スポンサーリンク

Amazonで5,000円で買ったワンタッチテント。使い心地をレビューしてみる。

こんにちは。2児の母キャンパー、サリー()です。

デイキャンプやお客さん用に、設営が簡単なワンタッチテントがあるといいなぁと思ってAmazonで購入してから3回くらい使用してきました。このお値段にしてはなかなかいい使い心地でしたので、レビューします。

私がワンタッチテントを購入した理由

ワンタッチテント、ものの数分でぱっと設営ができてしまうすぐれもの。その存在は知っていたけど、大きいテントを2つも持ってるから、あえてワンタッチテントはいらないよね~と思っていました。でも、こんなシーンが何度かあり、ほしくなってしまいました。

デイキャンプ用

デイキャンプでテントがあると、荷物置き場&子供達の遊び場になって便利です。でもそのために、わざわざ大型のテントを設営するのってめんどくさい。。。ワンタッチテントなら、さくさく設営撤収できる!

雨キャンプ用

キャンプに行きたいけど雨が降っていて設営撤収が大型テントでは大変。すぐに片付けられる小さいテントがあれば、設営も楽だし、帰宅してからベランダで干すのも楽。

家キャンプ用

リビングにテントを張れば、ちょっとキャンプ気分を味わうなんてことも。

お客様用

私の父がキャンプに来た時や、まだテントを持っていない家族とグルキャンする時にも手軽でいいです。

公園で遊ぶ用

大型公園で遊ぶときにも、荷物置き場やお昼食べるスペースとしていいかも?よくあるポップアップテントよりも、フレームがしっかりしていて飛ばされにくいです。

災害用

万が一の災害用に。避難所の体育館などで、こういう自立する小さいテントがあるとプライベートスペースを確保できます。

こんな感じで使うシーンをまとめたうえで、ダンナさんにプレゼンするも「別に要らないんじゃない?」と一蹴。ぐぬぬ。。。それでもあきらめきれず、ネットでワンタッチテントを検索してみると意外と安いことが発覚。ちなみに、調べた記事がこちら↓

「家キャンプ」をしてみたい!リビングにも置けて、キャンプにも使えるコスパのいいテントを紹介。
こんにちは、サリーです。 ネタにしようと思いつつ、ずるずる後に追いやられてた「家キャンプ」。ビーパル2月号の特集です。...

ダンナさんに「5,000円くらいだし、まぁひとつくらいあってもよくない??」としつこく詰め寄ると、「もういいよ、買いなよ。。。」と。よし、じゃあこのANIONのワンタッチテントをポチる!!
スポンサーリンク



ANIONのワンタッチテント

というわけで、購入したのがこのANIONという見知らぬメーカーのテントでございます。

私が購入した時は5,000円を切った価格でしたが、今はほんの少し上がっています。変動するのよね、アマゾン価格は。レビューは現時点で100件あり、★4.5なので高評価といえるかと。

広さ

サイズは、展開すると長さ200×幅200×高さ135cm。大人1~2人くらいがベストですが、なんとか幼児2人を追加して家族4人でも寝られないことはないです。ただ、そうすると荷物はまったく置けないので、車に置く必要あり。

友人ママさんと1歳の娘ちゃんが入っている写真。小さめですが、入ってみると案外広く感じるものです。

重さ

約3キロという軽さ。女性でも楽に持てます。

設営

設営は簡単です。折り畳み傘と同じ要領で、折れ曲がったフレームを伸ばして、天井中央の黒い部分をぎゅっと下に押し込むとぱっと開きます。撤収はこの逆の手順で。

あ、このテントにはグランドシートが付いてこないので、別で購入しましょう。この写真の時はこのサイズのシートがなくて、雨も降る予定がなかったので大きいグランドシートを流用しました。

ユタカシートの、1.8×1.8が306円(2018年5月現在)と激安なのでこれで十分かと思います。

インナーシートなども付属しませんので、別途用意しましょう。銀マットをまず敷いて。。。

さらにラグなど敷くと居心地がよくなります♪

スポンサーリンク



付属品

付属品は保存袋、ロープ、ペグ、なぜか懐中電灯がついてきます。

まぁ見て頂けるとおわかりかと思いますが、このペグ、細いです(写真中央)。ポッキーより細んじゃないでしょうか。このメーカーに限らず、一般的にテントに付属してくるペグは使い物にならないので別で用意した方が無難です。私は一番左の、余っていた適当な少し太いペグを使っています。

エリッゼステークなどのペグは、残念ながら穴が小さすぎて入りません。

もしエリッゼステークなど、太いペグを使う時は、この穴にガイロープなどで輪っかを作って、そこにペグダウンするといいかもしれません。

ロープといえば、先ほどの写真右端のものが付属で付いてきますが、これも細くて頼りないです。これも別途用意した方がいいかな。。。我が家ではロープを使うような風の強い時は、このテントは使わないと決めているので、特に不便はありません。

ワンタッチテントを使ってみた

ものの数分で設営できちゃうので、ほんと~に楽!!

入口は2か所、いちおうメッシュにもなります。

左はコールマンのツールームテント。サイズ感の違いはこんな感じ。この時は、キャンプデビューの私の父用に提供しました。こんなふうに、普段キャンプをしないお客さんを呼ぶときにちょうどいい!収納場所もとらないし。

こちらは、デイキャンプで使用しました。

荷物置き場として、さっと設営できるのが本当に楽。この日は途中から雨が降ってきたんだけど、ささっと撤収できました。女性ひとりでも楽々です。

気になる点

まだわからないですが、折りたたむ構造のため、普通のテントよりちょっと複雑なつくりになっています。そのため、壊れやすい可能性があります。3回目の使用でまだ壊れてはいませんが、どのくらい実用に耐えてくれるかが不安ではあります。

あとは、普通のテントはフライシートとインナーシートで二重構造になっているんだけど、これは1枚の生地だけで構成されています。雨や結露にどれだけ耐えられるかな。。。雨の日は、タープ下に設置した方が安心かもしれません。

出典:アマゾン

追記:フォロワーさんから、「300円高い2代目には、トップカバー付きですよ」との情報が。ほんとだ、カバー付いてる!ということは、今までの私が持ってる1代目は、天井から雨漏りする可能性があるってことですかね。。。複雑。

とはいえ、5,000円ですしね。この値段なら使い倒して壊れてもまぁいっか!と思っています(^^)

まとめ

というわけで、ANIONのワンタッチテントをレビューしました。ひとつあるととても便利ですよ。デイキャンプや災害用にも安心だし。5,000円なら、ひとつ持っておくのもアリだと思います!

関連記事:我が家のテント、ツールームテント

コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウスのレビュー。評判通り、ほんとに使いやすいっ
こんにちは、サリーです。 初めてのテント選び。。。迷いますよね?我が家もかなり悩みました。買うまではレンタルでキャンプ...

関連記事:我が家のワンポールテント

キャプテンスタッグ CSクラシック ワンポールテント オクタゴン460UV のレビュー、評判
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 キャプテンスタッグのワンポールテン...

関連記事:なぜキャンパーはいくつもテントを持ってるの?

なぜキャンパーはいくつもテントを持っているのか謎が解けた。
出典:flickr  DanLoaTmba こんにちは、お久しぶりのサリーです。 本業が忙しかったり、家事でワタ...

おすすめ記事:チェックアウトが遅いキャンプ場9選!

チェックアウトが遅いからのんびり過ごせるキャンプ場9選【関東】
こんにちは。2児の母キャンパー、サリー(@chottocamp)です。 午前中のチェックアウトだと、朝...

↓ランキング登録してます。応援のクリックお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする