!!

 

ローチェア30の修理

 

最後にローチェア30の修理。金具がさ、なんか抜けちゃうようになってしまったんです。

 

 

1年以上前に購入して、毎週使ってるチェア。これはもうさすがに、有償修理かなと覚悟してました。「修理金額の見積もりを見てから修理する」「修理金額〇円以内ならすぐに修理を開始する」って項目があったんですが、できるだけ早く使いたかったので、3,000円以内で修理を選んで申し込みしました。

 

有償になるかなと思ったので、宅配送料を請求されるのもいやなので、店舗に持ち込みました。

 

 

店員さんいわく「ちょっとお盆明けで修理案件がたまっていることもあって・・・3週間~1ヵ月くらいかかるかもしれません」とのこと。ええ、そんなに待つの!?うち毎週キャンプなんだけど・・・仕方ない(´;ω;`)ウゥゥ

 

そして翌々日、修理センターにチェアが到着した連絡と、チェアの部品が破損していたこと、よって今回も無償修理になります、とオンライン上で連絡がきました。通常の使用による不都合は、無償修理は本当だった・・・!

 

あ、ちなみにチェアの座面の火の粉で穴が開いた部分の修理などについては、こちらの不注意によるものなので有償になるそうです。我が家はこれも味と思って直してません。

 

で、結局3週間どころか、4~5日後にきれいに直って戻ってきました。これからも大事に使うよーーー!
スポンサーリンク



まとめ

 

無償修理、ネットで簡単に依頼でき、しかも修理の状況が詳しくオンライン上で確認できる。ここまで修理に対してすぐに動いてくれて、しかも基本無償修理っていうのは・・・やっぱりスノーピークだけな気がします。

 

今まで高いと思っていたけど、長く使うことを考えると、長い目で見たらお得かもしれません。というか、お得や損を抜きにしても、こういう企業のファンになっちゃいますねぇ。

 

というわけで、新しいテント「ランドロック」のアイボリーすてきやなぁ。。。この神対応に乗じて、買ってしまうか!?価格はどれどれ・・・

 

 

ぐふっ。

 

 

まだまだスノーピーカーにはなれないです、私。。。

 

おわり。

 

 

 

 

関連記事:ヴォールト、購入レビュー

「ヴォールト」スノーピークの新テント購入レビュー。エントリーパックTTは初心者キャンパーに最適! こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 先日、スノーピークの2018年4月に発...

 

 

 

↓Voicy「ちょっとキャンプ行ってくるラジオ」

サリーの生声が聴けます!8回目「夏キャンプを涼しく過ごすアイデア」を更新しました。

https://voicy.jp/channel/882

 

 

アウトドアメディア「ハピキャン」でライターやってます。「サリーおすすめ、寝袋の下に敷くマット」記事が掲載されてます→こちら

 

 

あなたの”選ぶ”をお手伝いするサイト「mybest」で、サリーおすすめファミリーキャンプグッズ10選が掲載されています→こちら

 

 

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

ABOUT ME
サリー
6歳と8歳のママキャンパー。週1でキャンプに出撃。2019年は約60泊。ブロガー・ライター・YouTuber。公認ワークマン女子として、製品開発やテレビにも出演しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事