スポンサーリンク

キャンプ用の枕、購入レビュー。コールマン コンパクトインフレーターピローⅡ

こんにちは、サリーです。

暑いです。保育園の送迎だけでぐったりです。

涼しい中でブログ書くのが最高の幸せです。

さて、今回はキャンプ用のまくらを買ったお話。

スポンサーリンク

キャンプで枕って。。。いる!?

正直私はそんなに必要ありません。

なにせ、自宅でも枕なしで寝られるタイプなんです。ただ最近は確かに枕があると楽だな~と感じることも増えてきたので、キャンプの時は予備の衣類を布の袋に入れて枕にしています。一応夏でも長袖パーカーを念のため持参するので枕にはもってこいなのです。

一方ダンナさん。。。ちゃんとした枕でないとイヤだそうで。いつも「俺だけ枕持参しようかな。。。」なんて発言。そんなん適当に頭に敷いておけばいいじゃん!いつも一番最初に寝るくせに!で、まぁこれ以上荷物増えてもなんですし、それで落ち着いてたんです。

WILD-1でコールマンの枕と出会う

そして後日でかけたアウトドアショップWILD-1で、展示されてるテントの中に見つけちゃったんです、コールマンの枕!ほほう、こういう空気で膨らんだり縮んだりするタイプの枕があるのねぇ。

夫「ほしい、買って!」

値段は定価で2138円。アマゾンだとさらに安くて1718円。そこまで高いというほどではないですし、前々からほしいと熱望してたので、購入しました。

スポンサーリンク



コールマン コンパクトインフレーターピローⅡ

さぁ、こちらです。

コンパクトに収納袋に入っています。実際はもう少し渋い抹茶色に近い色です。

ラベルには「頭の形にフィットする、セルフインフレータブル式ピロー」と書かれています。自分で勝手に膨らむよ、っていうことらしいです。

枕を広げてみるとこんな感じ。この状態ではしわしわです。

サイズは48×31センチ。小ぶりですが、あまり大きくても困るので充分なサイズかと。

このバルブを逆時計まわりに回すと、空気が自動的に入ってきます。しゅわしゅわしゅわ~とゆっくり膨らみます。ある程度膨らんだら、お好みで口から空気を吹き込みます。簡単にパンパン状態になります。こどもの浮き輪膨らませるのに比べたらものすごく楽。

できあがり!パンパンに膨らませた状態です。空気の量でお好みの高さに調節できます。

実際に寝てみた

ではさっそくゴロン。おお~、枕のくぼみにしっかり頭がフィットして気持ちいい!ちなみに中身は空気だけでなく、何か中綿のような物も入っています。

これは、、、思いのほかいいかも。あれだけ「キャンプ用の枕なんていらないよ!」とダンナさんに言っていただけに自分用にもう一つ購入するのは居心地悪いけど、でもそのうち買ってしまう予感。

アマゾンでも117件レビューあって★4つというのも納得。ただ、人によっては使っている内にエアー漏れするみたいだから、それは個体によるのかな。。。

あとはポリエステルで汗を吸収するような生地ではないので、別途綿の枕カバーがあるといいかなと。その方が気軽に洗濯できてよさそうです。

まとめ

コールマンの枕。キャンプには特別な枕なんて不要論の私でしたが、思わず自分用にも買ってしまいそうなほどなかなかいい商品でした。あとは耐久性がどれくらいあるかですね~

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする