スポンサーリンク

風が強くて、コンロの火が消えてしまう!安い風除板(防風板)を使ってみました。

こんにちは、サリーです。

キャンプでコンロを使っていると、風の強い日には火が流れてしまい、まったくお水が沸騰しないことがあります。そんな時、アマゾンで安いアルミの風除板を見つけたので購入してみました。これが意外に使える!商品レビューです。

風が強いとき、どうしてる?

我が家は、外で食事ができる暖かい季節にはツーバーナーを使用しています。こちらです。

これにはもともと風除けが付いていますので、風が強くても問題ありません。ただ、寒い季節はストーブ、ホットカーペットなど荷物が増えるので、ツーバーナーではなくカセットコンロを持って行ってます。

この安いカセットコンロ、もうずーっと使ってます。ほんと手軽。便利。でも、これだと風の強い日はめっちゃ火が不安定になります。ほぼ消えてる状態。ガスだけ消費して、なかなか沸騰しません。そんな時は、適当な段ボールをちぎって風よけにしていましたが、見栄えも悪いし、使いにくいしで困っていました。

アマゾンのタイムセールで風除板を発見

そんな時、たまたまアマゾンのタイムセールに遭遇。アウトドアグッズでなんかいいものないかな~と徘徊していると、「お、これいいじゃん♪」と見つけたのがこちらです。

Diswoeというまったく知らないメーカーの風除板。もともと高いものではありませんが、タイムセールだったので、通常より200円ほど安く購入できました。購入前にレビューも見たけど、74件レビューがありどれも高評価。どれ、ものは試しで買ってみよう!ブログネタにもなるしね。(←こうしてキャンプグッズが増えていく)
スポンサーリンク



Diswoe 風除板が届いた!

注文した翌日には到着。ビバ、アマゾンプライム。想像していたよりも、かなりコンパクトでびっくり。縦は24cm、横は8.6cmです。

厚みは1cm。素材はアルミで重さは250g。軽いです。でも、広げると大きい!

じゃじゃん!84cmまで広げられます。

アマゾンレビューによると、新品なのに油まみれで届いたとか、汚れていたとの書き込みもありましたが、私が購入したものは大丈夫でした。
スポンサーリンク



実際に使ってみる

この日はふもとっぱらキャンプ場にお泊りしました。広い草原なので、風が吹きやすいんですよね。この日も強風で、なかなかお湯が沸かず。。。

風除板がないと、火が点いているのが見えないくらい。ボーボーボーッ!ってものすごい音だけしてる状態。うう、ガスがもったいない。よし、風除板の出番だ!

ちゃんと火が点いているのがわかりますでしょうか。あのボーボーって音もなくなり、安定して火が点いています。あっという間にお湯も沸きました。おお。。。こんなに違うとは!買ってよかった!

ちなみに上から見るとこんな感じ。2面を囲える感じですね。そのままだとバタッと倒れてしまったので、チェアを側面に置いて倒れないようにしました。端に金具があり、そこをペグで地面に固定することもできるそうです。

キャンプで使うのはもちろんのこと、自宅で揚げ物する時にもいいとか。よくキッチンのコンロまわりにぺにょぺにょのアルミシートあるけど、こちらの方が見栄えはいいかもですね。

まとめ

というわけで、アマゾンのタイムセールで衝動買いした、風除板をご紹介しました。なんとなく買った商品ですが、これ、必需品ですよ。絶対あった方がいいです。安いですし、キャンプボックスに忍ばせておくことをおすすめします!

関連記事:

キャンプ初心者にツーバーナーは必要?カセットコンロで充分?
こんにちは、サリーです。 キャンプの入門書を読むと、 ツーバーナー(2口コンロ)がさも必要かのように掲載されてま...

おすすめ記事:サリー家の装備一覧、キャンプ持ち物リスト

http://chottocamp.com/2018/03/27/mochimonolist/
↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする