スポンサーリンク

戸隠キャンプ場レポ前編★今まで行ったキャンプ場でNo1じゃないか、ここ…!


こんにちは。2児の母キャンパー、サリー()です。

4泊5日のキャンプ旅、2日目は群馬から移動し、長野県戸隠を目指しました。この戸隠キャンプ場、景色よし、自然たっぷり、トイレきれい、川遊びできるし牧場あるわで、最高!今まで50~60近いキャンプ場を訪れましたが、ナンバーワンでは。。。では詳しいレポどうぞ。

4泊旅、1日目からご覧になりたい方はこちらからご覧ください↓

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場に行ってきた!キャベツ畑にバラギ湖、景観も最高
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 ついに夏休み!4泊5日のキャンプ旅に行って...

戸隠キャンプ場の基礎情報

2018年7月現在の情報です。変更等あるかもしれませんので、詳細は公式サイトをご確認ください。

電話番号:026-254-3581

住所:長野県長野市戸隠3694

アクセス:上信越道 信濃町ICより25分

総サイト数:408区画

開設期間:4月下旬~10月下旬

標高:1200m

チェックイン/アウト:フリーサイト8時半/10時、区画サイト11時/10時

料金:シーズン、テントの大きさ、区画サイトかフリーサイトかなどで異なる

立ち寄り湯:神告温泉(車で10分)、アゼリィア飯綱(車で20分)

トイレ:洋式ウォシュレットあり

風呂:シャワールーム(8分300円)

水道:水のみ

スーパー:近隣にないため、長野市街で購入するのがおすすめ

スポンサーリンク



いざ、長野入り

群馬県嬬恋から、目指すは長野県の戸隠。休憩もかねて、子供が楽しめそうな公園を長野市中心部で見つけました。オアシスおぶせです。

高速道路のPAからも入れるハイウェイオアシス。もちろん一般道からも立ち寄れます。道の駅でレストランや売店もあり、隣には小布施総合公園という大きな公園もあります。

とにかく敷地が広くてよくわからないので、地図で確認。うわっ、デイキャンプ場もある。でもここ、この日の気温35度でめっちゃ暑かったです。デイキャンは春秋がおすすめかと。

すごく立派なきれいな公園。

ロープでできた巨大な遊具。これはあんまり他の公園で見かけたことないわ~。こどももおおはしゃぎ。ちょうど木陰になるのでよかったです。なにしろ35度ですから。。。少し遊ばせたところで、道の駅のレストランへ移動し、昼食。

野菜がごろごろ入ったスープカレー。税込み700円てお得。しかも平日限定で、サラダバーもあって2回もお代わりしちゃいました。

長野市街で買い出し

長野市には義実家があり、何度も来ています。しかも、戸隠はダンナさんのおばあちゃんが近くに暮らしていたこともあり、何度も訪れています。まさかその時はキャンプに来ることになるとは想像もしてなかったけどw

戸隠周辺にはスーパーがないので、長野市街で買い出し。長野ではおなじみのスーパー、TSURUYAへ。

値段も安くて、TSURUYAオリジナル商品も多く、長野で人気らしいです。夕食は、昨日の食材のあまりの肉があるので、またBBQにすることに。サンマとニジマスを購入。ニジマス2匹で300円とお得。

戸隠キャンプ場に到着

ぶーんと1時間ほど車を走らせ、戸隠へ。まずはウェルカムセンターで受付です。

中にはコールマンのテントが張ってありました。

キャンプ料金はシーズンにより異なります。あと、区画サイトか、フリーサイトかでも変わるし、タープを張るのか張らないのかでも微妙に変わります。我が家は大人2名、小学生1名、幼児1名で、フリーサイトで5,000円でした。2泊の予定でしたが、なにかあった時に返金ができないからということで、1泊分だけ支払うことに。翌日また1泊分支払いました。
スポンサーリンク



戸隠キャンプ場のフリーサイト

さて、場内はというと。。。すごい開放感!!

広いし、木も多いから木陰もできます。

ここはすべてフリーサイト。車はテントに横づけにできます。

どこに張ろうか悩む~。で、決めたのがこちら。炊事場トイレにもわりと近く、木が多いので日陰ができるのが気に入りました。ちょっと電線が気になるけど、これくらいは仕方ない。

戸隠キャンプ場の区画サイト

ついでに区画サイトのご紹介も。この日は高校生の団体がいたので、小さなテントがたくさん張ってあって、これはこれですごいw

区画サイトの方が、山がきれいに見えます。ただ、もちろん混む時期はすぐお隣にキャンパーさんがいるわけで、そう思うとフリーサイトの方が距離感があっていいかも。あと、木陰が圧倒的に少ないですね。

ただこの開けた眺望はすてき。

テント設営

標高が1200mもあるので、日中でも日陰は涼しいです。さくさくと設営が進みます。

どどん。

高原らしい、スコーンと抜けるような青空がいい。

思わず何枚もパチパチ撮影。

設営後は、施設をうろうろ。

戸隠キャンプ場のトイレ、シャワールームなど

トイレ

外観は古い感じかなぁ?と思ったら。

ウォシュレット、音姫付きのすごくきれいなトイレでした。便器もなんだか新しい。入口のドアもぴったり閉まるので、虫もほとんどいませんでした。

炊事場

炊事場は場内に数か所あります。ステンレスのきれいな流しです。

シャワールーム

今回2日間お世話になったシャワールーム。2棟あり、うちのテントから近いところには1棟に8つも個室があります。

清潔感があって、脱衣所も広く、かごもあって使いやすいです。個室ごとに鍵がかかるので安心。

8分300円。シャワーを止めている間は時間が減りません。子供と大人ではいって、ふたりで体と髪を洗っても、8分もかからず300円で余裕があるくらい。

普段は近くの入浴施設に行くことが多いですが、子連れで移動するとなると大変だし、時間もかかったりで。きれいなシャワールームだと、気持ちもいいしさっと短時間で済ませられて便利。

コインランドリー&自動販売機

今回、連泊キャンプなので初めてキャンプ場で洗濯をしました。たしか、200円か300円です。乾燥機は別料金。夏で乾きそうなので、乾燥機は使わずにサイトに干しました。

売店

こちらは売店。食べ物、飲み物、キャンプグッズ、こどもの遊びグッズなど意外といい品ぞろえ。

ビールも充実。

トランポリンをしよう

施設を大体見回った後で、こどもたちがトランポリンをしたいと。売店で申し込むと、人気なようで1時間後なら予約が取れるとのこと。料金は30分500円です。

本格的なトランポリン、楽しいよね~。最近、いろんなキャンプ場で増えてきた気がする!

サイトに戻ったら、洗濯を干して。一気に生活感w

ハンガー類多めに持ってきてよかったです。洗濯ひもは、タープのポールと、パイルドライバーに結びつけました。
スポンサーリンク



夕食

洗濯も干したし、シャワーですっきりしたから、かんぱ~い!

TSURUYAオリジナルの、わさび野沢菜がすごーくおいしかった。

つまみに、カツオの刺身も出しましょうかね。

バーベキューで、サンマとニジマスを焼くのもまたうまし。

レタスに豚バラ肉とキムチとか、最高か。

夕焼けがすごい

空をぼーっと見ていると、自分がすごくちっぽけに思えてくる。空が高い。

うわーすごいピンク。

なんかもう、自然の色ってきれいすぎる。ちょうど台風が来ていることもあって、各地でも夕焼けがきれいだったとか。

夜は冷え込みます

日が落ちるとぐっと冷え込みます。

15度!日中公園で遊んでいる時35度だったのに、20度の差はすごい。。。厚手の長袖パーカーでもちょっと寒いくらい。

焚き火が心地よい夜。

ダンナさんとビールを飲みながら、「このキャンプ場、歴代一位じゃね?」と。この2年間で50~60くらいのキャンプ場に行ったけど、ほんとにこの戸隠はいろんな意味で最高。

  • 自然いっぱいの開放感のあるサイト
  • 車乗り入れができるフリーサイト
  • トイレやシャワールームが清潔
  • 牧場が併設で川遊びもできる
  • 標高が高くて、夏でも涼しい

人気の軽井沢スウィートグラスや、茨城の大子グリンヴィラ、ふもとっぱらなども行ったけど、自然の雄大さをここまで感じられて、でも施設はちゃんときれいというこのバランス感はやっぱりすごい。首都圏からは4時間近くかかるけど、ぜひ訪れてほしいキャンプ場です。

そんなこんなで、1日目終了。2日目はちびっこ忍者村、キャンプ場内の牧場散策、川遊びとこれまた盛りだくさんの内容です。続く!

続きはこちらからどうぞ↓

戸隠キャンプ場レポ後編★牧場、川遊び、おいしい蕎麦。戸隠最高~!
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 長野市戸隠にある、戸隠キャンプ場のレポ後編...

おすすめ記事:包丁の持ち運び、どうしてる?

キャンプで包丁の持ち運びどうしてる?我が家の安い方法と、ほしいもの。
こんにちは、サリーです。 毎回、キャンプに行く時に、包丁をどう持ち運んだらいいのか悩んでいました。子供もいるから危ない...

おすすめ記事:我が家のテント「ヴォールト」レビュー

「ヴォールト」スノーピークの新テント購入レビュー。エントリーパックTTは初心者キャンパーに最適!
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 先日、スノーピークの2018年4月に発売さ...

おすすめ記事:ランタンのベストな配置って?

ランタンのベストな配置は?ランタンの置き方レイアウトを工夫してキャンプサイトを明るく!
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 キャンプに必須なギア、ランタン。なんとなくいつ...

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする