スポンサーリンク

【前編】キャンピカ富士ぐりんぱキャンプ場。霧がものすごいけど、ピザを作ろう!


こんにちは。2児の母キャンパー、サリー()です。

6月第2週に、静岡県裾野市にある「キャンピカ富士ぐりんぱ」に行ってきました。とにかく激しい霧に、夜中はテントが雨漏りするほどの大雨&雷!でもダッチオーブンでピザを作ったりと楽しいキャンプでした。では、キャンプレポどうぞ。

キャンピカ富士ぐりんぱの基本情報

キャンプレポの前に、基本情報をどうぞ。

電話番号:0555-30-4580

住所:静岡県裾野市須山2427

アクセス:東名高速 御殿場ICか裾野ICより30分

総サイト数:69(電源サイト14区画)

開設期間:通年(冬季はテントサイトクローズ)

標高:1280m

チェックイン/アウト:13時/12時

料金:日程により異なる。平日やオフシーズン安く、逆に土祝前日は料金アップ。

立ち寄り湯:場内に無料大浴場あり。車で20分のところにヘルシーパーク裾野。

スーパー:キャンプ場周辺にはまったくありません。裾野ICの方が近いですが、こちらもほとんどスーパーがありません。御殿場IC付近にはオギノ、マックスバリュなどあります。

PICAグループには、ハッピーフライデーと言われる割引があり、金曜からテント2連泊の場合、金曜日分が無料になります。また、金曜日に到着しなくても予約さえ取っておけば、土曜日の午前中から無料でアーリーチェックインが可能です。金曜日は21時までチェックインが可能で、土曜日は朝7時からチェックインできます。詳しくは公式サイトで。

スポンサーリンク



次男の誕生日だから、遊園地キャンプ!!

キャンピカ富士ぐりんぱは、高規格キャンプ場といわれています。お湯が出る、トイレがきれいなど施設が整っているキャンプ場のことです。PICAグループのひとつで、他にもPICA富士吉田、PICA西湖などがあります。

今回、キャンピカ富士ぐりんぱに決めた理由は、なんといっても

キャンプ場のすぐ隣に、遊園地がある!

ということ。

4歳のお誕生日を控えた次男。いつもキャンプに付き合ってくれるので、今回は次男接待キャンプ!そこで、2日目は遊園地ぐりんぱで思いっきり遊ぶ計画にしました。

キャンピカ富士ぐりんぱ、テントサイトどれがいい?

キャンピカ富士ぐりんぱには、テントサイトが5か所あります。ちゃんと見てから決めたいと思ったので、あえて予約は取らずにいきました。金曜日なので空いてたからできる技です。人気のキャンプ場なので、土曜日や夏休みは事前予約必須です。

出典:キャンピカ富士ぐりんぱ

中央のゲストハウスを中心に、グリーンエリア、パークエリアと大きく2つに分かれています。

グリーンエリアは、主に区画サイトです。

出典:キャンピカ富士ぐりんぱ

↓電源付き Aサイト。トイレ、炊事場も近いです。

↓電源なし Aサイト。写真を撮り忘れたので公式サイトより写真転載。個人的には、駐車場のようなレイアウトで、もう少し自然があるといいなという感じ。炊事場、トイレ、お風呂に近いです。

出典:キャンピカ富士ぐりんぱ

↓電源付き Bサイト。木が多く、プライベート感があるサイトです。

↓電源なし Cサイト。遊園地に一番近いサイト。

ちなみに、セットアップテント(すでに設営済みのテントサイト)は、コールマンのウェザーマスター(コールマンの上位ブランド)ですよ~。ちょっといいな。泊まってみたい。

と、ここまでは区画サイト。これは本当にお好みになるのですが、しっかりと整っていて、清潔感のあるサイトがいいなら、どの区画サイトでもいいと思います。どのサイトも比較的トイレ炊事場も近く便利です。

ただ、我が家は夫婦ともに、自然があふれるようなサイトが好き。多少不便であっても、あまりまわりに人がいないようなサイトがすきなのです。そこで、もうひとつのエリア、グリーンエリアへ。

出典:キャンピカ富士ぐりんぱ

こちらは主に、トレーラーコテージとフリーのテントサイトがあるエリアです。

おお、こちらの方が個人的にとてもすきな雰囲気!!フリーサイトなので、駐車場からサイトまでカートで荷物を運搬しなければいけませんが、こっちの方がいい!もちろん、区画サイトよりもお安くなっています。

↑ここは地図左側のフリーサイト。奥の芝生あたりの雰囲気がいいですが、かなりの傾斜。ちょっときびしい。手前のこの木の生えているあたりは、近くに車を停められるのでいいかもしれません。

この駐車場のすぐ横にテントを設置しているご夫婦がいました。ほぼオートサイトw。賢いですね。区画サイトよりも人がいませんので、うまく場所をとれれば安いし、雰囲気もいいしいいかも。

我が家はメイン駐車場の近くにある、フリーサイトに決定しました。(サイト写真は詳しくは後編で紹介します。)

というわけで、フリーサイトである、「テントサイト 電源なし(グリーン)」というサイトに決定し、受付で料金を支払いました。(サイトを見てから決めたい、ということで見学する許可は事前にもらいました)。


スポンサーリンク



受付でチェックイン

金曜日ということで、家族全員で2,500円。しかも無料でお風呂にまで入れてこの価格。安いッ!

売店にはガスや薪といった必需品から、オリジナルアイテムまで幅広いラインナップ。

ただ、ジュースはアップルしかないぞ!

薪は750円です。た、高い。。。さすが高規格。

テント設営

出典:キャンピカ富士ぐりんぱ

先ほどと同じ地図、赤文字の「設営地」と書かれた場所に設営しました。駐車場からは2分くらいの距離ですが、急坂がくせものです。

見た目以上に急坂で、カートにいっぱいに荷物を積んでいるとごろごろごろ~!と転がっていってしまって制止するのが大変だし、逆に荷物の搬出時はひっぱるのが大変でした。ちょっと(いやかなり)フリーサイトにしたことを後悔。荷物が多いので8往復しました。ぐふっ。

ちなみに、カートはコールマンのアウトドアワゴンを無料で貸し出してくれます。助かる。左に見えるのは炊事場です。

この時、すでにものすごい霧と小雨が降っていました。設営はダンナにまかせて、子供は車の中で待機。私はひたすら荷物搬入。

はい、テント設営完了!もうね、真っ白でなにがなんだかわかりませんw。

ここは元ゴルフ場だったとのことで、ちょうどグリーンにテントを設営。平坦で広くてちょうどいいです。

近くにこどもの声がするから、どうやら奥にファミリーがいるらしいけど、テントの姿見えず。こんなに広い場所に2組だけってうれしい。そしてこんな霧キャンは初めてです!非日常にわくわく~。

ちなみにここから一番近いトイレは、急坂をのぼったところにあります。見た目はトレーラーハウス?って感じですが。。。

中はとってもきれい。土足禁止。

便器、きれいすぎでしょ。

やっぱりトイレがきれいなキャンプ場はいいなぁ。

炊事場も急坂をのぼったところにあります。

見た目普通ですが、お湯が出ます!ビバ高規格。でもね、ここではなく、下段のパークエリアの炊事場は室内でもっときれいでした。これ↓まぁこれでも十分です。


スポンサーリンク



ピザを作ろう!

お誕生日キャンプなので、夕食もちょっと凝ったものを作りたいなぁと。せっかくニトリのダッチオーブンを購入したので、ダッチでピザに挑戦しました。

関連記事:

ニトリで1,490円のダッチオーブンを購入!ニトダッチのシーズニング、使用感レポ
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 キャンプで一度はダッチオーブン...

粉はこちらを使用。

粉にオリーブオイル、水を混ぜればいいだけ。楽。

そして、炭火でダッチオーブンするには必要なこの頑丈な焼き網。ヘビーロストルもついに購入。

ピザ生地作って、ピザソースに具材乗せて、焼きましょう。イオンのトップバリュ、つるしベーコンがピザに合いました。

いや~すごい。ピザって自分でできるんですね。すごくおいしかった!!

もう一つ違う味がほしいなぁということで、てりやきチキンも作ります。レシピは楽天レシピを参考にしました。てりやき味の方がおいしかった~。

てりやきのたれは、しょうゆ、みりん、砂糖など普段のキャンプグッズに入れていない調味料だったので、水筒にいれて持参しました。現地で計量しなくていいので楽です。

ついでに、スキレットで手羽中やポテトも揚げました。

ただ、片方でピザ、てりやきチキンの具作り、揚げ物。。。と手を広げすぎたせいで、常に調理しているという状況に。やっぱりメイン料理にパワーを注いで、あとは適当に切るだけ、盛り付けるだけ、みたいなお手軽メニューにすべきでした。おいしかったけどね!!

そして、雷雨の夜に突入

霧だけでなく、どんどん風も雨も強くなってきました。この後、雷とテントが雨漏りするほどの雷雨に見舞われます。

続く!
おすすめ記事:包丁の持ち運び、どうしてる?

http://chottocamp.com/2017/06/13/knife/
おすすめ記事:キャンプなのに、テントを忘れました

【痛恨のミス】キャンプでテントを持っていくのを忘れました。
こんにちは、サリーです。 寒いですね~。ぶるぶる。もうヒートテック着ないとムリ。 ダウンベストも...

おすすめ記事:我が家のワンポールテント

http://chottocamp.com/2017/09/26/csclassic/
↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする