スポンサーリンク

冬キャンプの味方「電源サイト」とは?どんな電気製品が使えるの?


こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。

今年の冬は、今までと違い土日でも本当にキャンプ場いっぱいですね。特に電源サイトのあるキャンプ場は、かなり前から予約で埋まってます。ということは、この冬初めて冬キャンプデビューをする人も多いのでは?そんな方に向けて、そもそも電源サイトとは何ぞや?って話をしたいと思います。

電源サイトってなに?

名前そのまま、区画にコンセントが付いていて、電化製品を使えるサイトです。だいたい、電源なしサイトに比べて、電源付きサイトの方が1,000円くらい追加料金を支払うことが多いです。

電源付きサイトは、電源なしサイトと比べて数が少ないことも。冬だと、電源なしサイトはガラガラだけど、電源付きサイトは予約でいっぱい!なんてことになります。

これは成田ゆめ牧場の予約状況ですが、電源サイトは満サイトに対して、電源なしサイトはたくさん空きがあります。どのキャンプ場もわりとこんな状況です。

じゃ、なんでこんなに電源付きサイトが人気なのかをお話していきます。
スポンサーリンク



電源サイトで使える暖房器具

普通冬キャンプをするとなると、冬用のダウン素材の寝袋が必要になります。寒いと眠れませんからね。。。ただ、このダウンシュラフ、かなり高いです。ダウンの量にもよりますが、暖房なしで寝るなら最低でも3万は出さないと厳しい感じ。これが4人家族だとしたら。。。シュラフで破産します(´;ω;`)ウゥゥ

あとは、石油ストーブがあるとかなりあったかいんですが、これもまた場所とりますし、お値段もそれなりにします(1.5万~5万円くらい)。なにより、小さなお子さんがいると火傷の心配もあるし、ちょっと心配。

でも、電源サイトならこんな暖房器具が使えます。

  • ホットカーペット
  • 電気毛布
  • セラミックヒーター(W数に注意)

電源付きサイトの1区画で使える電気使用量は、キャンプ場により異なります。だいたい1000Wか1500Wのところが多いかと思います。

ホットカーペットならだいたい750W、電気毛布は30W、セラミックヒーターは大型のものだと1200Wとかでギリギリです。ミニタイプの500Wくらいなら使えます。

秋~12月初旬まで、あるいは3月中旬以降であれば、これらの暖房器具があれば、石油ストーブがなくてもキャンプを楽しめます。

どんな風にホットカーペットを使うの?

冬はタープの下で過ごすのが寒いので、基本テント内でおこもりになります。となると、ツールームテント、もしくは大きめのテントが冬向きのテントとなります。

ツールームテントであれば、リビング部分にグランドシートを敷いて、その上に銀マット、そしてホットカーペット、最後にラグを重ねてお座敷スタイルにすると暖かいです。

お座敷スタイルの詳しい作り方はこちらの記事で↓

秋冬キャンプのお座敷スタイルの作り方。ラグやシートの重ね方、ラグの種類いろいろ。
こんにちは、サリーです。 今回は、秋冬キャンプでほっこり暖かく過ごすために、お座敷スタイルの作り方をご紹介します。我が...

寝室の防寒のやり方については、こちらの記事で↓

冬キャンプ、寝室の防寒対策は?ホットカーペットは寝室部分に移動させるの?
こんにちは。2児の母で、毎週出撃しているキャンパー、サリー(@chottocamp)です。 読者さまから「ツールー...

大きなテントの場合は、普通に室内に銀マットで防寒したうえで、ホットカーペットとラグを重ねるだけです。

↑ちなみにこれは3月の標高1000m近い富士吉田。雪も端にあるほど寒かったので、ホットカーペットを使用しつつ、石油ストーブも併用しました。真冬だと、ホットカーペットだけではしのげません。

テント内での石油ストーブの使用は、自己責任で!必ず換気を定期的にして、一酸化炭素警報器も用意しましょう。

我が家はすごくあったかい、フジカというメーカーの石油ストーブを持ってまして、これだけでもテント内がすごく暖かくなります。それでも寝袋は化繊のものなので、夜は電気毛布が必須なので、冬は電源サイトを使用しています。
スポンサーリンク



電気毛布の使い方は?

電気毛布は、寝袋の下に敷くと寝る時とても暖かいです。低温やけどに注意しましょう。電気毛布は、ホットカーペットと比べて安価でかさばりません。

我が家は今まで1枚のみ持っていて、ダンナさんの安い寝袋の上にかけて使っていました。私はこどもたちが暖かいのでなし。そして、寝袋下にはホットカーペットでした。

ただ、これだとホットカーペットを寝る場所に移動させるのが面倒で。テーブルなどどかさないといけませんし。そこで今年は、先ほどの電気毛布をもう1枚追加購入しました。ホットカーペットはなしでも大丈夫かなと思ってます←まだ試してないのでなんともいえませんが。

セラミックヒーターは?

我が家では使っていませんが、セラミックヒーターや布団乾燥機を持ち込むキャンパーさんもいます。大型のセラミックヒーターだと、W数を超えちゃうので、こういう小さいヒーターが多いようです。

スポンサーリンク



電源サイトの注意点

気を付ける点としては、W数を超えないようにすること。キャンプ場にもよりますが、ひとつのサイトでW数をオーバーすると、他の隣接したサイトも電気が落ちてしまったり、故障につながることになります。

W数が大きいドライヤーや、ホットプレートなどは要注意です。事前にキャンプ場に使用できる容量を聞いておくこと、さらにこんな電気製品を使いたいんですが、大丈夫ですか?と予約時に問い合わせておくと安心です。

あと、延長コードは必須です。コンセントはたいていサイトの端にありますから、テント内に電源をのばさなくてはいけないからです。10mくらいのもので大丈夫です。我が家ではこちらをずっと使っています。

これ、よく読んだら屋内用ですね。。。端子部分が雨などで濡れないよう、必ずテント内に入れておきましょう。常時外に使置いているものではなく、キャンプの日だけ使うものだから大丈夫かなと思っています。冬キャンプは、雨だとたぶん行きませんしね。
スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回は電源サイトのお話でした。電源サイトなら、春秋に使っていた装備でも暖かくキャンプできますよ。もちろん真冬はストーブが必須になりますが。楽しいキャンプライフを!

関連記事:エントリーモデルの安いテントで、冬キャンプしてみた。

エントリーモデルの価格が安いテントでも冬キャンプはできるのか?我が家の冬キャンプ装備をご紹介
出典:flickr/hikingqueen ↑こんな雪中でやったことも、やる予定も皆無です。ええ。 こん...

関連記事:この冬、電源サイトが予約で埋まってきてる!?

11月12月の土日、キャンプ場予約した?電源サイトが埋まってきてます!
こんにちは。2児の母で、毎週出撃しているキャンパー、サリー(@chottocamp)です。 皆さんもう11月、12月の...

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする