スポンサーリンク

キャンプでウォータージャグは必要?いらない?ハードがいいの、ソフトがいいの?

こんにちは、サリーです。

なんか「?」だらけなタイトルになってしまいましたが、、、

今日はウォータージャグの話です。

ウォータージャグがほしい

キャンプを始めたばかりの頃、とりあえずテーブルやチェアを揃えて、テントもようやく買い、小物もちょこちょこ揃えた我が家。

ただ、ウォータージャグはずっと後回しになっていました。

よくインスタグラムとか、雑誌でおしゃれなキャンプサイトを見てるとこれがどーんと鎮座していてね。。。

出典:アマゾン

igloo(イグルー) のウォータージャグ

これ、、、このビビッドな配色がなんともかわいすぎる!

とりあえず木の棚に置いておけばそれだけでおしゃれな感じがする~

で、当然ポチろうかと思ったわけですが、珍しくダンナさんからOKが出ず。

というのもデカイから。

そりゃ~大きいけどもさ。。。ぶつぶつ。

ただでさえ車内はもうパンパン。

確かにほしいけど、もうちょっとスペースも考えないと。。。と私も冷静になったわけです。

じゃあじゃあ、ちょっと小さなそうなかわいいこいつとか。

出典:アマゾン
コールマン  スチールベルトジャグ

こっちもちょっとレトロ感あってかわいい~。

でもどちらにせよ大きい?

スポンサーリンク




そもそもウォータージャグは必要か?

そこでちょっと冷静になって少し考えてみたんです。

キャンプサイトに本当にウォータージャグはいるのか??

炊事場が近ければ別にいらないんですよね。さっと行っちゃえばいいんだから。

問題はちょっと離れてる場合。。。

でも我が家は平日キャンパー。たいていどこも空いてるのです。

トイレや炊事場近くの場所でも余裕で確保できるのです。

。。。うん、いらないね。

でも、あえて買ってみた

夫婦でジャグはいらないという結論に達したのですが。

ある時、神奈川県の巨大公園、ソレイユの丘に行った時のこと。

ここ、ちょうど次の週からキャンプ場がオープンするってことで、売店でもキャンプグッズが売られていたんです。

おや?このジャグなら、、、ちょっとダサいかもしれないけど試してみるにはいいかも!

で買ったのがこちら。

ええ、まぁ、よくあるジャバラの実用的なおしゃれのかけらもないジャグです。

ソフトタイプってやつです。

使わない時はぺしゃんこにコンパクトになります。

これね、980円くらいだったんです。

ね、試してみたくなるお値段でしょ?

ネットショップでこういうソフトタイプを探してもなかなかヒットしなくて。。。

出てきても送料がかかって2000円くらいになってしまったり。

比較的、購入したものと近い物はこちらかな?

とりあえず、980円ならいいでしょうってことで導入してみました。

で、使ってみたら。。。ウォータージャグ、あると使う。すごく便利。

スポンサーリンク




導入しての感想

どんな時に使うかというと。。。

料理をしていて、食材で手が汚れた時。

私は手荒れがひどいので、トマトとか、果物とか酸味のあるものを触るとすぐに手がかゆくなってしまって。

そんな時、ジャグがあるとさっと手が洗えて便利。

もちろんシチューとか煮込み用のお水としても。

コップをさっと洗いたい時にも。

ジュースが底にうっすら残ってて、うーん、味がまざりたくないけど洗いに行くのも面倒な時に、ささっとゆすげば大丈夫。

こどもがお菓子とか食べて手がベタベタになった時。

こどもに「お茶~!」って言われた時。

えーい、めんどくさい。これでも飲んどけってジャグの水あげちゃうことも。楽。

夜、お酒飲んで軽く酔っ払ってる時に、歯を磨く時。

わざわざ水場にいかずに、その場でぐちゅぐちゅとすすいで、バケツにペッとしてしまえばそれでOK。

あればあったで使ってしまうのがウォータージャグ!

まとめ

おしゃれサイトのために(いえ、実用でも)いきなりハードタイプを購入してもいいですが、まずは安価でコンパクトになるソフトタイプのジャグを購入して使うかどうか試してみるのがいいかと思います。

キャンプグッズって、あの人にはよくても、この人は使わないっていうものもたくさんありますから。

ちなみにソフトタイプでもこういうのは使いづらいかもです↓

斜めに傾けないといけないのは使いづらいです。

コックをひねると、ずっと水がそのまま出るタイプがおすすめ。

蓋が大きく開かないから、スポンジでわっしわっし洗いたくても洗えないしね。

これだと、足も付いてていいかな~

↓ランキング登録しています。応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

twitter始めました。よかったらフォローしてやってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする