スポンサーリンク

「つ、疲れた」初めての父子キャンプレポ。次男池に落ちる、グズグズ、遊園地で大散財の巻


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。

今回はダンナさんが、初めての父子キャンプに挑戦!まだ4歳次男のイヤイヤが激しいため、テント泊だと設営が難しそうなので、コテージ泊です。遊園地で遊び、温泉に行き、コテージに泊まり、また翌日は遊園地で遊ぶ。旦那さんは「父子キャンプの自信は付いたけど、、、疲れた」とのこと。では本編をどうぞ。あ、キャンプというよりただの旅行記とも言えますw

私は朝からキャンプのお仕事

なんで父子キャンプをすることになったかと言うと、私がキャンプ関係のお仕事で、早朝から夜まで一日仕事だったんです。朝4時半に起床。。。早。

6時半。人もまばらな銀座に到着。

タクシーで晴海埠頭へ移動。さらにここからキャンプ場へ移動。

寒波とバッチリ遭遇してしまい、かなり寒かったです。よく考えたら、冬キャンプって基本テントにストーブ入れてぬくぬくするから、こんなふうにずーっと外にいることってあまりないんですよね。。。焚き火の周りにできるだけいるようにしました。
スポンサーリンク



ダンナさんは相模湖プレジャーフォレストへ

一方ダンナさんはというと、6歳と4歳のふたりを連れて、相模湖プレジャーフォレストへ。ここにはパディントンベアキャンプグラウンドというキャンプ場が場内にあるのです。3回目の訪問で、最初はトレーラーハウス、2回目はテント泊でした。今回はログキャビンデラックスを予約。

キャビンのチェックインは14時なので、先に遊園地の入園口へ。ここでチェックイン手続きができます。宿泊料金を支払ったレシートを見せると、当日と翌日の二日間、入園が無料となります。

無料でもがっつり1時間くらい遊べるアスレチック「ピカソのたまご」。ここ来ると毎回、これやります。

ここでがっつり満足させて、有料アトラクションは少しにする。。。というのが節約のポイント。ただ今回私がいないということもあって、あまりお金を気にせずアトラクションへ行ってしまったそう。しかも4歳次男はまだ付き添いしなくちゃいけないから、必ずダンナさんもセット。子供二人でアトラクションできれば、大人料金浮くんですけどね~。

このアスレチック。奥の池に次男落っこちて、靴下と靴がびしょぬれに。。。この寒い日に何やってんのーーーΣ(・□・;)

スポンサーリンク



パディントンベアキャンプグラウンドのログキャビンデラックス

宿泊したのはログキャビンデラックス。デラックスという名前がついてはいますが、グレード的には下から2番目の小さいキャビン。

駐車場は別のところにあって、少し歩くそう。荷物は少なめがおすすめ。

内部には2段ベッド、寝具、冷蔵庫。

冷暖房エアコンに、流し。

きれいなトイレ付でした。冬は特に、トイレのために外に出なくてするのでいいですね。

こどもたちは2段ベッドに大興奮!なんかこういうの、ほんとすきですよね~。ただ、ベッド以外のスペースはいうと。。。

ふとん一枚敷くスペースしかないそう。おおう、、、狭い。同じPICAグループのPICA西湖のコテージなんかは、同じくらいの値段でもかなり広かったのですが。ここは遊園地の入場料が混みになっているぶん、ちょっと割高ですね。

関連記事:PICA西湖のコテージで雪の宿泊

冬のPICA西湖でコテージ泊!焚火イベントと雪遊び♪
こんにちは、サリーです。 先週、冬のPICA富士西湖に行ってきました。この季節は雪があるので、富士五湖方面は避けていた...

あと注意点として、基本的に料理はコテージ内ではできません。火器厳禁となっています。テラスも狭くてできません(料理ができるキャビンもあります)。今回は、施設内にある相模湖温泉うるりの中の食事処で夕食にしたそうです。
スポンサーリンク



相模湖温泉うるり

↑11月に行ったときの写真

車で移動が必要ですが(キャンプ場から30分おきに無料バスも出ています)、施設内に温泉うるりがあります。タオル類もついてきます。宿泊者はレシートを見せることで、数百円の割引があります。

次男の肌荒れがひどく、少しでも熱いと「痛い!入らない!」で大変だったそう。私と入るときもいつも苦労します。で、露天風呂に行ったら寒すぎて、痛いよりも寒さに負けて入浴したらしい。一度入っちゃえば、平気なんです。それまでが大変。

お風呂でさっぱりした後は、ここでさくっと夕食。遊園地、温泉、ご飯処、キャビンがまとまっているのって、ほんと父子キャンプに最適。

またキャビンに戻ってきました。奇跡的に、次男のイヤイヤは一切なかったそう!遊園地がよっぽど楽しかったんでしょう。次男が生まれてから、私と離れて寝るのは初めて。大丈夫かなぁと心配してましたが、日中動き回ったこと、2段ベッドがうれしいせいか、なんとひとりで寝たそうです。う、生まれて初めてや。。。

逆に長男は夜中に、「パパ~、寒いから一緒に寝てぇ」と潜り込んできたそう。そうそう、部屋が寒いぶん、エアコンですぐ暖まる一方、めちゃくちゃ乾燥したそうで。濡れタオルぶらさげておいたらしいです。就寝時にはエアコン止めた方がいいですね。我が家は自宅から湯たんぽ持っていって、ぬくぬくできたとのことです。

関連記事:充電式の湯たんぽが、自宅でもキャンプでも活躍!

充電式湯たんぽを買ってみた!冬キャンプ&節約に。蓄熱式ゆたんぽで防寒しよう。
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 湯たんぽっ...

一方サリーは、おひとり様居酒屋!

そのころ、私はというと。。。

いやなんかね、初めての仕事ですごく緊張&興奮してて、そのまま自宅に帰るのもな~って。どうせなら普段やったことないことに私も挑戦!というわけで、人生初のおひとりさま居酒屋へ。

食べログで店内や座席が広くて、カウンターがあるお店をチェック。あんまり狭いお店で常連さんだらけだとなんだか居づらいし。。。で、ここ地元なんですがほんと落ち着けました。キャンプ場のビールもおいしいけど、居酒屋のビールもうまいっ!!育児してると居酒屋自体あまり来れませんしね。

焼き鳥に、鮪とアボカド山芋の湯葉巻き。食べたいものを、自分のペースで食べられるって最高。。。!ちなみにひとりで何をしてたかというと、ぼーっとしたり、スマホいじってましたね。twitter見ながらぐびぐびとビール。まわりからはさみしい人に見えてたかもしれないけど、そんなの関係ねぇ!
スポンサーリンク



翌日

翌日、ダンナさんと子供たちは9時半に起床。朝食は火を使わずにさっと食べられる、パンやジュースにしたそう。

10時にチェックアウトして、また遊園地へ。

またまた無料のピカソのたまご。で、これで帰ればいいものの、またアトラクションをしたそうで。。。2日間連続遊園地で有料アトラクションて、家計預かる私ならぜったいしない。しかし父子キャン、誰も止める人はいないのです。。。

そして、有料アトラクションよりも一番盛り上がったのがこれ。この無料の長い滑り台。初めて来た時もやったわぁ。

そして、こんなLINEが来ました。

滑り台を長男と一緒に滑りたかったのに、先に滑ってしまった。。。そんなささいなことで号泣したそうです。疲れ、お腹空いたとかのグズグズですね。遊園地を出て、ランチに向かいます。

近くのはま寿司。なんとここ、お寿司が回転しなくなって、注文オンリーになってしまったそう。たしかにその方が廃棄も少なくていいんだろうけど、やっぱり回転しててほしいなぁ。
スポンサーリンク



無事に父子キャン終了

そして15時頃帰宅。息子はふたりともニコニコで帰宅。でも次男はその後私にべったり~。こんなに離れてたことなかったもんね。よくもまぁこの甘えん坊が、私なしでなんとかなったものだと。意外と子供は強いということを認識。

ダンナさんは「あ~~~、疲れた!」と。わはは。子連れでしかも2日間遊園地はそりゃ疲れるわ。「でもなんか自信付いた!今度はテント泊かな」とも。

ちなみに金銭的にいうと。。。ちょっともう少し考えてよ~と。宿泊料はしょうがないものの、2日間遊園地で、有料アトラクションはちょっと。2日目は無料アトラクションのみ、あるいは公園に行くべきよ~。

・キャビン宿泊費

・アトラクション代(2日間分)

・温泉代

・夕食代

とまぁ計算すると、私の今日のお仕事のギャラが飛びますやん。。。て感じだけど。私ものんびりとすきな時間にお風呂に入り、おふとんで漫画を読みながら寝て、すきな時間に起きるという夢のような時間を過ごさせてもらえてよかったです。こうしてブログのネタにもなったしね。

あーーー、私は今週キャンプ行けなかったから、今度の休みは絶対にキャンプ行きます!!

関連記事:パディントンベアキャンプグラウンド、テント泊した時のレポ

パディントンベアキャンプグラウンド。口コミ通りのヤバいキャンプ場なのか検証!プレジャーフォレストキャンプ場
こんにちは。2児の母で、毎週出撃しているママキャンププランナー、サリー(@chottocamp)です。 神...

おすすめ記事:ワークマンの裏アルミブルゾンが、ダウン並に暖かい!!

ワークマンの裏アルミ防寒ジャケットがダウン並にあったかい!冬キャンプで大活躍
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 またまたワ...

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする