スポンサーリンク

冬はキャンプに行けない?それならデイキャンプ(日帰り)に行こう!


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。

寒くなってきましたねぇ。こうなると、暖かい季節は一緒にキャンプに来てくれた家族も「寒いから行きたくない。」なんてことに。あるいは、年末で忙しくてなかなか1泊でキャンプするのが難しいことも。それなら、日帰りのデイキャンプに行こう!

デイキャンプの良さとは

デイキャンプの良さは何なの?というと。。。

1泊だと難しくても、日帰りだと行きやすい

年末というと、大掃除に学校行事、忘年会、親戚回りなどイレギュラーな出来事が増えます。我が家も今週は次男のクリスマス発表会で泊まりキャンプは行けず。そんな時でも、数時間予定に空きがあるなら、デイキャンプに行けちゃいます。

準備がお手軽。思い立ったらすぐ行ける

準備が楽です。泊まりとなると、衣類、キャンプ用品、食材と、前日から荷物の準備に追われます。デイキャンプであれば、とりあえず日中過ごすための防寒具と、テーブル&チェア、焚火セット、コンビニでお昼ご飯を買って行けばいいだけ。お手軽です。

ストーブや電気毛布などの冬用装備がいらない

冬のお泊りキャンプとなると、夜間と朝方の冷え込みがはんぱじゃありません。ストーブや電気毛布、ホットカーペットなどの装備が必要になります。日帰りなら、太陽の出ている日中だけなので、防寒具さえしっかりしていれば他に用意は必要ありません。

泊まりより料金が安い

あとありがたいことに、だいたい宿泊の半額くらいで利用ができます。ただ、中には高いキャンプ場もあるので注意。クリスマスにお正月と、なにかと物入りな季節なので、少しでも節約したいところ。
スポンサーリンク



冬のデイキャンプのコツ

はい、それでは冬のデイキャンプのコツ。

・料金が安いところを探せ!

・荷物は最低限に!

・食事はコンビニでよし!

・絶対に焚き火はやるべし!

料金が安いところを探せ!

まず、せっかくの日帰りなので料金が安いところを探しましょう。中には、4,000円とか宿泊とたいして変わりませんやん!みたいなところもあるので、事前にキャンプ場のHPをチェックですよ。個人的には1,000~2,000円くらいのキャンプ場が好みです。

神奈川なら、相模原市営の上大島キャンプ場なんておすすめです。日帰りなら10人まで1,000円!我が家もよく行ってます。。。。と思ったら、11月でクローズしてました(´;ω;`)ウゥゥ来シーズンは3月からだそう。

関連記事:上大島キャンプ場で、デイキャンプ!

焚き火をしたい!上大島キャンプ場で1000円デイキャンプ
こんにちは。2児の母で、毎週出撃しているキャンパー、サリー(@chottocamp)です。 相模原市にある上大島キ...

あとは、服部牧場もおすすめですよ。6名まで2,000円です。デイキャンプ場から、炊事場トイレがけっこう遠いけど、日帰りならアリかと。草原で雰囲気もよいです。こちらは冬も営業しているそう。

関連記事:服部牧場で、日帰りBBQしてきた。

服部牧場@神奈川県でデイキャンプ!キャンプデビュー家族とBBQの巻
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 神奈川県の愛川町にある、服部牧場にて日...

荷物は最低限で!

オートで車横づけにできるサイトならいいんですが、安いキャンプ場は駐車場から荷物を運ぶ必要があります。冬だったらタープなしで、

・テーブル&チェア

・焚き火グッズ(焚火台、薪、軍手、火ばさみ、着火剤、チャッカマン)

・昼食

・ガスコンロ(もし必要なら)

このくらいでいいかと思います。設営も撤収も楽ですしね。
スポンサーリンク



食事はコンビニでよし!

デイキャンプだと、大体11~17時くらいの利用時間が多いかと思います。意外と時間が短い。そこで、昼食はコンビニで買ってすませちゃうと楽です。おにぎり、サンドイッチでもいいし、もしお湯を沸かせるならカップラーメンとか。洗い物がでないものの方が楽です。

ちなみに昨日、平日デイキャンプに行ってきた時のランチはこんなんよ↓

さらに、お湯を沸かすのすらめんどくさかったので、スタンレーに自宅からお湯をいれていきました。すぐコーヒー飲めるし、楽々。

絶対に焚き火はやるべし!

逆に、デイキャンプで絶対にやってほしいことは、焚き火です。

外でごはん食べて、あたたかいコーヒー飲むだけでも確かに楽しい。でも、なんだか泊まりキャンプとは雰囲気が違うんだよなぁ。。。そんな気分をくるっと変えてくれるのが焚き火。もうね、焚き火をすればそれはもう立派なキャンプ。

ぼけ~っと炎を見つめているもよし、パチパチはぜる音を聴くもよし、動画で撮影してみるもよし。あたたまりながらtwitterするもよし。とにかく、焚き火ですよ、焚き火。

直火禁止のキャンプ場が多いので、焚火台は必須です。


スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回は冬だからこそデイキャンプに行こうというお話でした。昨日、日帰りで私も行ってきました。荷物少なめで!とか言いつつテントが建ってるのには理由がありますw。デイキャンプレポも今度書きますね~。

この季節はハードルが高いお泊りではなく、お手軽なデイキャンプがおすすめ。ぜひ皆さんも行ってみてくださいませ。

おすすめ記事:キャンプ好きなあの人にあげたい、5,000円以内のクリスマスプレゼント

キャンプ好きなあの人へあげたい!5000円以内のおすすめクリスマスプレゼント
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 もうすぐク...

おすすめ記事:毎週キャンプに行ってるけど、子供の習い事とかどうしてるの?

毎週キャンプに行ってるけど、子供の学校行事や習い事はどうしてるの?
こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー(@chottocamp)です。 毎週末、ど...

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする