スポンサーリンク

芦ノ湖キャンプ村でデイキャンプ その2 芦ノ湖観光と高級オートサイトを見学

こんにちは、サリーです。

前回の箱根、芦ノ湖キャンプ村のキャンプレポその2です。

その1はこちら。

箱根 芦ノ湖キャンプ村でデイキャンプ♪お安いテントサイトはどんな感じ?
こんにちは、サリーです。 箱根の芦ノ湖キャンプ村にデイキャンプに行ってきたレポです。 ここね~、前から気になって...

では続き行ってみましょ。

芦ノ湖を観光

ここ、芦ノ湖キャンプ村で、一番きれいに芦ノ湖が見えるのは、

バーベキュー場 > テントサイト > オートサイト

なのです。うーん、バーベキュー場の範囲を狭くして、ぜひ湖近くにテントサイトを拡大してほしいっ!(たしかどなたかのキャンプレポでも同じこと書いてらした方がいた)

そのバーベキュー場。

ほら、きれいでしょう?

これ、景色いいけど真夏は無理な予感。。。直射日光が暑そう。ちなみに屋内のバーベキュー場もあるけど、そちらは炭ではなくガス。さらに湖からは少し遠くなります。

テントサイトから少し歩くと、こんな景色。

すごくきれいです。ちょっと手を浸けてみたけど、ぬるめでした。最近川の水ばかり触ってるからなぁ。

ここから観光船の海賊船が見えました。歩いて10分ほどの所に桃源台駅があるとのことなので、お散歩。

コテージ群の中の小道を進んで行きます。たくさんの木々が日陰を作ってくれて、歩くだけでなんだか楽しい。

なんかちょっとした別荘みたいな大きいコテージが多い。。。いいわぁ~

そして桃源台駅に着くと。。。ちょうど海賊船が見えた!

なつかしい。小5の時に林間学校で乗ったなぁ。大人になってからは乗ってません。

桃源台駅には平日にも関わらずなかなかの人の数。外国人がほとんどでした。

別に船に乗るわけでも、ロープウェーに乗るわけでもないけど、なんとなく観光地は楽しい気分になるね。売店でアイス買ってからキャンプ場に戻りました。

いよいよオートサイトへ見学に

さて、夏のお盆時期、トップシーズンで11000円もするというオートサイトを見に行きました。ちなみに冬季は3000円。この価格差。。。

雰囲気はなかなかいいです。木々も多く、自然の雰囲気たっぷり。サイズは普通かな?狭すぎず、広すぎずって感じです。

各サイトに専用の水道とかまどがありました。これはうれしい。

お隣との境界は石ですね。サイトによって微妙にサイズにばらつきがありそう。電源付と電源なしでサイズももしかしたら違うのかもしれません。

正直、夏のトップシーズン料金では一般市民の私には「高いッ!!」と言わざるを得ません。雰囲気は気に入ったんですけどねぇ、いかんせんお値段がかわいくない。冬季の平日なら電源サイトでも4000円なのでこれはいいですね。でも冬季の箱根はいつ雪が降ってもおかしくないから、きびしいかなぁ~

高いと言えば、この近くにあるホテルの日帰り入浴のチラシを見たんですが、これまたセレブな料金。大人1200円、こども800円。家族全員で4000円!?む、無理。。。箱根という観光地ならではなのね、きっと。。。

お風呂はピークシーズン、トップシーズンのみキャンプ村に共同浴場があるみたいなのでそちらがいいかも。こちらは大人350円、こども250円、幼児無料とうれしい料金設定です。
スポンサーリンク



施設情報

最後に炊事場とトイレ情報。

こちらはテントサイト近くの炊事場。きれいに清掃されていました。洗剤、スポンジもあります。

そしてトイレなんですが、私がたまたまテントサイトから離れた、あまり使用されないトイレを使用してしまったせいかもしれませんが、虫がけっこういました。

虫がいても私は気にせず使いましたがw 苦手な方は管理棟トイレがおすすめ。

便器とかはお掃除されていました。

確認してませんが、バーベキュー場とかテントサイトに近いトイレはもっときれいかもしれません。あと前回のレポでも書きましたが、管理棟のトイレはめっちゃきれいです。

まとめ

前から気になっていた芦ノ湖キャンプ村を探検しました。いきなりテントサイトに宿泊しなくてよかったです。あそこでは狭くて我が家のツールームテントでは張れなかった(^^;)

デイキャンプとしてはとてもおすすめの場所です!テーブルとチェアさえ持っていけばタープいらずの木陰♪ちょっとごはんを食べて、芦ノ湖散策、そして次男がドハマリしているかるたなどでゆっくりと自然を堪能できました。

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。フォローうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする