スポンサーリンク

キャンプでもおいしいコーヒーが飲みたい!ユニフレームコーヒーバネット、安いミル買ってみた。

こんにちは、サリーです。

ネットでポチポチしたものが続々届いてます。

うれしいけど、どこに収納しましょ(;゚∇゚)

キャンプ用品が増えていく分、日用品を断捨離しないと。。。!

(というか、買い控えをしろって話ですが)

おいしい珈琲が飲みたい!

コーヒー好きですか?

好きです。でもカフェインに弱いので1日1~2杯飲む程度です。

前はコーヒーメーカー使ってたんですが、引っ越しとともに処分して、

今は1つずつ袋に入っているドリップタイプにお湯を注いで飲むのが定番です。お手軽でおいしい。

でも。

やっぱりもっとおいしい珈琲が飲みたい!

キャンプでも!!!

というわけで、どんな方法、道具が必要なのか調べてみました。

コーヒーの淹れ方

大きく4つに分かれるそうです。

  • ドリップ
  • フレンチプレス
  • パーコレーター
  • モカエキスプレス

細かい説明は他のサイトにおまかせするとします(←オイ!)

飲んだことがあるのは、ドリップとフレンチプレス。

フレンチプレスはけっこう油が出るんですよね。それがいい時もあれば、ちょっと強すぎるなぁという時もあって。

パーコレーター。。。

これは一度はキャンプでやってみたいワイルドな淹れ方。

このビジュアルもかわいい!サイトに置きたい~

扱いが簡単で、大人数分を一気に淹れられるそうです。

でも、2人分飲めればいいし、少し香りがとんだり粉っぽかったりもするようです。

モカエキスプレスといえばビアレッティが有名だそう。

これまたかわいらしい。

ただこちらはエスプレッソを作る用みたいです。

自宅でも、そしてアウトドアでも使えて、おいしい淹れ方。

いろいろ好みは分かれそうですが、私はやっぱりドリップ!

というわけで、豆を挽くところからやってみたかったのでアマゾンでコーヒーミルを1200円くらいでポチ!

ほんとはポーレックスのものがほしかったんですが、6000円ちょっととお高め。

まずはどんなものか試してみたいという思いもあり、2017年4月現在1299円の安価なこちらをチョイス。

そして、ドリッパーは畳むとぺったんこになるアウトドア向きなユニフレームのコーヒーバネット。


こちらは側面からお湯を淹れた時のガスがうまく抜けるそうで、おいしくなるそうな。。。

ぺったんこにサイズダウンするだけが目的ではないのね、この形。

実物はこちらです。

まずはコーヒーミルに付いてきた怪しげな日本語の説明書を読みます。

海外製品を直訳したような感じです。

使い方は簡単。

ミルの上部のふたを取って、豆を入れます。

蓋を閉めて、ごりごりと豆を挽きます。

3分くらいで挽き終わったら、ペーパーフィルターの上に挽いた豆を置いて、、、

お湯をトポトポと。

ちなみに、豆と水の分量は1:10の割合。

今回は豆15g、水150mlにしてます。

表面を平らにならし、1湯目は少しにして30秒蒸らし、2湯目以降はのの字を書くように少量ずつ注ぎます。

できあがりー!!

ちょっとコップに対して量が少なすぎましたがいいとして。

豆を挽くとこんなにいい香りが。。。!

ごくり。。。

やっぱり香りがいいです!味もいつものと全然違う。

もしかしたら自分でゴリゴリしたプラシーボ効果が入ってるかもしれないけど、でもおいしい!

まとめ

これは買って大正解だったと思います(^^)

何よりよかったのは、冷めたコーヒーでもおいしかったこと。

そして、淹れ終わったコーヒー豆がいつまでもいい香りがして部屋がいいにおいに包まれたこと。

ゴリゴリ毎回するのは大変かもしれませんが、手間をかけるほどおいしく感じる部分もあると思います。

これならキャンプだけじゃなく、自宅でもゴリゴリしてしまいそう。

ああ、こうしてどんどんグッズが増えていくのですね、、、まさに沼だわw

↓ランキング登録してます。応援クリックくださるとうれしいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする